Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    カテゴリ:その他 > ブログねた

    LaineemaElectroConnect

    ACR WEB ページランキング


    よくライブドアブログのまとめ系ブログでアクセスランキングとしてACR WEBのサービスが使われています、このサービスはランキング上位のブログ同士の相互リンクのような役目を果たしています、ランキング上位は面白いサイトですから必然的にそれを通じて他のブログへ飛んでいくというもので、ユーザーからすれば面白いサイトを探しやすく、ブログの運営者からすれば相互に助け合うツールとして活用されているようです。
    そのACR WEBのサービスの中にページランキングというサービスがありますが今回はそれを導入してみました。

    livedoorブログについてはアクセス分析ツールが無料で用意されています、しかしそのツールのページ分析はTOP30までしか表示されずしかも直接記事を参照した場合などはカウントされないためサーチエンジンから何処の記事へいったという情報しか現状得られていません、これでは一体どの記事に見たい情報が書いてあるのか分析できず、記事の選択や今後の方向性を決める材料としては残念ながら力不足です。
    最も大事なのは人気の記事ということはそれほど多くの人が求めている情報が記載してある記事であり、その情報が多くの人の役に立つ可能性が高いということです、そこで今回ACR WEBのページランキングを実際に導入して役立つ記事の紹介に使ってみようと思い実際に導入してみましたのでその方法を紹介していきます。

    ライブドアブログでACR WEBのページ分析を使う方法

    1.まずはACR WEBのページで申し込みをします、無料ですので安心して下さい。


    ACR WEB:ページランキング>申し込み>必要事項記載

    利用規約をしっかりと読みましょう
    第五条 契約の解除で記載してありますがアクセスが記録されない期間・カウンターが呼び出されない期間が15日を超えると契約が解除となるため期間内に設定してブログ内に設置をします

    2.メールで管理ツールのURLが送られてきますのでメールから飛びログインします

    3.ACR WEBで環境を設定をします。

    タイトル:分析結果を表示するブログツールのタイトル
    サイトのジャンル:コレはブログツールに表示される広告の設定ですブログコンテンツにあったものを選びましょう
    色:設定はブログのデザインに溶け込むようにしましょう、ブログ等で使われている色を調べるにはパワースポイトがおすすめです、配色は見本を見て頭の中で組み合わせないといけないので完成時のデザインを表示する機能が欲しいところですね、実際はブログに貼り付けた後更新ボタンを押しつつ調整という形になります
    幅:ブログのスペースに合わせて設定します

    集計方法:ヘルプページより抜粋


    タイプ1 - 集計期間分をさかのぼって集計する方法です。 
    例)集計期間を7日間にして、1/8の場合は 1/2 - 1/8 のデータで 1/9 は 1/3 - 1/9 のデータで順位をつけます


    タイプ2 - 集計期間毎にログをクリアして集計しなおす方法です。
    例)1/1-1/7、1/8 - 1/14 と一定期間毎の集計で順位をつけます


    タイプ3 - 毎月末日にログをクリアして集計をしなおします 
    例)3/1 - 3/31 、 4/1 - 4/30 と毎月の集計で順位をつけます


    タイプ4 - 毎週規定の曜日にログをクリアして集計しなおす方法です。
    例)「月曜日」に設定した場合は毎週月曜日~日曜日、「水曜日」に設定した場合は毎週水曜日~火曜日の集計で順位をつけます


    補足
    タイプ1:集計期間(1-30日)スパンで集計、ランキングデータのリセットは無し
    タイプ2:集計期間(1-30日)スパンで集計、ランキングデータのリセットをしてまた1から集計する
    タイプ3:1ヶ月スパンで集計、月末にランキングデータのリセット、ランキングデータのリセットをしてまた1から集計する
    タイプ4:1週間スパンで集計、指定曜日にランキングデータのリセットをしてまた一から集計する

    ※Laineemaではタイプ1で30日を設定しました


    設定したら送信ボタン設定を反映させます


    4.分析タグ取得と貼り付ける。

    タグには2つあり、分析用のタグと結果表示用のタグがあります、今回使用するのは分析用のタグです
    タグ取得>分析用のタグ>内容をコピー


    次にブログに貼り付けます、間違った時のためにデザインの保存を先にしておきましょう
    ブログの設定>デザイン>デザインカスタマイズ>
    トップページ・個別記事ページ・カテゴリアーカイブ・月別アーカイブの下の方にある
    <!-- ................ Footer .................. -->
    の下にタグを貼り付けます

    デザインプレビューでACRWEBと下部に小さなバナーが出たら成功です、保存するボタンを押して反映します


    5.待つ!

