Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    カテゴリ: IT

    lai_e


    「中華クオリティとAndoridが混ざったときユーザーが進化させるデバイスに昇華した。」

    IMG_0967









    iPedことM003だがともかくとりあえず似せましたレベルなのが開けてすぐに分かった、表面が歪んでいるし撥油ガラスではないので油がべったりとつく、タッチパネルは反応が最悪でソフトは処理不足でカクつくうえよく固まって強制終了するはめになる。

    IMG_0970









    この二日間ひたすら快適性を求め20回以上ファームウエアを書き換えた、劇的に快適性はよくなったもののiPadには遠く及ばない。
    ハッキリと分かったがM003を実用性を求めて買うならiPodを買った方が幸せになれる、間違いない、比較対象や代りに選択するデバイスではないのだ、iPadやiPodはすでに次元が違う。

    20100804183813









    では Andorid はどうなのか?という点に関してだがギークな人間に対してはとても面白く写る、自分も面白いと思ったがそれは一般受けしないということでもある。
    AppleはiOSは自社ハードのみの専売だがその分快適性は高い、できることはとことん極めてくる戦術だ、最初に地図アプリを起動したときの快適性でハッキリと感じた全てが快適に動きストレスを感じさせない作りになっている、なにより一番優れている点は指で感覚的に操作できるところだろう。
    Androidは自由に改造できるし好きに野良アプリを入れて楽しめる、それはいいことだがそれで楽しめるのは市場の2%~3%の新しい物にすぐ飛びつくユーザーのみだ、後の人間はそんなギークとかオタクな層ではない、間違いなく一般人なのだ、することと言えばメールやインターネット、マーケットでアプリを入れて楽しむぐらいだろう、結局iOSと同じことしかしないと自分は思う。(実際iPhoneをアプリを入れずにそのまま使っている人もいる)。
    そういうことで結局快適性とデザインやGUIから感じる出来の良さからiOSシリーズには完成度で比較した場合現時点では勝てないと思う、ライバルはiOSでは無くWindows Mobile 7だろう、Windows MobileとAndoridは同じ匂いがする。

    話は戻るが、とりあえず使えるカスタムファームを入れたM003だがそれなりに快適なった、しかしiPadがある現状使いようが無い、mp3プレイヤーは負荷で音飛びするしヘッドホン端子はノイズがすごい、デジタルフォトスタンドとしては500KBのファイルを開くのも数秒かかるので論外(常時電源ONだと発火とか発煙とかが不安・・・)、他の使い方はiPadに遠く及ばないので悩みどころ。
    USBGPSが使えるカスタムファームウエアならGoogleマップで簡易ナビとして使えるので会社のナビ無し営業車とかで出張の際は使えるかも?

    Laineema Paradigm Purgelai_e


    エイプリルフールネタでiPhoneOSでFlashが使えるようになりましたなんてネタがゴロゴロしているほど業界では大きな波紋を呼んでいるFlash問題、何故このような事態が起こっているのか?今回はこの件について語ってみたいと思います。

    およそAdobeといえば専門分野、DTM・DTP・DTV等の分野で開拓をしてきた会社です、業界標準と言われるまでとなった各種商品はできることの幅が大きく思うことが表現できるすばらしい物が用意されています。
    PDFはすでに電子書類のデファクトスタンダードとなり開けないなんて連絡が来ようものなら遅れてるねぇと言われるまでになりました。
    その中においてWebページにおける動きのあるコンテンツを開拓し今ではFLVとして動画のコンテナファイルとまでになりWebにおけるムービープレイヤーのデファクトスタンダードまでに登り詰めたFlashを何故Appleは否定するのか?私はHTML5がその答えだと思います、Flashは動画のコンテナとしてみたとき、それはそれは不出来で効率が悪くGPUによるハード再生支援機能も最近になって搭載されました、しかも万全という物でもなく環境によっては性能が十分あるのにカクカクする場合があり誉められたものではないという現状があります、そこで同じ事が出来る環境はFlashしかないのか?と考えたときHTML5が出てきます、目的はFlashと同じことをするとして、手段をHTML5にする利点をAppleは以下の点から見いだしたのではないかと思います。

    HTML5はFlashで実現できたことと同じことが出来る。

    HTML5はオープンであり業界が集まって作っているため会社の都合で仕様を変更できない。

    HTML5は世界標準規格となるものでブラウザは遅かれ早かれHTML5に対応する。

    HTML5に対応したブラウザは沢山のデバイスに搭載される、PCやiPhone、iPad=IIOMMD(Information Input Output Mobile Medea Device インフォメーション・インプット・アウトプット・モバイル・メディア・デバイス)、携帯電話、ゲーム機、TV等、そこにFlashの機能追加やプラグインは必要ない。

