Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    タグ:iOS4.2.1

    LaineemaElectroConnect


    このところIS03ばっかり弄り倒していたせいでiPadの画面をみるとデカッ!と感じると共に確かに大きさの優位は絶対的なものがあるよなと感じているところです。
    iPadもiOS4となりマルチタスクが使えるようになったおかげでアプリが次から次へとアップデートしています。
    実はいいことばかりではなく使っていると今までヌルヌル動いていたのにカクつくことが多くなりました、特にメールを見ているときは顕著になり画面のスクロールがつまずくときが目立ってきました。
    実はマルチタスク化でメモリのマネジメントがうまくいっていない模様みたいでメモリを解放すれば元通りヌルヌルと動いてくれます。
    どうすればメモリの解放ができるかというとiPadシステムマネージャというアプリを使えばOK、試しにアプリを実行してみると・・・

    IMG_0658

    こんな状態です、メモリの空き容量は10MBとほとんどありません、これじゃカクカクするわけです、早速メモリ解放をしてみましょう、左下の円になっている矢印マークをクリックするとメモリを解放してくれます。

    IMG_0659

    これは・・・恐ろしいぐらい綺麗に掃除をしてくれました、これでしばらくはカクカクすることは無くなるのですが使っているうちにまた発症しますのでそのたびにメモリ解放というのも手間です、Andoridにあるタスクを自動的に終了し自動的にメモリを解放するアプリが待ち望まれます。

    iTunes iPadシステムマネージャ

    今なら115円ということでお買い得ですよ、でもお金払うほどの価値が本当にあるの?と思うかもしれませんがiPadシステム・マネージャは実は他にも機能を兼ね備えています。

    IMG_0660

    まるでタスクマネージャーのプロセスのようなプロセス表示。

    IMG_0661

    分かりやすいドライブの使用状況。

    IMG_0662

    バッテリーの劣化を最小限に留めバッテリーライフを維持することができるバッテリーマネジメント機能。

    IMG_0663

    起動時間・モデルOS情報とネットワークの情報表示、メーターマークをクリックするとネットワーク速度を計測してくれます。

    セール期間中の115円なら十分な機能満載でお得です、明日までセール中みたいですので気になる方はすぐに購入した方がいいかもしれませんよ。

    LaineemaElectroConnect


    ネトゲに再びはまり酷い状態になっていた間にiOS4.2.1がリリースされました、今回は待ちに待ったiPadが対象となっており、iPadでもようやくマルチタスクに対応する等最新の機能を使うことが出来るようになりました。

    今回の更新で変更さてた機能は以下の通りです。

    IMG_0646IMG_0645

    マルチタスク
    おそらくiOS4一番の売りであるのがこのマルチタスクでしょう、バックグランドでアプリが作業を行うためiTuneのダウンロードをバックグランドで処理したりといった使い方が出来るようです、アプリが対応していないと只のランチャーでしかありませんが。
    まだアプリ側での対応がこれからのためしばらくは只のランチャーとしての存在でしかないでしょうが来年あたりには結構な数が対応していくのではないかと予想しています。
    使い方はホームボタン(□ボタン)を素早く2回押し、画面下部に起動中のアプリが表示されメモリがいっぱいになると順次アプリが自動終了するようです、さらに画面下部にアプリアイコンが出ている状態の時に右にフリックすると画面の光量調整とiPod機能の操作パネルが出てきます。

    IMG_0647

    フォルダ
    アプリをまとめられるフォルダ機能が搭載されました、アプリをタップしたままにしてアプリのアイコンが揺れ始めたら他のアプリアイコンに重ねてみてください、自動的にフォルダが作成されフォルダの名前を記入するようになります。
    フォルダからアプリを出すにはフォルダを開き移動したいアプリのアイコンをタップしたままにして揺れ始めたらフォルダの外に移動して指を離せばOK、中に何もなくなるとフォルダも自動的に消滅します。

    IMG_0648IMG_0649

    AirPrint
    人類にはまだ紙が必要、たぶんジョブスも言ったと思う、たぶん。
    問題はアプリ側が対応していないと使えないのと対応するプリンタの少なさにある。

    AirPrint対応プリンタ
    HP Photosmart Plus (B210a)
    HP Photosmart Premium (C310c)
    HP Envy eAll-in-One シリーズ (D410a)
    HP Photosmart Premium Fax e-AiO (C410a)
    HP Photosmart eStation (C510)
    HP LaserJet Pro M1536dnf Multifunction Printer
    HP LaserJet Pro CM1415fn Color Multifunction Printer
    HP LaserJet Pro CM1415fnw Color Multifunction Printer
    HP LaserJet Pro CP1525n Color Printer
    HP LaserJet Pro CP1525nw Color Printer
    ※Apple公式より抜粋

    アプリはこれから対応していくと思うが日本だとHPのプリンターはマイナー過ぎてこれでどうしろという状態、日本ではCANONとEPSONが使える用にならない限り空気のような存在になってしまう・・・
    もうあれだ、ずいぶん前のネタだが複合プリンターにiPad直置きで解決しかないね!