    アクセスがないと分析できませんので暫く待ちます、1アクセスでもあればOKですので自分でブログを訪問してもいいかも


    6.ランキングの手動更新

    ボタンを押して手動更新をします、更新が終了したら全ランキングはこちらからを押してランキング表示を見てみます(表示されない場合ブラウザの更新ボタンを押してみてください、キャッシュの問題か表示されないときがあるようです)

    最初は記事名ではなくURLそのままです、もちろん表示もこのままなので見る側もこれではいったい何の記事だか分かりません、そこでRSSのシステムを利用して自動的にURLと記事名を紐づけます

    7.ULRと記事名を紐付けする。

    ライブドアブログでRSSのフィード数最大にします
    ブログ設定>基本設定>フィードの表示件数
    最大の50にして設定する


    つぎにACR WEBでタイトルの自動設定へ切り替えます
    RSSファイルのURLにブログのRSSファイルのURLを記入します
    トップページのアドレスに/index.rdfをつければいけると思います
    例)http://blog.livedoor.jp/laineema/index.rdf

    設定を押して暫く待つと最新の50記事が自動的に紐付けされます、一回設定すると以後自動的に紐付けをしてくれます

    ライブドアブログの設定のRSSのフィードを元に戻します
    ※他のブログでは999とかに設定できるらしい、RSSのフィード数がMAX50というのは手痛い

    ランキングの手動設定でを押してランキング表示を見てみます、記事名で表示されていると思いますがまだURLのままのものがあると思います、これを必要に応じて手動で設定してやります

    8.置換設定をする。

    ここからは根性で設定していきます、これから書いていく記事だけ反映すればいいと思えば必要ありません、その場合は環境設定>置き換えをしていないURLをランキングにを表示しないに設定すればURLがまるごと表示されることはありません

    ランキングの手動更新>人気の記事ページを見ながらURLの表示になっているものをクリックして記事名をコピー

    記事名を 置換設定>置換ルールの追加>置き換え後のタイトルにペースト、その記事のURLを置き換え前のURL :と置き換え後のURL :にペースト

    追加するで設定を追加

    人気の記事ページの上位にある物を優先的に処理していった方がいいです、表示させるランキング順位まではしっかり記事名になっているようにします、タグで飛んできている人もいますがその場合は記事名の代わりにタグ名を入れるといいかもしれません


    ランキングの手動更新>人気の記事で結果を見てみます、URLが記事名に紐付けされ置換されているのが分かります


    9.ランキング表示用タグをブログに貼り付ける。


    タグ取得>ランキング表示用タグのテキストボックス内の文字列をコピーします

    Laineemaではブログパーツとして貼り付けました


    ブログ設定>ブログパーツ>ブログパーツの追加>自由なカスタマイズ用>フリーエリア>追加ボタン
    ブログパーツの設定に戻り追加したフリーパーツの鉛筆マーク押して編集します、テキストボックス内にコピーした文字列をペーストして保存、ブログに反映させるでブログに表示されます

    以上、設定お疲れ様です。



    これで必要とされている記事が一目瞭然です、皆さんと私がお互い役に立つブログツールが出来ました。
    ちなみに分析結果ですがライブドアブログと比較すると結果が全然違います、詳細な分析が出てきているので資料として十分使えるレベルです

    ページ別アクセス分析とそのランキング表示をしたい方にはACR WEBのページランキングはお勧めです。


    LaineemaElectroConnectLaineemaGENERAL

    本年の抱負でもある「世界発信」ですがその第一弾としてFlickrで写真の配信を始めました、実際には去年の暮れよりアップロードして準備をしていましたが今回正式に配信をします。
    正式配信に伴いブログパーツの追加とlivedoorプロフィールの更新及びリンクを追加しました。

    登録やブログパーツに関しては以下のサイトを参考にさせて頂きました、多謝!

