Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    カテゴリ: NAS

    lai_e


    お待たせいたしました前回の記事の続きになりますが、NASで環境を整えると便利といいましたが実際にNASを使用していない人にはイマイチ利便性が伝わりにくいと思います、実際使ってみれば理解しやすくなるのではないと思い今回は低コストで導入出来るNASを紹介します。

    DSC_5297




    今回は必要な物は適当なPC一台とFreeNASだけです、適当と言いましたがこのFreeNASはGUIが無く本体の設定も簡単で、詳細な設定はWebブラウザから設定するだけです、そのため稼働するための性能はそれほど必要がないのです(高速でファイル転送しようと思えば性能が必要)、普段使っているPCでもUSBブート対応ならUSBメモリやHDDにFreeNASをインストールしてHDDのOSとは別に使用ができます、うれしいことに設定画面は日本語対応です。

    導入に関しては自宅LAN構築の宇宙(せかい)のFreeNAS構築編が参考になります、iPadで使うのは2種類のサービスのみでFreeNasサーバとWindows間をやりとりするSMBとFreeNasサーバとiPadをやりとりするFTPだけです、本体設定後ブラウザからサービスの有効化とディスクの設定を完了すれば直ぐに使用できます。
    IPアドレスは固定しておいた方が後々面倒が無くていいのでFreeNASのIPは固定化しておきましょう、ルーターのDHCPサーバが入っている場合でも固定IPで運用できます。
    FreeNas



    設定が済んだらマイネットワークからアクセスしてみましょう、適当にフォルダにファイルを放り込んでiPadからアクセスしてみましょう、設定はConnect to SerberのAddボタンを押してFTPを選択、IPはFreeNasのIPを入力Titleは適当に。
    windowsSMBIMG_0099IMG_0097




    いかがでしょうか、ファイルの転送にUSBケーブルを刺してiTuneAppタブのGoodReaderへファイルを放り込んだりWiFi-transfer等の手間の掛かるファイル転送から解放されますヨ。

    良いことばかりかと思ったのですがiPadからNASへの転送時に文字化けが起こるので結局会社ではLinkStationを導入しました、他にも静音性やPCの消費電力も今回みたくUMPCなら良いのですがデスクトップとなるとアイドル状態でも結構消費するというデメリットもあります。
    iPadからみると問題はあるのですがNASとしてみた場合そのデメリットを越えるメリットがありますので活用出来る場面は多いと思います、興味があれば是非導入してみてください。

    lai_e 


    明日でiPadが来て一週間、すでに商談や営業などの社外の場での使用で可能性が確信に変わろうとしています、これは私が目指しているペーパーレスビジネスが形として見えてくるデバイスだと・・・しかしこのデバイスを使うには環境作りが大切です、ファイルの扱いが最悪なのは前にもお話ししましたが、今回はどうすれば環境を整えられるのかを説明したいと思います。
    基本はPC内のファイルを整理(いるものといらないものを分けていらないものを捨てる)整頓(必要なものをどこに置くかを決めて管理する)
    は当たり前です、デスクトップやマイドキュメントに乱雑にファイルやフォルダが散らばっていていてはiPadの話どころか普通の仕事レベルで効率が落ちるので常に整理整頓です。
    次にNASの導入を強くお勧めいたします、NASとはネットワーク内にあるファイル共有領域を構築するもので、簡単に言えばネットワークにHDDが置いてあると思ってください、アクセスするにはwindowsであればマイネットワークにフォルダが表示されますのでそこからアクセスしたり、ネットワークドライブとしてマイコンピューターにドライブとして登録したり、マイドキュメントをそこに設定しておけば複数台のPCのマイドキュメントが常に同じ内容になったりと非常に便利です。ではNASはどうしたら使えるの?と思うでしょうがすでにこのジャンルは2000年の初めぐらいからじわじわとシェアが広がっていき、今では簡単に高速で使いやすいデバイスが登場しています、それが単体で作動するNASです。


    ls-xhl-1

    NAS







    Dropbox等のファイル共有システムも使いやすいですがネットからの経由のため大きいサイズのファイルにやりとりに時間がかかります、ではGoodReaderでWiFi-transferを使い飛ばせばいいと思われるかも知れませんが、沢山のファイルがある場合面倒になってきます、それにWiFi-transferのためにPCを立ち上げなくてはなりません、しかしこのNASならiPad単体でアクセス出来るのです。
    それだけではありません、外出先で家庭やオフィスにあるNASにアクセスしてファイルのダウンロードやアップロードができ、iTuneサーバーにもなるという魔法の箱なのです、さらに最近ではTVとつながり録画用の領域としても使えMACのタイムマシンに対応等時代に合わせ進化しているデバイスです。

    先ずはNASのお勧めですが家庭用もしくはスモールオフィスなら私が使っているLS-XHLシリーズをお勧めします、何しろ速度が速く40MB/秒(Gigabit環境が必要です)は出ます(初期のNASは5MB/秒とかでした)、USB2.0のHDD並です、そして

    Sambaサーバー(Windows標準ファイル共有システム)
    FTPサーバー(多種多様なOSで使用可能、GoodReaderからのアクセスはこれで)
    iTuneサーバー(ちょっと不具合があるみたいです)
    Webアクセス(インターネットを使いブラウザでファイルのUPとDLが可能)
    NAS内HDDバックアップ
    などなど・・・

    とiPadで使うには最適な機能がありますしwindowsと組み合わせて使うにも快適な環境が手に入ること間違いなしなのですが。

    前提条件としてNASにファイルを置き管理することが求められます、マイドキュメントやデスクトップに作っている個人フォルダといったユーザーファイルを全てNASに置いておかないと外部からアクセス出来ません。
    面倒ですが一度環境さえ構築すれば何故こんなものにがあったのに早く気がつかなかっただろうと思う事間違いなしです、複数台のPCを持っている方はNASにあるデータを常に見ることが出来るうえ必要であればユーザー単位やフォルダ単位でアクセス制限が可能になっています。

    マイコンピュータ







    NASはネットワークドライブとしてマイコンピュータに常に表示させてアクセスすることが出来る。

    マイドキュメント








    マイドキュメントをNAS上に設定しておけばさらにアクセスしやすくなる。


    また障害対策としてNASのデータを外つけHDDにバックアップすることができ、いざという時も安心して使えます、極めつけは無停電装置との連携も可能となっているなど家庭用とは思えません。
    無停電装置がなくてもジャーナリングファイルシステムが守ってくれます。(IO-DATAは昔これがなくてファイルが全部消えたというか見えなくなった)

    IMG_0046







    あとはNAS放り込んだファイルをGoodReaderのFTPでアクセスすればOK、今回はデジカメのデータを保管してあるフォルダにアクセスしてみました、デジカメのデータなんかもNASで管理しておくと家族でみられるし、ビジネスであれば商品の写真に誰でもアクセスすることができます、もちろんPCでもiPadでもです。

    IMG_0047






    Webアクセス機能で外出先から簡単にアクセス可能、DLもUPもできる(セキュリティには気をつけましょう、パスワードを絶対に設定しておいてください)


    便利で凄いけど本当に自分の環境で使えるのか?と思ってる人には次回「FreeNasで快適環境を整える」で安くそしてLinuxが使えなくても簡単に設定できるNASサーバーを紹介します。




    このページのトップヘ