Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    カテゴリ:その他 > 経営・政治・経済

    Laineema Paradigm Purge


    表面上の目的が1、真の目的が1、両方ともに問題(マイナス的な意味)なので両方を解決しないといけない、そのために決断をしてもらう事項が3、表面上の目的に対しおよそ出てくるであろう最終的な答えが4つ、真の目的にたいしては・・・う~ん
    という仕事をしてさきほどまでやって帰ってきました、御無二ノ明夜は何やってるんだ、というか何を言ってるんだと思ってるあなた!実は私も分りません!(ノ`Д´)ノ
    それもそのはず、完全に頭のなかで物事を整理しきれていないためなんですが、光は見えているのであと少しで完全にまとまると思います。

    物事が簡単ならすぐに答えは出るんですが大きな物事を進めると沢山のことを判断していかなければいけません、判断するには材料が必要です、金額、成分等数値化されている物は判断が簡単ですよね?
    例えばパガーニのゾンダRかブガッティのベイロンが欲しいとします、しかし一台しか買えません、そこでパワーがある車を買うことになりました、すなわち1001馬力のベイロンが答えです。
    では馬力の概念が無かったらどうやって判断します?馬力の由来を作ったジェームズ・ワットが生まれる前の人にパワーのある車はどっち?といっても比較する馬力という概念がないので判断に苦しむでしょう、ではこのベイロンという車は荷役馬1001頭分の力があります、ゾンダRと言う車は荷役馬750頭分の力がありますよとなれば誰もがベイロンと判断できるでしょう。
    こうやって形が見えない物を数値化するのが定量化です。
    定量化で数値にしてしまえば同じ土俵で話が出来るので話がかみ合います、物事もスムーズに組み上がっていくでしょう。

    じゃあ御無二ノ明夜さんさっきの仕事も問題を定量化で問題解決だねって簡単にはいかないんですヽ(TдT)ノ実はどこを定量化する基準とするかを決めるのが非常に難しいのです、先ほどの話で言うと馬にするの?牛にするの?っってところでしょうか・・・対象が物ならまだしも人となると簡単に決めらないのが定量化の難しい部分ですね。

    で、記事書いて思ったんですがこの世の中には化け物が住んでいることに気がつきました、その化け物は「秒」を定量化した人です。

    Laineema Paradigm Purge


    で昼の話の続きなんですが何でこのような珍しい展開なんかするの?って思われる人もいるとは思いますが、御無二ノ明夜は名前の通り明けない夜がないのと同じように私は唯一無二の存在なんです、簡単に言うと私は一人しかいません・・・当たり前ですが、でもLaineemaには沢山の人が入る余地があります、今後如何様にも拡大できることができますし各ブランドを分離独立することも出来るでしょう。
    どうせたいした影響力を持つようなこともないだろうなんて思われるのは理解しているところですが、しっかりとした長期的目標で拡大展開を見据えての選択でこのような形を成しているのです、これが拡大途中から変更となると大変な労力と時間が伴います。
    もちろんこの展開にはデメリットは存在していて展開の複雑化で労力がかかるといこと、そして各ブランドの目的と線引きをしっかり明確化しておかないとLaineemaの軸がぶれると言うことです、ということでここでぶれさせないように自分に言い聞かせるためにも明記しておきましょう。

    lai_g_bana

    経営・政治・経済については自身の考えまとめるため実際に思ったとことを書いて頭を整理するという目的のための「手段」
    lai_t_bana


    趣味で自己満足が目的、すなわちこれ自体が「目的」
    lai_e


    上に同じく「目的」
    lai_s_bana



    「手段」として立ち上げているのですが本格的に手段として展開できるのは1年後の予定です、今後の展開をふまえてこのブランドは今は伏せておきます。

    ここで「手段」「目的」という言葉が出るのですが、よく言われる「手段」の「目的」化を防ぐためこのように目的を明記しておけば見失うこともなくなると思いませんか?
    ということでこのLaineemaのブログを書くというのは半分手段であり半分目的ということなんです、こうやって書いてみるとわかるんですが頭の中の物事がしっかり整理されるんですが、同時に自分に足りてない問題点も浮き彫りになってきたりと結構おもしろいですよ。

    Laineema Paradigm Purge


    ブログを見てると多種多様なブログタイトルがついてるんですがおよそタイトルから何を焦点にブログをやっているかというのが伝わってきます。
    ここでいう焦点の定義ですが何を話すかではなく何を押し出していくかということです、およそ「物」「人」「組織」に大別できると思うんですが物であれば商品やブランド、人であれば日々の出来事や思い入れ、組織であれば運営方針の発表や近状報告などがブログに書かれることになるでしょう、これらを明確にしておくとブログの明確な軸が見え何を書くべきかはっきりとわかると思いますし見る側に回ってみても目的があって見ている人には鋭く刺さり、記事だけでなくブログ全体を見てみようかなって思うんじゃないですかね、逆にいったいこのブログは何やってるんだい?っていうほど取り留めのないジャンルを盛り込むと記事だけ見て終わりって感じになるんじゃないかなと思ってるんですが。

    じゃあLaineemaはどうなんだい?っていわれると実態としてはブランドを前面に出した展開になっています、「御無二ノ明夜がいるLaineema」ではなく「Laineemaの御無二ノ明夜」ということです、実際自身を全面に出すならタイトルも御無二ノ明夜の何とかブログみたいなタイトルになってると思います。
    個人のやるPR展開としては結構珍しいパターンだと思ってます、ちなみにブログという概念自身が人を押し出すツールとしての性格が強いためこういう展開だと問題があり、例えばこのブログのアドレスであるhttp://blog.livedoor.jp/laineema/を取得するためにはLaineemaで登録しなければならないのですが横のプロフィールが同じくLaineemaになってしまうと・・・そういう意味ではアメブロは良かった部分がありましたが書く・読む側で見づらいのでトータルでいくとやっぱりLivedoorBlogの圧勝です、だって見てもらわないと始まらないですから。




    このページのトップヘ