    登録
    Flickrの使い方を参考

    ブログパーツ
    ★☆ 大人のSL ☆★ flickerをブログに貼り付け方法を参考


    現在公開している写真については全てクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従い表示(attrib)としています、クレジット表示をして頂ければ「本作品を複製、頒布、展示、実演することができます。」もちろん営利目体での利用も可能です、「二次的著作物を作成することができます。」自由に改変してもかまいませんということで公開をしていますのでライセンスの範囲内で自由に使ってくれるとうれしいです、もちろん使用に関して断りは必要ありません。
    ※今後アップロードされる画像に関しては全て表示(attrib)のライセンスとは限りませんので画像の取り扱い時はラインセンスの確認をお願いします。

    Flickr Laineema
    livedoorプロフィール

    LaineemaElectroConnect

    よくGIGAZINEさんなんかで記事のトップに画像が張られていますがたまに画像の下に小さな文字でリンクが張られていることがあります、実はコレ海外の人気写真投稿サイトflickrから画像を拝借したときに使われています。
    このflickrでは便利なことにクリエイティブ・コモンズ・ライセンスという創作物に対するライセンスを表示できるようになっていて、投稿した画像をどこまで利用してもいいのか自由に本人が決めることができます、そのため商用でもフリーで使用できる画像が山ほど登録されています。
    でもflickrって英語だし検索もいちいち翻訳して検索しないとお目当ての写真が検索で出てこないので大変なんですよ、でもそんな時はこのサイトで検索するのが手っ取り早いかもしれません。

    igosso画像検索 - 無料で商用利用可能なフリー素材/写真
    http://www.igosso.net/

    このサイトでは無料でなおかつ商用利用が可能な素材をflickrから探すことができます、最初から使われそうな単語がザッと並んでクリック一つで使える画像を検索して表示してくれます。

    igosso画像検索 検索窓


    さらにライセンスのレベルまで指定することができます、右上に表示されているチェックボックスでライセンスの種類を切り替える事が出来ます、一番右側から制限が厳しく左になるにつれ制限が緩和されている物になります、さすがに全権放棄している画像は少ないようですね。 

    igosso画像検索 コペンで検索

    flickrでは基本英語ですが日本語の表記については対応していますので日本語で検索することも可能です、試しに愛車のコペンで検索してみました、少なからず検索にひかかる画像があるようですが英語での利用がメインのサイトなので翻訳した方が検索にヒットする可能性があります、igosso画像検索では単語を翻訳して検索してくれます、コペンを翻訳すると見事にCopenになり簡単に英訳して検索することが出来るのがこのサイトのいいところです。
    検索して出てきたから好きに使っていいとは限らずクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従い利用する必要があります、内容をしっかり読みクリエイターの意志を尊重しましょう。

    クリエイティブ・コモンズ


    LaineemaElectroConnect

    土曜日の朝YouTubeから見慣れぬメールが届いていたが「動画 IS03車載動画 12月の秋吉台 720p による収益受け取りをお申し込みください」というタイトルだったので詐欺メールかよと思いほったらかしていました、後から見てみると内容は業務連絡のような文面をしていてフッシング詐欺にしてはちょっと違うような・・・と思い調べて見ると実は本当にYouTubeからのメールであることが発覚しました!
    しかも普通は1万再生越えとかでこのメールが来るので珍しいケース(GoogleのAndoroidが搭載されているIS03だからか?)でさらに調べてみると年収1千万とかこれで生活している人もいるとか噂が流れているようです、でもそれは株で儲かるとか為替でがっぽり収入をとかと同じでしっかりと考えて投資をして成功した人のみに与えられる報酬でしかないことは簡単に理解できるところです、訳も分からずに株に手を出して失敗する人が後を絶たない現実をみれば簡単に利益が出るはずはありません。
    人間とは不思議なもので自分に都合が良ければ例え誰かも分からない人が適当に言ったことでも信じてしまいがちです、こればかりはインターネットにおける情報源の「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」が通じないのは人の性なのでしょうね。

