Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    カテゴリ: タブレットPC

    lai_e 日曜日の夕方からずっとiPadをいじくり回しているのですがともかくストレスフリーな反応で、20MBを超えるPDFやパワーポイントファイルもそこそこ扱える性能を持ち合わせています。という事でiPhoneOS系のハードは初めての人が使うとどうなるのかというコトをレビューして見ます。 まずは悪い点 ファイルの取り扱いが最悪、あえてこの仕様だとは思うがその意図が不明 IWorkは少し高すぎやしませんか?複数台の母艦環境だと写真の同期が出来ない(プライベートPCで写真を同期してビジネスPCで同じく同期すると後から同期した方が反映される、結局画像用のアプリを購入するも2バイト文字に対応しておらず無理矢理日本語を使うとクラッシュする。) Offceファイルはレイアウトが崩れる(ビューアのみの確認だがiWorkで読み込んだ場合も崩れると報告がある。) 思ったより重く常に持ち運ぶには少し辛い最初のアクチや登録が複雑バックアップが長い時がある USBで10Wと非常に高い消費電力のため充電は専用アダプタか高出力のアダプタが必要カメラが無い 次に良い点 起動が早いサクサク動く予測変換はとても便利ソフトキーボードは横画面で打つならミスが殆んどない変換精度も良い GoodreaderでイラストレーターのAIファイルが開けるのでPDFに変換しなくてもいい DropboxやSkypeやtwitterなどの定番のアプリがある ざっとこんな点ですね、今後ビジネスシーンでの使用パターンが固まり次第レビューしようと思います、すでにDTPシーンでの活用をしており社内報や名刺のデザイン、チラシの原稿確認に使用しています、色見本はかなり化ける事があり使用には耐えられないと思いますが内容の確認では十分です。今後写真を駆使してプレゼンを進める機会があるので進めてみたいと思います、パワーポイントについても今後詳しく掘り下げて行きます。 それでは次回のプレビューをお楽しみに。 ちなみにこの記事はiPadで書いてます、制限はあるものの普通に使えるとは恐ろしいデバイス!

    lai_e


    iPadを表すとき良く耳にするのがiPhoneが大きくなっただけと言う表現を使われてる事があります、この表現をする場合だいたいが否定的な意見の中で発言されています、確かに見た目は大きくなっただけにしか見えませんし、私も大きくなったねと思います、しかし大きくなっただけと言っていますがその「大きくなった」という事実に対して過小評価しているように思います。
    この大きくなったというのはその通り画面が大きくなったということです(この件ではA4プロセッサがどうだとか性能は一切考慮しないこととします)、大きくなったことにより表現、手法、利便性において可能性が広がったと感じませんか?私はiPhoneで本を見てくださいと言われたらあまり実現的じゃないと言いいますがiPadで同じことを言われたら使えそうだと言います、ネットもそうですiPhoneでも携帯より遙かに快適見られるがiPadならもっと快適だと思います。
    これが「大きくなった」ということです、もう少し大きくなった部分を見た場合の評価を上げてもらいたいですね。

    ちなみに前からApple誉めまくりじゃないかと思われてる方もいると思いますが、私は林檎党ではないのでMacは持っていませんし仕事もプライベートもPCは実用性の点から全てWindowsです、ただスティーブ・ジョブズという人間は好きということだけはここで話しておきます。
    パネルの納期の遅れかFoxcon内での係争なのか、いまだ現物が手元に届いてないので真の評価は出来ませんが、もし使えない物ならしっかり何が使えないかを評価した上で次の肥やしとしてもらいたいと思っています(というか早く送ってこい)。

    ちなみにこの前iPadが新しく作り上げた概念はIIOMMDだよ!と言ったところ友人にスマートではないと言われました、確かに意味が通じるようにしただけに頭文字だけとっても良い読み方が出来ない・・・何しろ自分が覚えていないだけあってこれじゃダメだなと思って考えてみたのですが・・・

    iPhoneが大きくなった=スマートフォンが大きくなった=「スマートパッド」、これはすでに拡張タッチパッドとしての名称として使われてる模様、では「スマートパネル」、これはEPSONのスキャナの名称の他何かのディスプレイにも使われてますね、「スマートボード」は電子黒板ですし「スレート」とか絶対Appleが認めないでしょう。
    スマートパネルはそれほど確たる認知がある物では無いのでSmartpanel「スマートパネル」で押し通して良いのではないでしょうか。

    lai_e


    今日仕事でメディア関係の方と話したときにiPadのお話に触れられましたので詳しくお話をしました、私自身が思っていることとこれからの可能性についてお話をしたところメモを取られ共感して頂ける方がいたんだなと思い、同時に感動もしました。
    会社の職種上やりたくても出来ない事がありますのでそのことに関しては出来る方に託す事が出来ればなと、それで成功したら協賛でも良いからそこに入れてよと・・・それが今いる組織での限界かな~と思っています。

    ここまで私を本気にさせた物事は久しぶりで1999年Windows98SEを触ったとき以来です、それは流行るなど思いもしませんでしたが結果は今の私があります。
    さかのぼりwindows95が出たときに今の状態になるなんて一体どれだけの人が考えたでしょうか、考えてみてくださいwindows95で出来ることはwindows95が出る前のPCでもでも出来たことなんですよ、だから今まで出来ることがほんの少し変わっただけじゃないかと反論されるのです、「ちょっと形が変わっただけ」「ちょっと方法が変わっただけ」それだけかもしれませんが結果はこの様です、メールアドレスがない?あなたの会社どうなってるの?、ホームページをお持ちでない?遅れてますねぇなんて言われるようになったんです、ビデオ会議なんて小さい企業でも結構取り入れているんです、最先端なんていっていたら時代遅れです、と。

