Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    タグ:E6850

    LaineemaTECHLaineemaElectroConnect

    IS03の車載企画「IS03徹底レビュー特別版 IS03を車載してみた!動画もあるよ!!」で720pのHD動画を撮影したのですがHD-5000が何故か720pで撮影できないことに前にも増して納得がいかなくなりました、そこで車載PCを強化すべく新しく中身を一新して720Pを余裕で処理できる仕様へ変更するための車載PC更新案を立ててみました。

    まずは現状分析

    PCスペック

    ケース:VoomPC-2
    電源:M2-ATX
    MB:D945GCLF2(Atom330 CPUオンボード)
    RAM:DDR2 PC2-4200 1GB
    SSD:SP064GBSSD650S25(64G)
    OS:Windows XP PRO
    ディスプレイ:XENARC 700IDT
    GPS:コメットUSB/3(GPS)
    W-LAN:WLI-UC-G300HP(親機はWZR-HP-G300NH)
    W-WAN:BF-01B
    オプション:JY-PMUW(WinAmpのコントロール用)
    オプション:CD-RB10(ヘッドユニットとの音声接続用)

    現状分析

    720pのプレビュー時は問題ないが録画しようとすると映像を無圧縮にしようが圧縮しようがフレームがドロップして酷いときは一時停止のような状態になる
    hunuaaおよびAMcapどちらでも同じ症状が発生する
    720pの無圧縮AVIのレートは音声合わせ毎秒約5MB、SSD、USBメモリ、USB2.0の外付けHDDに録画したがいずれも症状が発生した
    録画時のCPU処理は1コア20~40%程度(Hyper-ThreadingをON)
    録画中は一切他の作業はしていない

    補足

    HD-5000の処理はカメラ内でハードウェアエンコードしてMJPEGでPCへ転送、ドライバー側でデコードして渡す処理をしているらしい(あくまでもらしい)

    で?

    USB2.0の帯域を奪っているから外付けHDDへの転送が追いつかないと仮定すれば別のバスで動いているSATAは影響を受けないはず、単純にSSDの性能が悪いという結果になりUSB2.0外付けHDDで転送が間に合わなくコマ落ちが発生する理由も納得がいきます、そうであれば高性能SSD換装で終了にしてもよかったのですが手元にこの前換装して使っていないCore2Duo E6850が転がっているのでこの機会にデスクトップ用のCPUをMiniITXに取り付けVoomPCに詰め込めるかやってみたくなりました。
    すでに目的がHD-5000でHD撮影できるようにから高性能車載PCを作る!に切り替るのはこの世界ではよくあること。

    机上の理論?

    Core2Duo E6850はAtom330と比較し性能が段違いですが消費電力も段違いです、まずは理論的に搭載可能なのか電源計算をしてみないことには始まりません、特に車載という環境だけに電源の制限は厳しいです。

    電源のM2-ATXはMAX160Wで各出力は以下のようになっています。
    5V      8A
    3.3V     8A
    5VSB   1.5A
    -12V  0.15A
    12V      8A

    計算はいつもの電源容量皮算用計算機で計算してみました、USBデバイスが多いので適当に増してみましたが・・・厳しい結果に。

    MAX  102W
    12V  7.59A
    5V   2.26A
    3.3V     0A
    アイドル時 35.37W

    12Vがピーク時に出力の94.88%と安全ラインの80%と超えているため電源には厳しい組み合わせです、但しピーク時ですからEISTを使いCPUに負荷をかけずに運用すればいけるかもしれません、最悪の場合消費電力が多すぎてピーク時に再起動の可能性があります。
    ちなみに消費電力が優秀なAtom330ですが試しに計算するとこうなりました、さすがというべきか・・・