    YouTubeについては魅力がニコニコ動画に対して少ないと思っていましたがこの前の15分上限の解除やHD対応、さらに2Gを超えるアップロードも可能等どんどん進化しています、現在ニコニコ動画はプレミアムに登録していますがやはり100MB制限に悩まされることがこの頃多いです、ある程度動画の質を自由に出来るのと深いコミュニケーションの形成を取ることができる点では今のところニコニコ動画に分がありますが今回の件でYouTubeの魅力がまた一つ増えたのは間違いありません。

    ということでYouTubeからのせっかくのお誘いですので審査を受けてみました。

    収益動画とは

    収益動画はYouTube パートナーシップ プログラムとは別であり詳しくはYouTube パートナーシップ プログラムの一部の機能のみを限定的に解放した形となります、非常に混同しやすいので注意が必要です、私も最初は理解できませんでした(YouTube パートナーシップは自由に動画に対して収益動画の設定が出来るがYouTube パートナーシップになるための審査は厳しく片手間で投稿した動画の寄せ集めでは通らない)、収益動画についてはYouTubeが見込みがある動画に対してのみユーザーへ連絡が行くかたちになっていますのでこちらから収益動画にしてもらいたいというリクエストなどはできません。

    審査について

    運良くお誘いが来ても審査に通る必要があります、基本的なことですがYouTubeの利用規約コミュニティ ガイドラインを順守したうえでさらにYouTube パートナーシップ プログラムの規約を順守している必要があります、長くて眠たくなりそうな規約ですので読み飛ばしたくなるのは分かりますがこれはお金のやりとりが発生するビジネスです、そしてビジネスにおける規約は契約の全てといっていいほど重要な意味を持ちますので隅々まで読みしっかり理解する必要があります、後から「読んでなかったので知らなかった」はビジネスの世界では通用しません。

    対象となるにはある再生数意外にもある程度の条件があります、これは収益受け取りプログラムの条件に詳しく記載してありますが簡単にいうと全て商用使用許可をもらった素材で作った動画でないといけないということです、詳しく言うと借りたコンテンツの権利者にYouTubeの収益動画になることを説明し相手に許可をもらいそれを証明する必要があります。

    インターネット上にあるからといって、そのコンテンツに著作権がないということにはなりません。
    対価を支払ったからといって、動画で使用する許可を得たということにはなりません。

    については特に勘違いしやすいので注意されていますが、ネットに公開してあるフリー素材だからといっても勝手に使うことはできません、ハッキリと権利者が商用が可能なことを明示している必要があります、また有料であっても商用への利用が認められているわけではないのでネットで安易に拾ったものを使用することはできません。
    こうなると一般の人は使える素材が限られてくるので難関だと思います。

    ※詳しくはパートナー向けヘルプセンターに書いてありますのでそちらを参考にしてください。

    次に収益動画とする場合はレポートを提出する必要があります、ここで権利者の許可をもらっているのかを詳しく書きYouTubeが審査するというわけです。
    今回は私の所有する車を私人身が運転し私の所有する機材を使い撮影をしたというレポートを提出しました、詳しく書いてと言われてもBGMも無いような動画ですからこれしか書くことができません、本当にこれで審査に通るのかと思っていたら当日速攻で審査をパスしたのには笑ってしまいました、長いときは2週間程度審査に時間が掛かるようですので気長に待ちましょう。

    これで終わりかと思ったらまだ審査があります、YouTubeの収益動画はGoogleが運用しているADSenceで収入を管理します、こちらも審査に通らないといけないのですが今回の場合は相手側からのお誘いとあってすんなり審査に通りました。
    普通に審査を受けると通らないこともあるようですから今回は運がいいといってもいいでしょう。

