SRS-X33

最近、中庭にガーデンテーブルとチェアが用意されたこともあり、たまに外で珈琲を飲むことがあるのですが、やはり音楽がないと寂しいと思い、スマホと接続できるポータブルタイプのスピーカーを探してみることにしました。

ワイヤレスタイプのポータブルスピーカーは初めて購入するため、どのようなものが良いのか、使い方と価格で探したところ目についたのがSONYのSRS-X33でした。

サイズが小さいため、スマホより大きな音が出ればいいかな程度で使ってみると、なんと驚きの出音に思わす背筋がぞくっとしてしまいました。


SONYのSRS-X33はBluetoothで接続するタイプのポータブルスピーカーです。内蔵したバッテリーにより稼動するため、持ち運んで使用するには最適なスピーカーとなっています。

付属品

付属品はSRS-X33本体のほか、充電用のUSBアダプターとマイクロUSBケーブルとなっています。

持ち運びしやすいサイズ

SRS-X33本体はポータブルタイプのため、約185mm×60mm×59mmという持ち運びしやすいサイズになっています。

操作用のボタン

上部には操作用のボタンがついており、電源のON/OFF、ボリューム、ペアリング、SOUNDボタンの他、ハンズフリー通話モードボタンも用意されています。

スマホとの接続が主になるため、電話がかかってきてもSRS-X33で対応できるのは、よく考えてあるなと感じるところです。

裏側

裏側にもパンチングメッシュのカバーが張り巡らされていますが、この中には重低音用のスピーカーが備え付けられており、小さいボディサイズから信じられないほどの重低音を出せるようになっています。

microUSBコネクタとステレオミニジャック

左下部には、充電用のマイクロUSBコネクターと有線で接続するためのステレオミニジャックが用意されています。Bluetoothで接続できなくとも、ステレオミニジャックがあるので、大抵のオーディオ機器は接続ができます。

マイクロUSBケーブル

充電は付属のUSB電源アダプターとマイクロUSBケーブルで行います。Androidスマートフォンなら充電にマイクロUSBケーブルを使うため、スマホ用のマイクロUSBケーブルが共用できるのが嬉しいところです。

USB電源アダプター

ただ、付属のUSB電源アダプターの出力が5V 1.5Aと大きめの出力で、充電時に実測1.3A程度出ていたこともあり、1.5A以下のUSB電源アダプターを使う際は充電時間が延びてしまいます。

充電状態

ケーブルを差込み充電状態に入るとCHARGEランプが点灯し、充電状態であることを知らせてくれます。

このまま電源を入れると、充電しながらスピーカーが使える状態になりますが、充電しながら使用するのはバッテリーに負荷がかかり寿命が短くなるのでお勧めしません。

実測で709g

SRS-X33を箱から出して最初に感じたのが「重い」ということでした。このサイズにしては重たく、持ち運ぶにしては重めの重量だと感じたので計測してみましたが、実測で709gもありました。

ポータブルとはいえども、あれこれ入れた鞄に追加で入れて持ち歩くには少し厳しい重量です。

ただし、この重量は何もデメリットばかりだけではなく、この重量があるおかげで重低音の出音は素晴らしく、サイズに似合わない太い音が楽しめます。

ペアリング

SRS-X33はBluetoothで接続することでポテンシャルを発揮します。しかも、Bluetoothのペアリングは最大8台まで登録することができるため、一度ペアリングをしてしまえば、使い回す際に毎回ペアリングをし直す必要はありません。

初回のペアリングはiPhone5sで実施してみましたが、あっけないほど簡単に接続できました。
 
ペアリング

接続はSRS-X33を起動し、SRS-X33のBluetoothランプが点滅していることを確認したら、iPhone側のBluetoothをONにし、Bluetooth設定のその他のデバイス欄にSRS-X33が表示されるまで待ちます。

SRS-X33が表示されたらタッチしてペアリング完了です。この状態で動画や音楽を再生するとSRS-X33から音が出てきます。

PCとの接続も可能

もちろん、Bluetooth機能が搭載されているPCとの接続も可能です。SRS-X33の出音はそこらのノートPCより遥かにいい音が楽しめますので、スピーカーの音に満足していないならお勧めです。コードもないのでノートPCを持ち運ぶ際に邪魔になりません。