    この予想から見るとAppleの製品を今後も使っていこうと考える人に明るい未来を提案していると私は感じました、今は不便かも知れないが未来はみんな幸せになれるから付いてこいとAppleは提案しているのです。
    Adobeもそれを汲み取ったのかAppleに対する苦肉の策かFlash広告をHTML5にしてiPhoneに流す技術を公認したとの話を今日見ました、この話を聞いたらスティーブ・ジョブズは笑いながら分かってきたじゃないかなんて言ってそうですね。

    Laineema Paradigm Purgelai_e


    この秋に展開予定のGoogleTVについてですが、AppleTVが失敗したのにまたやるのとお思いの方が沢山いると思います、私もその中の一人ですが理由としてはGoogleTVにはiPadのような革新的と思える部分がなくGoogleの蓄積されたものに頼ってる感が非常にします。
    但しこのような動きが目立ってきたということは少なくともそこにそれを実現できる土台と環境が揃っているということです、iPadのように革新的な部分を見せつけることに成功した会社がこの新しいメディア界の勝ち馬になると確信しています。

    すでにTVというメディアについてはインターネットという概念と溶け込み、境界線が前にも増して曖昧になり混合して新しい物が生まれる時期にあると私は思っています、特にYoutubeに始まりニコニコ動画のような新しいコミュティの取り方が可能となっている今、誰もが放送局を立ち上げ世界中の誰にでも自分の考えや思ってることを展開できる時代になっているということをもっと認識した方が良いのではないかと思います。(すでにその動きを受けWebカメラの高性能化に拍車がかかっています、未来に向けシェアは拡大していくので業界の人はさっさと身を乗り出しませんか?)
    それはインフラの整備が出来たので電波なんか使わなくてもインターネット網を使った通信で全て補うことが出来るという考えが今にも実現できる環境にあるということです、考えてみてください確かに今GoogleTVが出来ることは一部のTVでもできますよね?でもそれを出来る環境にしているのは背面にインターネットに繋がるLAN端子が刺さっているからだと思いませんか?
    メディア関係者の方は莫迦な話をしおてってと思ってるかも知れません、では今あなた関係している局が放送しているCMを思い出してみてください、「続きはWebで」「検索窓に検索文字列」「インターネット生まれの会社のCM」が出ている現状を見て何も感じることができませんか、すでにゆっくりではあるがシフトがはじまっていると。

    この10年内に電波側の団体が「世界に発信し誰でも見ることができる、それは公共放送にあたり免許を必要とすべき」と言い出すと確信しています、そこが終わりの始まりです。

    Laineema Paradigm Purgelai_e



    前の記事でiPadは勝ち馬だと説明しましたが、今回はAppleが勝ち馬ということをGeneralとElectroConnectの二つの視点を交え説明したと思います。
    Appleを語るのはGeneralです、すなわち経営についてですね。
    Appleは常に最先端でビルゲイツ氏がMacユーザーという噂があるくらいでMicrosoftのWindow95が爆発的ヒットするまえはMacがそれなりのシェアを誇っていた時代もあったと聞きます、最先端で良いものだったのは確かに記憶にあり、最初に個人用に手にしたのは中古のMacでしたがDOSと違いGUIを搭載しグラフィカルな画面を見せつけられて驚きました、ただ良い物が売れるかといえばそうでもなく最先端だが極限られた世界でしか生きていけない製品でした、DTP・DTM・研究機関・大学等限られた世界でしかユーザーを確保できずMac=Appleという売り方のため価格も高くビジネスに使おうなんて誰も思いませんでした、そこでX86アーキテクチャだったら動くWindows95をMicrosoftが大々的に宣伝しパソコンが変わる!ビジネスモデルが変わる!という売り込みをしたうえでローコストで導入できるという止めの一撃でシェアを独占しました、今でもWindowsシリーズは9割近いシェアを誇っています。

    AppleはMacでは商売に勝てないと考えたのでしょう、限られた世界においても浸食が始まりますます危機感を募らせたのではないでしょうか、そこでMacでシェアを取り返すぞ!となると総力戦となりますのでまず勝てません、同じ土俵にすら立たせてもらえないでしょうし(取って代わるほどの利便性が必要)立った時点で勝敗は決まっています(価格競争で利益の低下)、そこでAppleが使ったのが小規模戦場への戦力集中投入です、雌雄が決まった土俵で勝負できないのは先ほど説明したとおりなのでこれから成長する見込みのある分野に圧倒的な戦力投入をしたのです。