    MAX 45.4W
    12V  2.84A
    5V    2.26A
    3.3V     0A
    アイドル時 18.27W

    購入候補選定

    早速パーツを選んでいきますががケースのことを考えるとCPUクーラーから探さないといけません、Core2Duo E6850のTDP65Wに対応しつつケースに入る背の低いLGA775対応CPUクーラーが必要となってきます、資料がないためMini-Box.comで扱っているCPUクーラーの高さ27.8mmを参考とします。
    今回は2種類をテストして排熱と騒音のバランスがいいものをチョイスしたいと思っています、候補はこれです。

    P199

    P199

    高さ28.5mm TDPは130Wまで対応 騒音レベル 1000rpm/ 20.5dB - 6000rpm/ 49.8dB(PWMで調整可能)
    もともと1Uサーバー用途のためシロッコファンでサイド排気になっている、チップへの送風は期待できないが排熱効率は良さそう、サーバー用途だけに騒音には配慮していない、最大回転時は50dB近くうるさいかも。

    SlimX3 CLP0534

    SlimX3 CLP0534

    高さ36.0mm TDPは65Wまで対応 騒音レベル 1200rpm/ 20dB - 2400rpm/ 26.9dB (PWMで調整可能)ファン厚が15mmのため換装すれば-5mm可能
    高さが怪しく上部の隙間がないと吸気できないため装着しても効果があるか実証が必要、チップへの送風ができるのでしっかり風量が稼げればMBの寿命と安定性は期待できる、音は比較的静か。

    さて次はMBです。

    G43ITX-A-E


    安いのでIntelのDG41MJにしてみようと思ったのですがヒートシンクが高く干渉しそうだったので(同じG41チップ搭載のG41ITX-A-Eはそんなにヒートシンク高くないのに)ZOTACのG43ITX-A-Eにしてみました、Atom330導入前にこのZOTACのMBにするか迷っていたのですがとうとうコレを手に入れようとする日が来るとは・・・ビクンビクン!
    余り聞き慣れないメーカーですが日本語ページもあります、価格.comにメーカーリンクが無くて探していたところ対応CPUリストが出てきました、Core2Duo E6850はバッチリ対象となっているようです。
    バッチリとかいいつつ不安な点がいくつかありM2-ATXの電源は20pinですがこのMBは24pin、20pinでも動くものもあるそうですが実際やってみないと分かりません、ダメな場合はM4-ATXに載せ替えれば電源容量も解決と思いきやVoomPC2を改造して収まるのか不安です(M4-ATX 120 x 91 x 20 mm 参考:2.5インチSSD 100mm 70mm 9.5mm)、実績がないものはどうしようもないのでその時はぶっつけ本番で対応です(画像から計算してみたら光学ドライブの場所に設置することができそうな気がする、高さが問題だが切った貼ったでなんとか対応できそう)。

    Pulsar DCSSDDR2-2GB-800

    メモリはオーバークロックするわけではないのですがヒートシンク付きで放熱効率がいいのでPulsar DCSSDDR2-2GB-800を搭載します。 

    SSDSA2MJ080G2C1

    SSDはIntel X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MJ080G2C1で
    Intel X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2R5も
    Intel X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2C1も
    対して代わり映えしないそうですが新ステッピングということでなんとなく・・・もちろんプチフリの代名詞ともいえるJMicronのチップより高性能なのは疑うまでもありません(JMicronと比較しちゃ駄目だろ・・・)。


    とういことで今回の予算は(価格.com調べ送別)

    Core2Duo E6850 0円(手持ち)
    P199 3,880円
    SlimX3 CLP0534 2,576円
    G43ITX-A-E 8,321円
    X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MJ080G2C1 14,580円
    Pulsar DCSSDDR2-2GB-800 3,270円
    ------------------------------
    32,637円

    オプション
    M4-ATX 15,800円(オリオスペック)
    ------------------------------
    48,437円

    ※結局M4-ATXを購入し送料込みで50,690円になりました、昼に発注して即在庫確認メール返信、即ネットバンクから振込をしたら発注をした4社全てが当日発送とか歪みねぇ仕事ぶりを見せてもらった。