    物事の切り替わる瞬間、いわゆるParadigm Shiftというものを認識するのは非常に難しいことだと思います、何故か・・・物事の表層のみを汲み取り判断しかしないからだと私は考えます。
    おそらく経営者の考えで見ればこの物事が及ぼす未来という物がおおよそ自分の知識の中で見えてくるものと考えます。

    そこに未来があるのであれば乗ってみるのです、そして物事を進めるためにはSPDCAサイクルを回すことです(実はPDCAの考えを教えてもらったとき現状の物事から判断し持論としてSPDCAだろうと思ったのですが調べるとやはりそこにたどり着くものですね)、SはSEARCH(調査)ですので先ずは触ってみること、ということで触ってみたいのですが誰も持っていない・・・しかしiPod Touchが触れる環境にありましたので触れてみましたが。
    Culture shockでした、Appleについては流行る物であっても実用性を見いだせなかったため一切触れてきませんでしたが、操作するうちに鳥肌が立ちました・・・こんなに使える物を自分は見向きをしなかった事に酷い後悔が発生すると同時に的確な未来のビジョンが見えてきたということに、もはやタブレットPCの延長というレベルを超え新しいメディアになろうとしているのを肌で感じました、それもiPodという過去の物でのレベルでです。

    PCが使えないのは時代遅れとなりましたが、もしかしたらこの先iPadのような概念の物が使えないと時代遅れになるかも知れませんよ。

    ところでこの概念なんて言えばいいのでしょうか?Microsoftが提唱する「スレート」でしょうか?「タブレットPC」ではただの延長線上の物と思わますよね?
    IIOMMD(Information Input Output Mobile Medea Device インフォメーション・インプット・アウトプット・モバイル・メディア・デバイス)でどうでしょう?無理矢理日本語にすれば「情報入出力高可搬性媒体機器」です、流行るかな~。

    lai_e


    明日iPadが日本で販売となります、待ちに待った人も多いのではないでしょうか、私もその中の一人です。
    さて今回の議題は夢のようなデバイスと謳っているiPadですが、これがビジネスユースで使い物になるのかということです。

    オモチャとしてなら単に欲しい欲しくないで済むんですがビジネスユースとなると話は別になります、ビジネスで使えると言うことはどういう事か、これは詳しく言うとビジネス行う上で構築しているシステム(ここでいうシステムは人がどう動くかというソフトといわるものと、設備などのハードのこと)に組み込めるかが肝になると思います。
    システム内のプロセスがiPadに置き換えられ効率化できるのであればビジネスに有益になるとおもいます、ただし感覚的に操作できる人もいれば苦手な人もいるので組織に一気に導入するのは機械との親和性を考慮した方がいいと思います、今回は一個人が持ったとき時の話で進めていきます、というのも私自身が導入を考えているからで購入してビジネスツールとして導入するか判断に迷っている方の参考になればと思います。

    ではiPadとはどういう物かをまずは紐解いてみましょう。
    このデバイスはノートPCやUMPCではありません、ハードを見ると非常に中途半端で、USB機器は端子がないので使えません、キーはありません(デフォルトはソフトウエアキーボード)、映像出力端子もオプション扱いということで批判される方はこれらをダメだと言っている方が多く見受けられます。
    次にソフトウエアです、ソフトは脱獄というグレーな行為をしない限りAppleの審査を通らないと流通出来ない仕組みになっています、自分で作ったソフトも自由に使えなければ他者の作ったソフトも自由に使えない制約があります、パソコンをやってる人から見ればこのような縛りは抵抗がある人も多いと思います、私もそう思っています。
    このようにパソコンと比較すると出来ないことが多く、故に大きいiPhoneと言われます。

    では何故こんな出来ないことばかりの物を使い私がビジネスツールとして使うなど言い出しているのか?と言う部分ですが、先ほど言ったシステムへの組み込みというのが味噌で、システムへの組み込みはプロセスの置き換えが出来るのかということになります。
    例えば新しいお客様の前(対象は一人ぐらいかな)で会社のプレゼンをするとしましょう、今まで紙で説明していた案内がiPadにパワーポイントやPDFを表示して見せながら説明することに切り替えることができるでしょう、スケジュールを管理している手帳をiPadにすることが出来ます、メモ書きもメール確認もインターネットも計算表も文章もこれで出来るのです、出来ることをiPadに置き換えていけばこれは使えるのか判断できるようになると思いませんか?
    ではビジネスでiPadが使いたいと思ってる読者の皆さん、是非ともこのプロセスの置き換えで判断してみてください、答えが見えてくるかもしれませんよ。

    ちなみに一点だけ注意しておきたいことがあります、先にも言った親和性の問題です、ソフトウエアキーボードが使いづらい、操作性が悪い、ハードの性能の限界、デバイスに対する不慣れ等による低効率化などが顕著に表れる場合は置き換えるに値しません、プロセスの置き換えは「手段」の置き換えであってそれ自体は「目的」ではありません、その点を留意しておいた方が良いと思います、とはいえども実際使ってみないと判断できないのが新しいデバイスの悩みどころです。

    辛いことにiPadが欲しいのに今は先立つものが無いという今日この頃(;´Д`)




    このページのトップヘ