Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    カテゴリ:タブレットPC > iPad

    LaineemaElectroConnect


    iPad向けHTML5プレーヤーリリースでiPadでもニコニコ動画を見ることができるようになりました、しかし「2010年8月26日の低画質モード動画のフォーマット変更以前に投稿された動画の視聴は出来ません。」と公式にアナウンスがあり過去の動画についてなんとか再生できないのだろうかと思っていました、この度eXstreamNicoがiPadに対応のニュースを見てもしやこれで再生できるかもと思い立ち購入をしてみました。

    IMG_0641


    結論からいくとiPadではeXstreamNicoの恩恵はあまりないように思います。
    iPhone4に関してはカクカクで汚い画質の公式アプリとは違いニコニコ動画を高画質で見ることができることができるようになるため大きなアドバンテージがありますがiPadは公式ページ自体が対応しているためそのまま高画質で見ることができます。

    IMG_0636


    実は公式アナウンスの「2010年8月26日の低画質モード動画のフォーマット変更以前に投稿された動画の視聴は出来ません。」というのは事実とは異なり、全てではないにしろサファリで2010年8月26日以前の動画を見ることができます。
    対応していない動画についてはeXstreamNicoも再生できませんがサーバーをPCへインストールすると一部見られる可能性もあるようです、しかし単体での再生こそが魅力でありPCを起動するのならPCで見ればいいだけでわざわざiPadで見る必要があるのか疑問に思えます。

    Nair_Server2

    何故かサーバーは正常に起動せずおきつです。さんのlibeay32.dll、ssleay32.dllのダウンロードからLinkをたどってDLLをインストールしたものの正常に起動せず公式ページでアナウンスされている対応策である互換モードで起動しても正常に起動せずに立ち上がりませんでした、Windows7ではダメなのでしょうか?

    あえてiPadでの利点を挙げるとするならログイン情報を登録しておけばアプリを起動してすぐに使えるのとマイリストに一発アクセスできること、全画面再生(サファリだとブラウザの一部が表示されたまま)ができることぐらいでしょうか。

    iPadではいまいち恩恵がありませんがiPhone4では神アプリと評価されている方もいるほどでiPhone4で脱獄をせずに高画質でニコニコ動画を楽しむためならオススメのアプリだと思います。

    eXstreamNicoは450円で発売中でiPadとiPhoneに両対応しています。

    iTune App Store eXstreamNico

    開発者Webサイト NeetAndCat


    lai_e

    クティオはiPadの言うことを聞かないからなぁ、そうだな、次はBF-01Bにも付き合ってもらうよ。

    いきなりエルシャシダイ的結論で申し訳ないのですが、結果から言うとクティオ+iPad+Eye-Fiの組み合わせでは使えませんでした。
    色々と試して見たのですがどうもダメでしたので到着後からの流れを追って説明していきたいと思います。

    プロカメラマンも気になる!!iPadとShutterSnitchでデジタルカメラが快適に!?で説明したとおりiPadをバリアングルモニタを超える究極のモニタ(ライブビューは無理)として利用することができると説明しました、アプリは用意したもののEye-Fi Pro X2カードは手に入れていなかったのでこの度購入し早速セットアップしてみました。

    IMG_1162
    IMG_1163
    IMG_1161


    パッケージはシンプルなデザインです、カードむき出しで大丈夫か?と思いましたがダミーでした。
    中身はカード本体、セットアップ用カードリーダー、説明書です。
    説明書はマルチランゲージとなっており日本語で説明してあるページは9ページのみで中身はまずはパソコンに挿せだけで、パッケージでも書かれているとおりまずはカードリーダーをパソコンにさせの一点張りです。

    クリップボード02

    セットアッププログラムが自動的に立ち上がりEye-Fi Centerのインストールが始まりました、途中ファームウェアのアップデートも同時に行われるので常に最新の状態に保てるようになっているようです。

    クリップボード04
    クリップボード05

    設定が完了するとカメラにカードを入れて動作確認を促されます、設定が間違っていなければシャッターを切るとすぐに転送がはじまり設定完了となりました。

    ここまではEye-Fi Pro X2カード・無線LANルーター(WZR-HP-G300NH)・PC(自作 Windows7 64bit)までの設定です、通常の使い方ならここで終わりです。
    実際ブログを書くために写真撮影する際にPCと連携して使っていますがかなり便利です、カードを抜いて転送やUSBケーブルをつなぐ必要がないのでかなり効率があがります。

    注意点もあり、Eye-Fi専用リーダー以外のカードリーダーではEye-Fiカードは設定できませんでした(逆にEye-Fi専用リーダーに通常のSDカードを挿してみましたがこちらは普通に読み込みできました)。