    ここからはElectroConnectの分野になります、すなわちハードやソフトについてです。
    まずはiPodです、デジタルハブ(デバイスの中心はパソコン)という概念の提唱、Apple特有の持つ喜びを生み出すデザイン、直感的操作性、音楽を売るためのシステムを整備し万を期して販売したことにより他のデジタルポータブルオーディオとの差別化に成功、結果爆発的な人気となりました、その後iPhoneを発表、ニッチな市場ではあったが伸びる市場と考え小規模戦場への戦力集中投入です、システム手帳の延長線での認識でしかなかったPDAをパーソナルユースで使うことを前提とした提案により差別化に成功、PDAに対する考え方と認知度を上げる快挙を成し遂げます。
    そして今回がiPadです、タブレットPCに属しますがこれもニッチな世界です過去沢山のメーカーが出していますがどれもか価格が高くデザインも誉められたものではありません、そしてここで取らるのも小規模戦場への戦力集中投入ですが、差別化は恐ろしい戦術を使ってきました、PCは何でも出来るのが売りですがiPadは何でも出来ないのが売りという戦術です、どういうことかというと沢山のことが出来るのはいいがどれも中途な物を作るぐらいなら出来ることを限定してそれを極限まで高めるという戦い方を指します(小規模戦場への戦力集中投入に似てますね)、USB・外部映像出力・キーボードを切り捨て自由ではないソフト開発環境やデータの扱い辛さ等、PCと比較して出来ないことが沢山あります、しかしPCでも前からあったデジタルブックはiPadが扱うとPCの比にならない扱いやすさ、紙の本以上の買いやすさ、新しい本の見せ方という体験が待っていることでしょう、全く今までになかった展開で広告媒体として認識されるのもそう遠くないと思っています、しかも出来ない部分は普段扱わないレベルの物でしかなく持ち運んで使う用途のものは一通りそろっています、メーラー・ブラウザ・PDFや画像ビューワ・表計算・文書作成・プレゼンテーションソフト揃っていますしエクセル・ワード・パワーポイントと互換性があるため今までWindows搭載のUMPCでしていた作業がiPadで出来るようになります、UMPCと比べデザインも良く軽くていいなと思いませんか?

    ここでまたGeneralに戻りますが、このように勝ち続ける要素を実践したためiシリーズは爆発的な人気を今でも誇っています、そこにあるのは主導権をAppleが持つという考え方です、決めるのは買う側という概念をひっくり返した展開により高利益を確保することが可能となり(圧倒的なシェアと圧倒的な商品の差別化が無いと出来ない)、iPadでは販売店の限定により価格競争による値崩れを防ぐつもりでしょう、iシリーズではソフトウエアの開発においては厳しい制限とソフトの審査が必要とさせコンセプトの崩壊を防いだりアダルトコンテンツ排除によるブランドの保護をしていますし、Intel最後の壁といわれたMacはIntelMacの登場で浸食されたと思ってる方も多いとは思いますが、OSとハードの中間を取り持つシステムの開発に着手し将来的にMacはアーキテクチャを選ばないOSになることによりハードメーカーから主導権を奪うことになるでしょう。

    このように勝ち続けることが出来るには訳があり勝ち続けるからこそ出来ることがあります、しかしながらこれがスティーブ・ジョブズ氏の能力だということがAppleの弱みです、彼はオタクの気持ちが分かるカリスマ経営者で彼によるところが非常に大きいと私は思っています、おそらく彼が抜けたときAppleは衰え勝ち馬ではなくなるでしょう。
    ビル・ゲイツ氏は経営の分かるカリスマオタクです、彼はすでに引退しましたがMicrosoftはOSにおいては未だ勝ち馬です、しかしすでに自分が作り上げた物の力を過小評価したことによりgoogleという恐ろしいライバルを作り上げてしまいました、今後もgoogleの土俵ではMicrosoftは勝てないでしょうし、Googleが進めるブラウザさえあれば何でも出来るという構想が普及すればOSに左右されることもなくなり企業は安いLinuxへシフトしWindowsは使われなくなるでしょう。
    勝ち馬もいつかは衰える時が来るのです。




    このページのトップヘ