Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    カテゴリ:タブレットPC > iPad

    lai_e


    IMG_0162
















    会社の経営企画を担当するにあたり何が必要か?となったとき参謀としての能力を発揮できるかが重要なのではないかと思います、参謀に求められるものは情報収集能力、企画力が重要だと思います、逆に決断力と見栄は不要と言われています。
    その情報収集、企画力の向上を図る上で非常に役に立っているのがiPadです、私は雑誌や本は買わないタイプ(ネットこそ情報の本流派)でしたが現在の部署となって勉強し始めた今iPadで雑誌を買っています。

    残念なことに購読者からみた日本の電子書籍業界への期待は見事に裏切られています、雑誌の一部のみを公開する(ビューン)、定価売り(マガストア雑誌オンライン)、販促窓口としか思っていない(雑誌オンライン)、自炊本レベルで商売(主婦の友社書店)など多くの批判がアプリストアにあがっています、AppStoreからみると分かるのですが圧倒的な星一つ評価ばかりです。
    おそらく提供する側も本気で電子ブック事態を信じていないから様子見の販売しかしてないのだと思います、しかしコレは逆にチャンスだと思います。
    iPodが人気を博したのは使い勝手が良いのもありましたが(国内メーカーは著作権保護でガチガチ、ユーザーへ手間を丸投げした)手軽に安く音楽が購入できる環境を整えたのも役割としては大きいと判断しています、実際CDはその影響で販売数量が落ち込んでいますし、ついこの前その影響か渋谷HMVが閉店しました。
    今度はその音楽が雑誌になっただけで、最初にチャンスをつかむのはいかに安く多くの雑誌を提供できる環境を整えることができるかにかかっていると思います、残念ながらこうなると権利問題でうまくいかないのが日本です、国内で揉めているとまた外資に丸ごと持っていかれるだけだと思うのですが、まぁその方がユーザーとして使い勝手が良くなるのは間違いないでしょうし、だめなものは淘汰されるのが経済ですからいつまでもおんぶにだっこで甘えてもらいたくはありません、さっさと新しい芽が育つ環境へシフトするのを加速させたいところです。

    IMG_0157
















    ということでそのブック系アプリで紹介しておきたいのがビューンです。
    もしかしたら新しい本の販売方法となるかもしれない月額課金が衝撃的でした、デジタルブックを一冊いくらではなくこれだけ読み放題で月額450円という売り方なのです。
    ただし上記してあるとおりデジタルブックについては内容は一部のみとなっています、この一部というのはデジタルブックによって違うのですが私がよく読んでいるPRESIDENTは50ページ程度(広告をのぞけば本誌の半分程度の内容)読むことができます。
    また新聞が読めるのが助かっているのですが、これも面白いことに広告が一切無いのが特徴的です。

    殆どのユーザーがデジタルブックの価格に満足していない今、雑誌の販売促進のためではなくデジタルブックを全て読めるようにしてもらいたいところです。

    lai_e


     

    Safariを使うことである程度ブログを書いたり公開の設定を変更するなどできたのですが、記述の複雑さや完全に使いきれない部分があり不満がありました、そのため今治にいた際も記事をあらかじめ用意して出かけるしかありませんでしたし。
    そのためiPadで記事を書くのはLDBlogの対応待ちだったのですが、今月20日に公開されていたので早速使って記事を書いてみました。

    まずはアナウンスが弱い、ブログを書く人間が今ごろ気付いたほどです。
    そしてAppStoreでの評価にもあったとおり本文に画像を入れるととてもじゃないが使いようにならない重さ(ジョブズなら間違いなくキレる程度の能力)で本当に実機テストをして公開したのか怪しい出来です、実際の説明動画ではiPadが用意されているのですが本当にコレで記事を書き続けることができると思っているなら認識に問題があると思います。 試みとしては大変嬉しいのですがやはり使う身になって考えて貰いたいところです、ここまで下書きで記事を書きましたがこのへんで限界ですのでPCへバトンタッチです。

    実際にiPadを使用して記事を書くシーンはPCと比べそれほど多くないにしろ(記事を書くだけを考えるとPCには絶対的に勝てない快適性がある)外出時となると選択肢は絞られてくる、携帯電話やスマートフォンは画面の大きさと操作性がボトルネックであるのに対してiPadは画面が大きく操作性も高いという利点があるデバイスだ。

    iPadを使う一人として是非とも改良を進めていただきたいと願い、次のアップデートを期待して待っています。
    頑張ってください!開発者さん!!

    iPad Camera Connector Kit のレビューに最後に書いていた企画が実はコレです。

    私の大好きな番組の一つにBBCが作製するTopGearがあります、この番組はすべてが常に高品質です。

    それ自体がすでに一つの商品になりえる画の撮り方やエンジンやエギゾーストノイズの魅せる音の録りかた、構成ももちろんですが、やはり三人の人間性があって最高の作品に仕上がっていると思います。

