Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    タグ:Home_and_Student

    Office2013 (2)


    日本ではMicrosoft Office Personal 2013にはPowerPointが付属しておらず、PowerPoint、Excel、Word、OneNote、OutlookがセットになったMicrosoft Office Home and Businessを買うと約2万5千円になります。

    これらのMicrosoft Officeは2台のPCにインストールして使えるものの、1台のPCにインストールするだけで十分な場合は割り高に感じてしまいます。

    しかし、世の中探せばあるもので、Microsoftの正規品でありながら、1万円でパワーポイントが使える中国版Microsoft Office 2013なるものがAmazon等で売られています。

    今回は、そんな中国版Microsoft Office 2013を実際に購入し、インストールして使ってみました。
    【約1万3千円でパワーポイント付き!中国版Microsoft Office 2013を使う方法】の続きを読む



    Microsoft Office Home and Student 2010


    Microsoft Office 2003はWindows XPと同じく2014年に更新サポートが終了し、以後脆弱性が見つかってもサポートされずセキュリティ的に問題となるため更新時期が間近に迫ってきています。

    また、Microsoft Windows 8ではMicrosoft Office 2003は使用することができません。対応しているのはMicrosoft Office 2007からとなります。

    最新のMicrosoft Office 2013を買えばこれらの問題は全て解決しますが、その費用は2万円以上と高額なため使用頻度が少ないのであればためらってしまいがちです。

    しかし、ひとつ古いMicrosoft Office 2010が約2,600円で使えるとしたらどうでしょうか?少なくとも古いMicrosoft Officeを更新しても良いかなと思うかたもいるのではないでしょうか。
    ※為替レート変更で記事を書いた当時よりも現在値段が倍の5000円程度に上がっています。

    実はAmazonで売られている並行輸入品の中国語版Microsoft Office 2010を使うことで、正規品であるにもかかわらずMicrosoft Office 2010を1台あたり約2,600円で使える方法があります。
    ※3台インストールパック使用時

    今回はそんな中国語版Microsoft Office 2010を日本語版として使うためのインストール方法をスクリーンショットで分かりやすく紹介します。

    Office2013でも、中華版を使用して日本語対応のOffice2013を使う方法が出ています。Office2010よりもインストール手順が簡略化されており、販売業者のサポートや今後の更新プログラムの提供期間を考えると中華版Office2013を使うほうがお勧めです。

    実際に使ってみた記事をこちらで公開中です。

    【約2,600円でMicrosoft Office 2010が使える!?Amazonで売られている並行輸入品の中国語版Microsoft Office 2010のインストール方法】の続きを読む



    このページのトップヘ