Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    カテゴリ: IT

    LaineemaElectroConnectLaineema Paradigm Purge


    IMG_0578

    ※何故かBF-01BとiPadで使えたSkype、docomoのデータ通信はSkype規制がかかっているはずでは?

    Skype

    au禁断のアプリ解禁はSkypeでしたとだいたい皆さん予想通りではないでしょうか。
    キャリアが禁断のアプリとするのも納得の便利さがあります、テキストチャット・ボイスチャット・ビデオチャット・ファイルの転送など一対一だけでなく一対多数のコミュニケーションにも最適です、その便利さは仕事でもプライベートでも活躍してくれています。

    auの開く突破口

    しかしキャリアにとってはSkypeはライバル会社であり驚異です。
    定額データ通信ができる今となっては定額通信の費用だけで会話ができるため各キャリアは規制を設けていましたがauはそれを取り払い解放しようとしています。
    これが定額通信のように従来の物に付加価値を付けるならいいのですが今回は自分たちのサービスを切り売りする行為です、そして間違いなく定額のように各社auに続いて解放という流れとなるでしょう。

    まるでメディアの新しい形とGoogleTVと同じ状態で電波(音声通信)が通信に切り替わろうとしている状態になっているまさにその瞬間が今かもしれません、実際音声通信もデータ通信になっているため全て通信で処理している状態とTVよりも簡単に切り替わる要素がそろっています。

    またユーザーの使用形態に併せて商品は変わっていく物ですが従来のガラパゴス携帯からスマートフォンというデータ通信に重点を置いた商品がヒットしてきており、すでに通話があってデータ通信もできるという考え方からデータ通信があって通話もできるという考え方にデバイスは変化してきています。

    Skypeは最後の砦

    すでに携帯電話サービス市場はこれ以上の伸びる要素はありません、製造する側には余地がありますがそれすら自分たちで放棄しているように見えます、ガラパゴスが悪いといいますがむしろ特徴でありそのシステムごと売りにかけてしまえばいいだけで実際はガラパゴスが問題というよりキャリアが規制や保護で蓋をして使い勝手が悪くなるようにしているのが問題だと思います(故にiPhoneが売れたと思う)。
    飽和している市場においてキャリアが維持しないといけないのはシェアであり他キャリアからの取り込みや新規に携帯電話を持つユーザーの取り込みをして維持しないといけません、すでにパイは決まっておりこれから人口の縮小にあわせ収益も低下していくだけですからこの先はサドンデスの可能性があります。
    実は業界の1位は儲けて2位はトントン、3位は赤字という状況がよくあり現在業界第3位のauは収益が競合他社に比べ良くない可能性が高いです、auが利益をだすためにはシェアを獲得するしかありませんが魅力のないサービスや端末ではお客は取り込めません、Softbankが参入してきて以来不発続きで落ち目のauでしたがこの度発表のIS03に続きSkypeを解禁してユーザーを取り込もうとしているのは分かるのですが1人当りの収益性を上げる手段にはなりえません、従量である音声通話がそのままSkypeに切り替われば定額データ通信になるため1人当りの収益性は必ず低下します。
    まだスマートフォンの一部でサービスが受けられるという状態かもしれませんがdocomoやSoftbankが黙っているわけがありません、そのうち殆どの機種で使えるということもあり得るわけで市場全体で収益性の低下を招く可能性があるSkypeはキャリアにとっては禁断のアプリであり最後の砦だったのですがその砦もとうとう陥落です。

    もはや最後は家庭用ブローバンドのサービスと同じだだの通信サービス事業になってしまうというキャリアにとっては悪夢といってもいい状態が近づいてるのかもしれません。

    Laineema Paradigm Purge


    何かあるとすぐにgoogleで検索することが多い今日この頃、検索エンジンに頼ることで喪失していっているなと感じることがあります。

    今、問題の解決力強化のための教育を職場で受けさせてもらっていますが非常に難しいです。
    何が問題か、現状はどうなのかを把握して解決するまでを設計するわけですが、どこに焦点を合せるべきか迷いつい変な方向へ向かいがちです。
    結果やらなくていいことを問題として取り上げ無駄な時間と資金を消費してしまうことに繋がります。
    (問題解決能力で一番難しいのは問題を問題と捉える能力だと思います、これは長年の経験やセンスによるところが大きいのではないでしょうか。 )