    クリップボード06


    またSDカード内にあるAutorun.exeが起動していないとEye-Fi CenterがEye-Fi Helperが起動してないとエラーを返してきます、パソコンの設定でオートランを切っている場合は手動で実行しないと設定ができません、面倒なのでカードからコピーして使用していますが特に問題はないようです

    ※アップデートによりこの問題は解決されました。

    外出時に設定を変更する場合はPC・Eye-Fi専用リーダー・WANに繋がったネットワークが必要です、これは少しハードルが高いような気がします、現状ではスタジオや家庭用、もしくは取り溜めて転送という使い方が実用的ではないでしょうか。

    さてここまでが通常の使い方と言ったところでしょうか、次からはiPadとの連携になります。

    まずは謝っておかないといけません、プロカメラマンも気になる!!iPadとShutterSnitchでデジタルカメラが快適に!?ではEye-Fi Pro X2はアドホック対応でiPadもいけると勘違いしていました、てっきりEye-Fi Pro X2が親機側になると思っていたのですが子機側の機能しか持っていなためiPadとアドホックで接続することはできません、iPadはテザリング(3G回線等のWAN回線を無線や有線LANネットワークで共有すること、3G版iPadやiPhoneでこれができるとモバイルルーターの代りにになれる)は公式に対応しないことを発表しています、そのためアドホックの機能は持ち合わせていません。

    ということでまずは家に置いてあるWZR-HP-G300NHを経由してiPadへ転送してみました。

    IMG_0560
    IMG_0561


    ShutterSnitchは現在アップデートによりEye-Fiの接続が非常に簡単になっており特に問題なく使用できました、アプリは日本語表示ですので悩むこともありません。
    まずはオプションからEye-Fi接続設定をタップ、Eye-Fiアカウントを記入しサインインします。

    IMG_0562
    IMG_0563


    カードを選択すると自動的に設定が完了します。

    IMG_0564

    IMG_0565

    IMG_0567


    コレクションモードに入りデジカメのシャッターを切ると自動的に転送が始まります、電波環境にもよりますがWZR-HP-G300NHを目の前にIXY SIGITAL 20ISで使用した場合1枚10秒もかかりませんでした、部屋を離れ電波が弱くなるとさすがに距離に比例して転送時間は長くなります。
    PCで計ってみたところ1.5MB/sとそれなりの速度で転送してました。

    クリップボード11


    iPadに転送したファイルはFTPで接続して転送します。

    これで家で使用する場合は快適に利用することができますが外出時は考えないといけません、アドホック接続ができない以上モバイルルーターが必要となってきます。

    クリップボード08


    ここで注意なのですがEye-Fiカードの無線LAN接続先設定時に選択する無線LANポイントはWAN側に繋がっていないと設定できないようになっています、どうやらEye-Fiカードの管理はサーバー側で行われているようです。
    そのためバッテリーでも動く無線LANルーター(クティオやBF-01Bなどのモバイルルーターとは違う)やルーターを持ち出して出先で電源を確保して使うという使い方はできません、試しにWAN側を切断した状態にしてシャッターを切ると無線LANでネットワーク内にあるにもかかわらず転送されませんでした。

    ここでモバイルルーターの出番です、ちょうどクティオがありましたのでクティオをEye-Fiカードに登録してShutterSnitchで設定を切り替え使用してみたのですが何故かネットワークへの接続まではうまくいっているのですが画像の転送が始まりませんでした。

    クリップボード10


    調べて見るとセキュリティをWPA(TKIP)にするとクティオでEye-Fiが使えるとの情報を見つけましたので早速クティオのセキュリティをWPA(TKIP)に切り替えました。

    IMG_0558


    しかしここで問題が発生です、クティオのセキュリティをWPA(TKIP)にするとiPadに接続できなくなりました、パスワードを入れてもエラーになり何度やっても接続できませんでした、他のセキュリティに切り替えると接続はできるものの今度はEye-Fiから画像は一向に転送できません。
    クティオはSSIDを二つもっているので片方をWPA(TKIP)にしてEye-Fiと接続、もうひとつのSSIDをWPA(TKIP)以外にしてiPadと接続できるように設定したもののコレもだめでした。