    AirPlay
    これは今回の更新の機能では一番の空気的存在。
    iPad内の映像・画像・音楽をApple TVを経由して画面に表示するというものだが公式の説明文を見るとわざわざiPadから経由せずともYouTubeはApple TVでそのまま見ればいいじゃない?と思ってしまうのは自分だけだろうか、3Dテレビと同じでそこまでしてiPadのローカルコンテンツを見たいの?と思ってしまう。
    仕様上難しいのは分かっているがAppleTVをワイヤレスVGAアダプタと考えなかったことが残念だ、画面をそのままAppleTVを経由して大画面で表示することが出来ればVGAケーブルを刺さなくても簡単に接続できビジネスでシーンでも使えるので画期的だと思うのだが。

    IMG_0643

    iPadを探す
    MobileMeについている機能ですが無料で使えます。
    iPadの所在位置をマップに表示するのですがWi-FiモデルだとiPadが置かれている環境に接続できるWi-Fi環境がないと検出できないため注意が必要です。
    また遠隔操作でロックをかけたり内容を消去することもでき、手元に戻ればロックを解除したりiTuneからバックアップデーターを復元することにより直ぐに通常通りに使えるようになり万が一の場合でも被害を最小限に留めることが出来ます。
    3Gモデルじゃないと最大の効果を発揮できません、Wi-Fiモデルはフリースポットが少ない日本だとある意味悪意を持った人間に拾ってもらった方がWi-Fiに繋げようとする可能性が高く逆に遠隔ロックや遠隔消去で被害を最小限に抑えることができるかもしれません、微妙な気分ですが。
    この機能は設定しておいて損はないと思いますよ、特にビジネスで使用している人は強く設定を推奨しておきたいですね、自分は早速設定してみました、3分もあれば直ぐに使えるようになりますよ。
    設定方法はこちらhttp://www.apple.com/jp/ipad/find-my-ipad-setup/

    他にもGame Center、iTunesで映画をレンタル、さらに使いやすくなったメール、ウェブページのテキストを探す、書体が選べるメモ、カレンダーのイベント招待状に返信、使いやすくなったキーボードと辞書、アクセシビリティの向上、さらに充実したエンタープライズサポート(意味不明)がiOS4.2.1に更新することによって使えるようになります。

    この中で特に注目するところといえばメール・キーボードと辞書・ウェブページのテキストを探すについてでしょう、メールについては複数アカウントで使っているといちいちアカウント別に受信ボックスを見ないといけなかったが全受信という項目が新規に出てきて全てのアカウントの受信メールを見られるようになった、また各アカウントの受信ボックスにダイレクトにアクセスできるようになっており使い勝手が向上しています。

    IMG_0644

    キーボードと辞書については単語登録は待ちに待った機能ではないでしょうか、かゆいところに手が届きますし何しろ医療現場や設計等で使うなら専門用語が簡単に出てこないとか考え物ですよね、名前のもそうですし。
    キーボードについては顔文字ボタン・あいうえお順のキーボードが追加されています、パソコンに触れたことがない人を対象としているようですがかな入力が抜けてますよAppleさん。

    IMG_0651IMG_0650

    ウェブページのテキストを探すについては検索欄に単語を入力するとページ内検索という項目が出てくる、Sleipnir等でお世話になっている機能なのでコレはかなりありがたいです。
    後はiTunesで映画をレンタルについてはAmazon VS Google VS Appleという新しい戦局を迎えたデジタルコンテンツ戦争においては当たり前の選択といったところではないでしょうか。

    で更新して一番困ったのが一番の売りであるマルチタスクです、PCと違い画面が複数出てくるわけではないため一体どう使えば便利だなと感じることができるのかいまいち用途が思いつかない!音楽を聞きながら作業をすることは従来からできていたので除外するとして使い方提案をどうすればいいものか悩むところです。
    何しろ公式でマルチタスクがすごいよと一番に謳っておいて実際どういうことができるかの紹介ではiTuneのダウンロードをバックグランドで処理できますってレベルとかAppleもどう提案していいか困っているような気がするような気が・・・

    しばらくはアプリの対応待ちでしょうね、アッというような便利な使い方ができるアプリの登場もそう遠くないかもしれません。




    このページのトップヘ