    クリップボード03

    コレが実例があるものなら解決方法は簡単で検索エンジンに頼れば簡単に答えがみつかります、例えば前に書いた記事でコペンのインテークパイプにオイル滲みがあるという問題が現に発生していますが、コペン パイピング オイル で検索すれば他にも実例が出てきます、また今ではみんカラというデーターベースもあり原因解決が間を飛ばしていきなり答えにたどり着くことが前にも増して簡単にできるようになりました。
    これにより実例があることに対しては考える必要性がなくなりました。
    ただし実例がないものや市場での扱いが少ないものは比例して情報も少ない傾向にあるといえます。(業務用の機械や製品は特に情報がない)
    そのため実例が彷彿という実績があるものを選ぶ保守的行動に走りがちです。

    自身の実例としては自作PCにおいて鉄板どころのメーカーや機種を採用し問題発生リスクを最小限に抑えるとともに問題発生時の対応を短縮し時間と費用を最小限に抑えています。
    価格.comや2ちゃんねるでいくらでも情報は手に入れることができます。
    ただしiPadのようにコレだ!という確信を得たものは一直線です。

    しかし企業の場合はどうでしょうか、実例があったとしても会社の経営方針や形態、人員のレベルや業種も様々で実例がそのまま当てはまることは珍しいように思えます。
    そうなると自助努力で解決する他ありません、そこで問われるのが問題解決能力すなわち考える力が重要になってくるのではないでしょうか。
    しかし上記のような考えずに解決できる手法が存在しているがために考える力を喪失しているとこの頃感じています、検索エンジンが悪いという訳ではありません、あまりにも頼りすぎている部分に問題があるのではないでしょうか。

    この先は激動の時代です、考える力が真に問われる時代において必要なものをあなたも失っていませんか?

    lai_e


    ipaq_h3630
















    昔々スマートフォンのご先祖にあたるPDAという物があった、このPDAのOSで圧倒的なシェアを持っていたのがMicrosoftだ、WindowsCEやPocketPC、WindowsMobile等のOSが当時のPDAには搭載されていた。
    新しい物好きの自分なのでやはりそういう物を買って使ってみたのだが長続きはしなかった、10年無い程度前のPDAはビジネスツール色が強く、また機能や性能も洗練されていなかった、SDカードがまだ出たての時代でPDAはCFが主流、無線LANは当然拡張カードが必要という状態で操作性は今の携帯電話並の使いにくさだった。
    (画像は当時購入したiPAQ Pocket PC H3630

    overview_homescreen_20100225















    そして時代は流れた、しかしMicrosoftの影はどこにも無い、気がつけばiOSかAndroidOSかといわれる時代になりそのどちらも完成度は高い、もはや後発といってもいいWindowsPhone7はいったい何を売りにするのか?Windowsとの互換性は既に両OSを使った限りさして問題にならないのを感じている、母艦は既に選ぶ時代では無い。
    何か特徴が無いと埋もれてしまう、しかし残念ながらいまのところコレだ!という特徴を感じない。
    残念なことにコレは不利になるなという点はよく目立つ、特に過去のWindowsMobileまで使えたアプリケーションは一切使えなくなるというのだ、もはや一から出直しでアプリケーションの拡充は緊急の課題といえるだろう。

    ASUS-EeePad-EP101TC_CE_10-inch








    またこの頃多くの発表があるスマートパネル関係については一切話を聞かない、iOSを除けばAndroidOSかWindows7、もしくはLinuxベースだ、スマートパネルについては今後伸びが期待されるだけにそのようなデバイスにWindowsPhoneを積むというアナウンスは聞いたことが無いのだが。
    何にせよできる事がたいして変わらないのであればどのOSを積んだデバイスでもいいじゃないかとなってしまう、実際iOSもAndroidOSもできる事に特別差がある訳でもないし、ましてや小さい事でああだこうだというのはギークやオタクだけで取り込むべき一般人はブランド力や感覚的に選択をすることが多い、彼らの目にWindowsの名前がついたスマートフォンがiPhoneのようなパーソナルなものとして映るのだろうか?

