lai_e


WiFi版iPadには無線LANというインフラが必要だ、しかし無線LANは限られた範囲でしか利用できない、しかし2年前から活発になってきたWWANを使えばキャリアの電波が届く限りどこでもネットと繋がることができる。
このWWANは二種類ありデバイスに直接繋ぐタイプと無線LANで繋ぐタイプだ、無線LANだけに共有できるので後者の方が使い勝手が良いのだがすでにW05Kを車載用に契約しているためコレを有効利用できる手段はないかと探していたら見つけたのがこのクティオだ。DSC_5274





クティオは各キャリアが出している多数のWWANデバイスをサポートしている、UMPCの時代にCFタイプとか出したりるするだらしねぇauのW05Kもサポート。
使う際はファームのアップデートから始めないとW05Kは通信できなかった、ファームはPCからファイルをアップロードするタイプなのでiPadでは出来ない、また設定もiPadよりPCのほうが何故か反応が良いので設定はPCの方が効率がよい。
3G側(W05K)の設定は簡単でプロバイダのユーザー名とパスワードだけ設定してやればOK、電話番号やDNSの設定は必要ない。
初期の設定では無線LANにセキュリティがかかっていないのでこのまま使わないように、ただ乗りならまだしも犯行予告等のネット犯罪に使われることもあるのでセキュリティは絶対に設定すること。IMG_0094










アンテナ3本状態でスピードテストを実施、クティオはマルチポートに対応していない、車載時はUSB2-PCADPKでUSBモデムとして使用していたのでマルチポート無しでの比較となるが、USB2-PCADPKでは40KB/s程度、お仕置きタイム(auの速度制限)になると7KB/sまでに落ち込んだがクティオで使用する方が早く70KB/sというスピードをたたき出している、流石に画像下部のような無線LANのスピードとは比べものにならないがバッテリー搭載で持ち運んで使えるのはクティオの強みだ。

しかしクティオだけではないがこの手のデバイスの弱点として上げられるのがバッテリーの持ちだ、クティオはW05Kで2時間程度の使用が出来るとのことだが予備バッテリーや外部バッテリーがあれば安心感は段違いだ、バッテリーはDB-L50を使用しているのでROWAの互換バッテリーが安くてお勧め。
外部バッテリーについては問題ありで、5V2A=10Wの入力が必要になっている、PCや500mA程度のUSB給電アダプター程度では充電できないので皆悩んでいるようで5V2Aの出力の外部バッテリーを探すも高価なため手が出ず、しかしながらiPadと同じ5V2A=10Wの入力ということはiPad用の外部バッテリが今後多数出てくると思うのでそれが使えるはず、しばらくは様子見。