    番組でもさわられてますが、正直言わせてもらうと第二次世界大戦後のイギリスの荒廃ぶりは外から見ても酷いものだなと思います。



    実際その荒廃で廃業していったメーカーの話でシリーズ15を最後を締めくくるなど寂しさを彼れらは感じているのに、あれだけ明るく生きているのには希望を感じます。実際TopGearという評価されるものができあがっているのですから。

    荒廃してその先に何があるのか?答えはその荒廃した大地で新しい環境に適した芽が生えるだけだとおもいますよ。

    さて本題のほうですが、何とかTopGearのクオリティに近づけるレベルで録音できないものかと思い、とりあえず手元にあるもので録音をしてみました。

    やはりボーカル用のマイクという制約上、綺麗に録音できたのはエギゾーストノイズだけです。マイクといってもボーカル用から楽器用、環境音など様々で用途にあったものを選ばないと満足いく性能は発揮できません。

    機会があれば集音用マイク(でいいのか?)を用意してみたいと思います。それではエギゾーストノイズをお楽しみください。



    余談だがナレーションはよく聞くsoftalkのデジタルボイスだ、聞くときはそう感じなかったが使い始めてみると何故かカワイイ!!(゚д゚;)ドウイウコトナノ!

    lai_e


    384d7cd1









    iPad購入者の中で購入率が高ランクに位置していると勝手に思っているiPad Camera Connector Kit、略してiPad CCKデジカメを持ってる人にはiPadが即席ビューワとして役に立ちますしストレージとしても利用できます、さすがAppleやりやがったと思ったのがCameraRAWに対応しているところ、このごろ低価格化によりデジタル一眼レフカメラが普及しはじめRAWに触れる機会が増えてきています。
    私も一台NIKONのD70を所有しているのですがRAWが使えるのはかなりありがたいです。

    IMG_0803









    iPad CCKは二つのアダプターがセットになっている、USBコネクタとSDカードコネクタの2種類。
    こういうものは大抵値段がたかいのがお決まりとなっているが2980円と思ったより安い。

    IMG_0805IMG_0127









    SDカードやカメラにつないだUSBコネクタをiPadCCKに接続すれば自動的に取り込み画面が出てくる、一度取り込んだ画像はスキップすることができ取り込み後は画像を削除するか聞いてくる。
    取り込んだ画像は母艦に接続した際にカメラデバイスとして認識されるのでWindowsならマイコンピューターから転送ができる、またデジタルカメラに付属のソフトなどで取り込むことも可能だ。

    IMG_0821









    携帯電話も外部メモリ転送モードなら普通のデジカメと同じ扱いなのでiPadCCKで取り込み可能。

    DSC_5350








    USBのコネクタはデジタルカメラだけではなくUSBカードリーダーも使えるという、ならばと夢の2本挿し!

    DSC_5355








    逝った!!どうやらiPadは繊細すぎて2本とかとても無理みたいです、だらしねぇな。

    DSC_5362








    CF単体で作動するかテスト、中身はD70のRAW画像だが問題なく取り込み表示もできた。

    IMG_0806IMG_0129









    USBコネクタがあるとついやっちゃうんだ!ということでUSBメモリをブスリ!iPadがなにやら英語でエラーメッセージを吐いてる、こんな非対応デバイスを挿すなんて絶対に許さないよと読み取れる。
    結構いけるかなと思ったのだが残念、いったいどこで判断してるのかはよく分からないがUSBメモリはNGらしい。

    IMG_0807IMG_0809









    iPadCCKといえばUSBオーディオインターフェイスが非公式ながら使用できると話題になっている、実はコレを買ったのはこっちのほうをメインに考えて買ったのだ、オンボードサウンドチップの放つノイズ問題を解決すべくSkypeのために導入したHAMU02をiPadCCKに接続してみた。

    IMG_0131









    見た目に変化は無いがきちんと音はHAMU02から出力されている、他のレビューを見たところボリュームを操作をデバイス側で行うようになり画面左上のボリュームスライド部分が操作付加になりデバイス名が表示される模様、HAMU02はiPadで操作が可能となっている。(しかし濃いプレイリストだw)

    IMG_0134









    録音もできるか試してみた、RecorderHDを立ち上げHAMU02にヘッドセットを接続したがさもあたりまえのように録音できる、ばっちり期待通りの動きをしてくれた。

    IMG_0823









    さらにUSBキーボードも使用可能、ソフトキーボードは消えて半角全角切り替えも効かないので実用性は皆無に近い、キーボードを使いたいなら素直に純正品を買ったほうがいい。

    実はある企画のためにコレを購入したのですがコレだけでは満足できるレベルに達しないので追加でRoland製のUSBオーディオインターフェイスを手配しています、それでは今後の展開をお楽しみに。





    このページのトップヘ