    やはり実機を使ってみないとつかめない部分が多いのだがスマートフォンしか搭載しないのであれば手に入れるために必然的にキャリアとの契約が発生する、現在auと契約をしているが次はiPhone意外に考えられないので却下だ(au自体の酷さもあるので)、となると白ロムだが暫くはM003のような手軽に買える価格では無いだろう。

    日本での販売は近いうちに始まると思が、田舎の店舗までホットモックがくるだろうか・・・ともかくブランド名まで変えて打って出てきたWindowsPhoneに期待だ。

    Laineema Paradigm Purge


    今日は仕事で地元のラジオ局の方とお話したのですが、その中でSNSの話が出ててきました。

    logo logou
    foursquare_logo
    自分の住んでる街は人口4万人を切る過疎化激しい田舎町です、デジタルデバイスとかそういう趣味の人もほとんどいないし何しろ若い人がいない、その田舎でツイッターやユーストリーム、フォースクエアまで使ってコミュニケーションをしている人間がいること自体に驚きを隠せません、同時にこういうコミュニティの活性化を図ろうとしている人達をみると嬉しく思います、もし機会があれば何らかの形でお手伝いさせてもらえばなと思っているところです。

    01e77a7880c9b676f133883fde275131 mixi_logo_pc_large001




    さて日本のコミュニティについては匿名性を生かしたコミュニティが基本となり発達してきました、2ちゃんねるはまさに代表的な匿名コミュニティだと思います、しかし海外では現実の延長線上にあるもとして使われていることもあり、友人とのコミュニケーションを拡張するという使い方もされています、日本ではその傾向がmixiあたりから出てきたように思えます(背景として一般に人も手軽にネットが使える時期になったからと思いますが)。

    クリップボード02のコピー












    少し前にネットでみた一言が蘇ってきたのですが、「インターネットの普及で都市と田舎の格差(コミュニケーションや情報的な意味で)が解消されるといっていたが実際は田舎がますます不利になる」という事実がこのところ現実になってきているなと感じています。
    現実の延長線上のコミュニティに必要なのは個人情報を自ら開示することです、匿名では地元の人間として検索にひかかりませんし、ましてや友人や同僚ですら登録していてもわかりません、そしてその公開された情報を元に地域的なコミュニティが形成されるのですがここで田舎の不利なところが露呈してしまいます、あくまでも現実の延長線上にあるコミュニティだけにちょっとオフ会など集まってコミュニケーションを取ることが都会に比べ圧倒的に不利になってくるのです、場所が無い、交通が不便、人が集まらない、自分自身は特に同じ趣味の人がいないというのがクリティカルだと感じています、ともかく全てにおいて人が圧倒的に足りないのです。
    これがインターネットの普及で田舎が不利になるということです、まちツイでこの様なコミュニケーションをとっている地元の人間を検索してみると40人弱出てきました(全ての地域の人間を出すわけではないが)、人口は約4万人切る程度の田舎街なので人口比率にすると約0.1%・・・この様な状態です、その40人弱のうちプライベートとビジネスでおつき合いがあるのが4人という井戸端会議状態です。

    このブログ含め自分はゼロから匿名コミュニケーションをどこまで伸ばせるかという検証も兼ねてやっているのですが、現実延長型コミュニケーションの普及や体験をするとそれもありだなと感じると同時に田舎のひどいありさまを見せつけられ複雑な気分です。

    また考え方を改め自分なりにインターネットにおけるコミュニケーションに対して答えを出さなければと思っているのですが悩むだけで考えるに至りません、ただいつかはふたつが混ざり合いより良いコミュニケーションができるようになればと思います。
    そして現実延長線型コミュニケーションでは不利な田舎ですがその一人一人をみてみると活気に満ちたりやる気が伝わってきたりと決して死んではいません、彼らのようにやる気のある人間が中心となれる世代交代ができれば田舎の活性化の道はまだあると思うのです。




    このページのトップヘ