    です、メインで使っているPCより更新頻度と投資金額が高いとかありえん(笑)、今年もi7への更新はお預けです!!


    lai_e


    あつくて外で作業をする気がしない日々ですね、家の中にいるとPCばっかりやっているのですがこの頃はiPadで経営・ビジネス誌をみて勉強しることも多くなりました、何処を見ても日本┌(^o^)┘オワタ!!次は中国の論調ばかりです、いけるか分かりませんが今年中もしかしたら中国へ視察にいける可能性が出てきました、なんだか明治維新前の日本みたな状態とかってに思っていますが何とか海外へ道が開ければと思っています。

    さて、いつも気を張ることばかりではなくたまには遊びたいのが人間、息抜きも必要です。
    この頃息抜きに遊んでいるのかBattlefield Bad Company 2です、発売してだいぶんだっていますが今年は新作があまり出てない影響か、日本サーバーも時間帯によっては混み合う賑わいです。
    伝統のお祭りノリでともかくシリアスを微塵も感じないマルチプレイ、ストレス解消にはもってこいです。

    Windows7にしてからというものXPの快適設定であったMEDIUMどころかLOWですらフレームレートが落ちるのをハッキリ感じ取れる状態で困っていました。
    原因はCPUでCore2Duo E6850を搭載していたのですが推奨はQuadだったので負荷に耐えきれておらず、CPUのリソースは常に100%と過酷な状態です。
    先日つい友人とパソコン工房にいってみたのですがたまたま中古でQ8200が置いてあったので衝動買いしてきましたのでレポートをお届けします。

    IMG_0940IMG_0941









    中古でそこそこの値段、性能はマルチコア対応ならザルな理論値計算でおよそ40%増し(コアの世代性能を無視、DOUからQuadで70%増し、ただし周波数は下がり29%の性能低下)になるはず。

    IMG_0942IMG_0943









    今回使用するグリスは友人からお勧めされたこのグリス、コストパフォーマンスが半端無いシルバーグリスで自分が愛用しているAS-05のおよそ3倍の量です、熱伝導率は若干劣るものの通常のシリコングリスと比べれば遙かに高い数値です。

    IMG_0939
















    さらにCPUクーラーを外すのに使う長いドライバーも買ってきました、リテールなら手でも外せますが忍者プラスとバックプレート(重量が755gと重いため)装備のため、MBを取り外さずに脱着をするにはコレが必要となってきます、先端マグネットでポロリがなくなるので便利です。


    IMG_0947
















    内部はこのようになっていますので手ではCPUクーラーを外せません、斜めの切り込みからドライバーを差し込みネジを緩めます。

    IMG_0954
















    CPUクーラーを取り外しQ8200を装着、グリスはセンターうんこ(誰だよコレを命名したやつはw)方式で盛りCPUクーラーを装着、今回のシルバーグリスはアッサリ系でAS-05のような強い粘りけはありません。

    IMG_0957









    元に戻してできあがりです、さすがにフルタワーでもCPU周りはメンテナンスしにくいですね、ほかは概ね問題ないのですが。
    改修に次ぐ改修でコードがぐちゃぐちゃです、この冬にはi7導入予定ですのでその際は綺麗に片付けます。

    IMG_0949









    これがとりはずしたE6850、グリスが粘りアルコールで洗うもかなり頑固で落ちなかった、もっと綺麗にして中古市場へドナドナですかね、オーバークロックもせず定格動作だけだったので上物中古だとは思います。

    クリップボード07クリップボード08












    OSもマルチコアにネイティブに対応しているのですが目立って恩赦は感じません、しかしマルチコア対応の高負荷ソフトはパフォーマンスの向上がハッキリ出ており、Battlefield Bad Company 2については最高設定でCPUのリソースが70~80%と余裕のぬるぬる環境です。

    さて次はこの秋リリースのメダル オブ オナーです、マシンパワーが足りるといいのですが。




    このページのトップヘ