Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    タグ:レビュー

    同梱の紙箱

    前回は、ハードウェアのレビューということで、Oculus RiftのHMDやセンサーについてレビューしていきましたが、今回はセットアップ編ということで、初期セットアップからSteamのVRコンテンツを楽しむために必要なSteamVRのセットアップも含めてレビューをしていきます。

    セットアップについてはUSB3.0ホストコントローラーとの相性で案の定トラブル出た他、想定外のトラブルも出て来るという困った展開でしたが、初期セットアップは無事完了してOculus Riftが使えるようになりました。

    トラブル発生の際は、併せて解決方法も記載していますので、Oculus Riftのセットアップが控えているユーザーの参考になればと思います。

    【Touchとセットで新価格!Oculus Riftレビューセットアップ編】の続きを読む

    Oculus
    サマーセールということで、専用コントローラーのTouchとセットで5万円というPCVRとしては破格の販売価格でセールをしたOculus Riftですが、HTC Viveを持っているにもかかわらず思わず購入してしまいました。

    購入後、セールで一気に発注が入ったためか、およそ1ヶ月待たされたのですがOculus Riftが無事に手元に来たので、HTC Viveユーザーとして比較しつつレビューをしていきます。

    【Touchとセットで新価格!Oculus Riftレビュー ハードウェア編】の続きを読む

    全体的にしっかりとした作り

    スマホVRでもPCVRでもHMD部はヘッドバンドを使って頭に固定する方式がほとんどですが、頭を締め付け、かといって緩めるとHMDが動いて不快感を覚えるものも少なくありません。

    VIVEも前後バランスが悪くフィッティングが良い方とは言えないのですが、アフタパーツとしてVIVEのフィッティングを改善できるVIVE デラックス オーディオ ストラップが発売されたので導入してみることにしました。

    【VIVEのフィッティングが劇的改善!VIVE デラックス オーディオ ストラップ レビュー】の続きを読む

    やわらかくなっている

    VIVEはコシのある太いケーブル、通称「きしめんケーブル」が初期モデルに付属していましたが、現在では新しくなった新3 in 1ケーブルに変わっています。

    PCVRではグルグルとその場で回転する動きをすることがありますが、旧3 in 1ケーブルだとケーブルがよれて動きが制約されることもあり、使い勝手が向上しているという新3 in 1ケーブルを購入して初期モデルのVIVEに取付けてみました。

    【初期モデルVIVEの旧3 in 1ケーブルを新3 in 1ケーブルに変えてみた】の続きを読む



    このページのトップヘ