SRS-X33のBluetoothのペアリングは最大8台ということもあり、スマホやノートPC、また、タブレットPCを持っているのであれば共用して使わない手はありません。

Bluetoothアダプタ

Bluetooth機能が付いていないPCでも、USBコネクタに接続するBluetoothアダプタを取付ければ、SRS-X33と接続が可能になります。
※写真はPLANEX T-Micro3E1XZ

他にも、NFC機能がついているスマホやタブレットPCでは、NFCによるワンタッチ接続でペアリングが可能になっています。
出音は素晴らしい

出音については、最初にスピーカーから出た音を聞いてビックリ!本当にこの小さなスピーカーから出ているのか疑ってしまうほどの出音でした。澄んだ綺麗な高音と、柔らかくも太い重低音に思わず背筋がぞくっとしたほどです。

SOUND効果

また、音の広がりを助けるSOUND効果を入れると、まるでセパレートタイプのステレオスピーカーのように音が広がります。

FM音源のような一つ一つの音が太くて分かれているような音が主体の音楽では効果が薄いのですが、一般的に聞かれる音楽では、効果が入ると音が広がり、まるでスピーカーが存在しない箇所から音が出てくるように広がりを感じます。

そのうえ、音全体のバランスは破綻せず、安っぽいエフェクトのような違和感が無いので、聞いていて疲れることがありません。

重低音は前面と背面に用意されたスピーカーが担当し、ガッシリとして重たいボディが音量を上げた際の重低音の破綻を防ぎ、安物スピーカーにありがちなポコポコとした軽い音は出てきません。

合計20Wの出力
さらに、10W+10Wの合計20Wの出力は10畳の私の部屋であれば有余るほどの出力で、屋外では音量を最大にすれば5m離れていてもややうるさいと感じる程パワフルです。

さすが合計20Wだけあって、パッシブラジエーターがボコボコと動き、ボディサイズからは信じられないほど太い重低音が飛び出て驚かされます。机の上に置くと、重低音で机がビリビリと揺れているのが分るほどです。

連続稼動時間

出力が大きいとそれだけバッテリーの消費が激しいことになるのですが、仕様上ではBluetooth接続時の連続稼動時間は12時間となっています。

ただし、ポータブルスピーカーの稼動時間計測は自動車の燃費のように明確な基準があるわけではなく、メーカーによっては実用を無視して小さな音量で再生した時間を表記していることもあるそうです。

また、SRS-X33では、バッテリーの残量が減ると自動的に音量を一定量まで絞って稼動時間を延ばす機能がついており、実用レベルでの連続稼動時間は実際に計測してみないと分らない状態だったので、実用レベルで計測してみました。

計測は、満充電状態から10畳の部屋で1人が音楽を聞くに十分な音量(iPhone5s接続時40%のボリューム相当)で連続稼動時間を計測してみました。

結果は9時間40分でした。最大音量の場合は3時間を切るらしいですが、1人で使う場合を想定するのであれば十二分なスタミナといえます。

キャリングケース

ちなみに、SRS-X33を持ち運ぶ際に裸のままだと傷が入りそうだったので、合わせて専用のキャリングケースも購入しておきました。

コンパクトに折りたたむ

SRS-X33が入っていない際はコンパクトに折りたたむことができ、無駄なスペースを取りません。

SRS-X33が納まる

さすが専用のケースだけ合ってキッチリとSRS-X33が納まります。鞄などに入れて持ち運ぶことが多いのであれば、専用キャリングケースを合わて買っておくといいかもしれません。

まとめ

SRS-X33はスマホやタブレットPC、ノートPCといった、スピーカーの音量や音質が低い機器と組み合わせるのに最適で、 それらの機器が複数あったとしても共有できるため、モバイル機器をよりよい音を楽しみたいのであれば選択すべき1台にあげられます。

重さはありますがその分重低音の迫力が強化され、音楽を聞くだけでなく、動画やゲームの音を迫力ある音で楽しむことで、臨場感も増すというものです。 

最近は、外にSRS-X33を持ち出しスマホと接続して音楽を楽しんでいますが、屋外でもしっかりと音が楽しめるので重宝しています。