    全て審査に通り IS03車載動画 12月の秋吉台 720p は無事収益動画になりました、収益動画になるとこのように埋め込み型動画とYoutubeの動画ページに広告が入るようになりますが決して自分でクリックしてはいけません、禁則事項で契約破棄に繋がります、これが結構後を絶たないようで問題になっているようです、また規約違反をしていないのに一方的に契約が破棄されたとGoogle側と揉めている報告もネットではみられます。

    IS03で試しに見てみましたが今現在スマートフォンで見るには広告は表示されないようです。

    これが現実だ!

    では一般人が特に収益動画を目指さずに投稿した動画がたまたま収益動画になってどれぐらいの収入があるのか公開!したかったのですが残念、規約に抵触する可能性がありますので出来ないようです、但し支払いがあったその額を正しい数値で明記するのは違反ではないようです(7. 守秘義務( c ))。
    ちなみに2011年1月11日現在で3桁いってません・・・ですよねー。
    広告報酬の高いGoogleですらこんなものです、広告で収入がとかいうのは片手間で出来るものではないことが分かりましたでしょうか、ただ私は成功しないと言いたいわけではありません、やるからには本気で頑張って素晴らしいコンテンツを生み出さないと成功はしないといいたいのです。

    ちなみに1万円にならないと支払処理ができませんのでこのままだと1年以上必要になりますが、2ヶ月以上にわ渡り十分なクリックがない場合はGoogle側の判断により契約を破棄することができるようで(規約 6. 終了、取消より)、このままだとなんか終わりそうな気が・・・

    実は規約に抵触する可能性があるためこの記事を一部編集をしました、これほどピリピリするのは訳があって規約では一度違反によって契約が破棄された場合同じサイトで二度と広告が使えないそうです、またそのような状況において新規に広告収入目的でアカウントを取ることも規約に違反するようです(5. 使用の禁止 (x))、これらの厳しい基準を守るために編集をしました。

    なんだか法律とか規約って難しいですね、頭が痛くなりそうですが契約時に規約に同意しているわけですから、知らなかったや読んでいなかったは通用しませんのでしっかり読んでおきましょう。

    ※2011年1月11日編集

    アクセスアップは英語にあり

    さてIS03人気にあやかっているだけでこれから先の動画再生の伸びは期待できないこの動画をどうしたらアクセスを延ばすことが出来るのだろうか考えてみました。
    まずは現状分析をするため動画ページにある「この動画の統計情報を活用」で詳細を見てみます。 

    IS03車載動画 12月の秋吉台 720pのアクセス詳細

    国別アクセス数は圧倒的に日本なのですがそれもそのはずです、IS03だし何しろタイトルが日本語ですので、そこで英語圏の人にアクセスしてもらうため英語タイトルをつけてみました、「Japanese tourist Akiyoshidai(Driver view)」 がそうです、表記があっているか機械翻訳なので怪しいのですがYouTubeで英語表記のタイトルが日本語に翻訳されたものは変なタイトルになっているのを見ると検索するには案外問題はないのかもしれません、ある意味タイトルもタグみたいなものです。
    実際に英語表記のタイトルを付けるとグラフAの少し右にある緩やかなアクセス数の増加が結果として現れてきました。

    しかし英語は強いですね、専門用語ならわかるので過去に激流を制するは清流!GAMESPLANETでCall of Duty Black Opsを買う方法!!を書いているのですが、しゃべることはできませんし生活で使うレベルで読み書きできるわけでも無し正直英語を勉強すべきだったと僅かながら反省しているところです。


    なんか商売人になってきたな!と思うかもしれませんが収入が発生することで確かにモチベーションは上がります、でも大切なことはお金ばかりを追いすぎてブログを見てくれる人を置いてきぼりにしないことです、充実したコンテンツがあって初めて見てくれるのですから今以上に充実したコンテンツを作成して今後も人のためになる場所を提供していたいと気を引きしめて記事を書いていきたいと思います。




    このページのトップヘ