    WPA(TKIP)だと本当に転送できるのか確認のため無線LAN子機をPCに取り付けクティオとWPA(TKIP)で接続すると見事に画像の転送ができました、クティオはWPA(TKIP)の設定だとEye-Fiの使用ができるようです。
    しかしiPadで接続することができない以上使い物になりません、ちょうど先月25日にdocomoより発売となったBF-01Bが気になっていましたので先ほど予約をしてきました、こちらも今後クティオと比較レビュー等をしていきたいと思います。

    lai_e



    IMG_0515
















    iPadにはNASがお勧めなのは前回の記事で説明しました、NASって何?NASは知ってるがiPadと連携して快適になるの?と思っている人は前の記事を読んでいただければ分かりやすくなると思います、今回は前回の記事を踏まえての説明になります。

    iPadとNASで快適環境を整える
    iPadとNASで快適環境を整える その2

    前回の記事ではローカルエリア(家や社内のネットワーク)にあるNASと連携する部分を主に説明しましたが、今回は外部のネットワークでNASを活用する場合について説明したいと思います。
    ただしバッファロー製のNASが対象となりますので対象機種をお持ちでない方にはNASを購入する際に検討情報として利用してもらえればなと思います。

    この頃のNASについている機能が外部ネットワークからアクセスしてファイルを操作できるシステムです、外出時や出張時でも家庭や会社にあるNASのデータを操作して画像や書類を表示することができ便利です、会社と家のファイルのやり取りにも使用できます(小さなファイルならDropboxの方がお勧め)、バッファローではこの機能をWebアクセスと呼んでいます。

    クリップボード02クリップボード01

















    ※NAS側の設定でいくつか注意があり、DDNSの設定をbuffalonas.comにしておかないと何故かiPadではアクセスできませんでした(それまでは他社のDDNSサービスを使用してPCとPCの受け渡しができたがiPadでは何故か出来なかった)、また全世界どこでもネット環境があればアクセスできるためセキュリティに気を使う必要があります(Webアクセスで制限をかけないとbuffalonas.comで名前を入れると簡単にNASの中身を見られるだけでなく最悪削除も出来てしまう)、どちらにしろ今回説明するWebAccess iもbuffalonas.comでアクセスするシステムのためDDNSの設定はbuffalonas.comに切り替えましょう。
    WebアクセスはプライベートIPだと使用できません、使用している回線がローカルIPの場合オプションで追加するかグローバルIP対応のサービスを提供している会社へ変更する等の対応が必要です、またルーターがUPnPに対応していない場合ルーターのポート解放を手動で行う必要があります。

    IMG_0543
















    このWebアクセスは従来だとサファリからアクセスして使用するのですがやはり不便なところもあり、例えばファイルのアップロードは出来ませんし、フォルダの選択はアイコンが小さいためピンチインして選択しないといけませんでした、さらにピンチインをした状態だとレイアウトが崩れファイルが全て見えなくなったりとPCで使う場合と比べ多少問題がありましたが、先月24日にiPhoneとiPad向けに専用アプリをリリースし快適に使えるようになりました!というのでiPad用のWebAccess i HDを試してみました。 


    IMG_0517
    IMG_0518IMG_0529

    NASにアクセスしたときの画面です、左の状態がデフォルトの状態でアイコンボタンで切り替えると真ん中や右のようになります、写真を見る場合はアイコンモードがお勧めです。
    サムネイルの作成は少し時間がかかるもののストレスを感じるほどではありません。

    IMG_0527













    リストモードで画像を表示する場合はオリジナルのサイズのまま表示するためサイズや回線によってはかなり待たされることになります。

    IMG_0531IMG_0528
























    リストモードから右下にあるスライドショーボタンかアイコンモードで画像を選択するとスライドショーに切り替わります、スライドショーでは快適さを優先させているようでNAS側で画像をリサイズして表示させる仕組みのようです、そのためはっきりと画質に差が出ています。
    残念ながら画質の設定はできないようです。

    IMG_0547

    動画と音声ファイルはストリーミング再生となっていますが下記の制限で動画については実用性に欠けているように思えます。

    IMG_0524IMG_0526

























    またいくつか制限もあり、対応ファイルでも10MB以上のサイズだと表示されません、動画と音声に関してはNAS側でSSLを設定していると再生できないようです。

    IMG_0535IMG_0536

























    サファリからアクセスした場合では機能しなかったアップロード機能ですが、アプリでは画像(動画も?)のアップロードに対応しています、画像はカメラロールにあるものだけで他のアプリで管理されている画像には対応していません、これはiOSの仕様上しかたない部分でしょう。

    IMG_0530













    画像と動画のアップロードに関してはオプションが設けられており、画像と動画の品質を設定することができるようです、画像に関してはオリジナルサイズのままアップロードすることができます。

    IMG_0539













    iPadからNASのファイル操作も可能です。

    IMG_0541

    画像・動画・音声ファイルに強いイメージがあるかもしれませんがビジネスファイルにもしっかり対応しています、XLS・DOC・PPT・PDFの表示が可能となっているだけではなく外部のアプリへファイルを渡す事も可能です。

