Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    タグ:HTC

    全体的にしっかりとした作り

    スマホVRでもPCVRでもHMD部はヘッドバンドを使って頭に固定する方式がほとんどですが、頭を締め付け、かといって緩めるとHMDが動いて不快感を覚えるものも少なくありません。

    VIVEも前後バランスが悪くフィッティングが良い方とは言えないのですが、アフタパーツとしてVIVEのフィッティングを改善できるVIVE デラックス オーディオ ストラップが発売されたので導入してみることにしました。

    【VIVEのフィッティングが劇的改善!VIVE デラックス オーディオ ストラップ レビュー】の続きを読む

    しっかりと固定

    VRのサードパーティー製周辺機器といえば有名なものにLeap Motionがあります。Leap Motion はVRのHMDにマウントし、手の動きのVR内に反映させる用途に使われていますが、PC本体からUSBのケーブルを延長して取付けると非常に邪魔になるので考え物です。

    しかし、VIVEのHMDにはLeap Motionを取付けるのに便利なUSBポートが搭載されているため、このUSBポートにLeap Motionを接続してマウントしてみることにしました。

    【HTC VIVEにUSBエクステンダーを取付けてLeap Motionをマウントしてみた】の続きを読む

    やわらかくなっている

    VIVEはコシのある太いケーブル、通称「きしめんケーブル」が初期モデルに付属していましたが、現在では新しくなった新3 in 1ケーブルに変わっています。

    PCVRではグルグルとその場で回転する動きをすることがありますが、旧3 in 1ケーブルだとケーブルがよれて動きが制約されることもあり、使い勝手が向上しているという新3 in 1ケーブルを購入して初期モデルのVIVEに取付けてみました。

    【初期モデルVIVEの旧3 in 1ケーブルを新3 in 1ケーブルに変えてみた】の続きを読む

    • カテゴリ:

    フィット感を改善してみることに

    PCVRの世界はミニゲームが多く、一回のプレイは短時間で終わるものが多いですが、長時間のめり込むタイトルではゴーグル自体のフィット感の悪さ故に現実に引き戻されることもあります。

    HTC VIVEで長時間ゲームをプレイしていると、ゴーグルの重みが頬骨部分をじわじわと圧迫して痛みが出てくるようになりますし、メガネを装着してプレイしているとメガネの形状によってはツルの部分を押さえつけられ、耳の付け根部分が痛み始めるため、先人達の知恵を借りてフィット感を改善してみることにしました。
    【HTC VIVEのフィット感が向上!組み込みレンズ・バランスウエイト編】の続きを読む



    このページのトップヘ