フェイスクッションの交換


前回のフィット感向上を目指した改善では、大きな不満だったメガネ装着時と頬の圧迫感から解放されました。

それでも、フェイスクッションについてはまだ不満が残るところがあり、一部のVIVEユーザーの間では有力な方法としてあがっている「フェイスクッションの交換」をしてみることにしました。
クッション

VIVEのフェイスクッションはウレタン製で柔らかいのですが、暑苦しく、また、厚みもあるため目とレンズの位置が離れてしまい、没入感を減少させる原因になっています。

それだけではなく、このフェイスクッションは水洗い厳禁のため、皮脂汚れや吸い込んだ汗は徹底的に洗うこともできないという困りものでもあります。

パッケージ

それらを一気に解決するため、スマートフォン用VRゴーグルのフェイスクッションと交換するという方法を試してみるため、こいつを用意してみました。

スマートフォン用VRゴーグルの「キンガ 3Dメガネ VR ゴーグル VR BOX」です。これがVIVEのための生け贄となります。

キンガ 3Dメガネ VR ゴーグル VR BOXは数ある中華製のスマホ用VRゴーグルの中で、安価かつ無加工でVIVEに装着が可能なモデルと言われていたので入手してみました。

キンガ 3Dメガネ VR ゴーグル VR BOX

中身を取り出してみると、簡素な作りのVRゴーグルが出てきました。

スライドさせて使うという設計

スマートフォンをはめる部分は蓋もなく、スマートフォンをそのままスライドさせて使うという設計で、スマートフォンの幅が足りないと隙間から光が入って没入感台無しという酷い設計です。

瞳孔間距離の調整

しかし、価格なりには良くできている部分もあり、瞳孔間距離の調整ができるようになっています。

フェイスクッションをはぎ取り

ざっと本体を眺めて満足したので、一番大切なフェイスクッションをはぎ取ります。

VIVEのフェイスクッションと並べて

VIVEのフェイスクッションと並べてみました。キンガ 3Dメガネ VR ゴーグル VR BOXのフェイスクッションは合皮レザーのような表面で、厚みも幅も薄いため少し頼りなさを感じます。

フェイスクッションの交換

しかし、フィッティングについては情報通りバッチリで、裏側はVIVEと同じくベロクロになっているのでVIVEのゴーグルにぴたっと装着することできます。

しかも、このフェイスクッションは肌への密着感が良好で、VIVEのゴーグルが張り付くように顔にフィットするようになります。

細く、頼りない幅でもしっかりと顔に張り付くため、プレイ中に頭を振ってもゴーグルがずれる心配はほとんどといっていいほど無くなりますし、サイドのバンドを少しきつめに締めると真下を向いてもゴーグルが離れにくいのでゲームのプレイ中にゴーグルのフィット感を気にすることが少なくなりました。

純正のフェイスクッションと比較すると吸水性が劣るため、汗を大量にかくと滑りやすくはなりますが、吸水性が劣る分、汗や皮脂を吸い込みにくく手入れも簡単なので手入れはしやすいと感じます。

装着後はレンズと目の間の距離も短縮されるため、視野が気持ち広がるため没入感も若干ですが増す効果もありました。

キンガ 3Dメガネ VR ゴーグル VR BOXは千円程度で手に入るので、VIVEのフェイスクッションに不満があるのであれば一度試してみて損はないでしょう。