    IMG_0523IMG_0519IMG_0520

    意外だったのがRAWの表示に僅かながら対応していることです、NIKONのNEFとCANONのTHMファイルがかなり小さいながらも表示できています、残念ながらサムネイルモードでは何も表示されませんでした。
    iPadがRAWファイルの表示に対応しているだけに何らかの対応が必要と感じたのでしょうか。

    IMG_0532IMG_0534

    NASは複数登録でき、簡単に切り替えができるようになっています。
    登録自体も簡単で名前とNASで登録したbuffalonas.comネームを入れ必要な場合ユーザー名とパスワードを登録するだけでです。
    WebアクセスURLは設定できないので気にする必要はありません(ブラウザでアクセスする際の情報として表示しているのでしょうか?)。

    IMG_0546

    気をつけないといけないのは楽天のカードアプリ等と違いアプリケーションへロックがかけられません、iPadが盗難された場合のことを考えたらユーザー登録までをオンにしておきパスワード登録はオフを推奨します(NASにアクセスする際にログイン作業が発生します)。

    PCのようにNASの画像をサクサクとスライドショーで見られるのは以前より欲しかった機能です、またローカルネットワーク中にNASが存在する場合はWANを経由せず直接NASにアクセスするなどかなり作り込みがされておりコレは使える!と思わせるアプリです。
    まだ完璧とはいえないようで操作中にアプリが落ちることが結構ありました、非常に便利なアプリだけに今後の改善にかなり期待です。

    lai_e


    lai_a


    iPadで再生して大丈夫か?

    大丈夫だ、問題ない。


    IMG_0507









    「大丈夫だ、問題ない。」で一躍有名となったエルシャダイをみているとiPadから書き込みをしたとみられるコメントが流れてきた。
    本命は明日の30日午前のメンテナンスで対応と読んでいたのですが予想が外れてしまいました。

     

    早速iPadで再生してみたのですが実用十分で画質は期待以上のできです、特に心配だったコメントの流れもスムーズで心配は杞憂に終わりました。
    ただしいくつか問題点があり今後改善が必要と思われる部分もありましたのでまとめてレビューしてみました。

    補足事項

    IMG_0503









    記事を書きながらあれっと思ったのですが、不具合としてあげている通常モードで再生できない点は3Gモデル向けの設定の可能性であるためWi-Fiモデルでは対応していない可能性があります、これは3Gモデルの人の話を聞いてみないことにはわかりません、当方Wi-Fiモデルですので。

    ※追記:2010年8月26日の低画質モード動画のフォーマット変更以前に投稿された動画の視聴は出来ません。また、これ以降に投稿された動画でも、一部視聴が出来ない動画がありますとのことです、どうやらHTML5の仕様上再生できるのはH.264だけみたいです。

    「高画質動画に切り替える」
    はプレミアム会員のみのサービスとなっています。


    IMG_0512









    ちなみに外部プレイヤーはHTML5には対応していませんのでiPadでは相変わらず空白として表示されます。

    ※追記

    iPadで再生できるならiPhoneでも再生できるはず!と思っている方は残念、今回のHTML5対応による対象機種はiPadのみとなっているようです。
    HTML5の仕様上H.264しか再生出来ないという縛りがあります、H.264は綺麗ですが再生時の負荷も大きく動画を再生できる性能を満たしているのはiPhone4のみと思われます(iPadより性能が良いので)。
    しかし困ったことにiPhoneの3も3GSもiOS4に更新することができ、ニコニコ動画のサーバーでiOS4に更新した3・3GSと4の見分けがつかないため今回は見送られたのではないでしょうか(ユーザーエージェント的に)。
    blog.eラーニング.co.jpさんのブログにiPhoneのユーザーエージェントに関する詳しい資料が載っています。

    調べてみると伊織日記-Rozen Hacker-さんのブログにてiPhone4で脱獄してユーザーエージェントを偽装、サファリでニコニコ動画を見ることに成功しているみたいです、iPhoneのハードを分別できればiPhone4だけとは思いますが正式対応できるのではないでしょうか。

    エルシャダイ的に簡潔に説明すると

    ニコニコ動画:そんなハードで(iPhone3&3GS)大丈夫か?

    iPhone3&3GS:大丈夫だ、問題ない。

    動画カクカクでフルボッコ・・・

    天の声:神は言っている、そのハードでは再生出来ないと。

    という感じではないでしょうか。

    ユーザーエージェントで分別できないとなるとアプリで対応した方が早いような気がしますが今後何らかの動きがある可能性は高そうです。

    ニコニコニュース:iPad向けHTML5プレーヤーリリース&生紹介番組
    ニコニコ動画:iPad専用動画再生プレーヤー ヘルプ




    このページのトップヘ