SONY MDR-EX110LP

PCは基本スピーカーから音を出しているため、イヤホンはほとんど使用しないのですが、深夜、家族の迷惑になりそうなときのみ使用していたイヤホンが壊れてしまったため、新しくイヤホンを探すことにしました。

安価で良い物をと探して見つけたのが密閉型インナーイヤーレシーバー SONY MDR-EX110LPでしたが、使ってみるとSONYらしい高音の抜けが気持ちよいイヤホンでした。
パッケージ

基本的にスピーカーで音を聞くため、あまり高価なイヤホンを選んでも、もったいないだけ。数千円で収まる予算で、できる限り良いものを探した結果なのですが、SONYを選んだのには音が肌に合うからです。

肌に合う音

高音の抜けの良さ、くどさのない低音がSONYの良いところで、メインで使ってきたイヤホンはSONY製が殆どでした。


パッケージ裏
今まで使ってきたSONY製のイヤホンでハズレはないと思っていますが、家電メーカーというか多角企業となったいまでも、音響メーカーとしての品質は受け継いでいるからではと感じます。

イヤホン部分


話はややそれましたが、SONY MDR-EX110LPのレビューに戻り、パッケージを開封して中身とご対面です。

デザインは良し

デザインは良し。サイズも小ぶりで装着してもフレームが干渉しないサイズです。絡みにくいコード表面の加工など、基本的なところはしっかりと抑えていると感じます。

左右が分るように左側に突起が

また、暗所や本体を見なくとも左右が分るように左側のみ突起がついており、指先で触れば分るようになっています。こういう小さいことでも、案外そのメリットは大きかったりすることもあります。

イヤーピース

イヤーピースは固くもなく柔らかすぎず、かといって耳に固定するには十分なフィット感です。長時間の装着でもあまり違和感を感じません。

イヤーピースの替え

イヤーピースには別のサイズが用意してあり、左右ペア同士、色で見分けがつくようになっています。

アジャスター

さらに、コードの長さを調整できるアジャスターもついているなど、千円弱で買えるイヤホンにしてはなかなか豪華です。

なかなか便利

前に使っていたイヤホンはコードリール式だったので、長さの調整が簡単にできたのですが、今回はストレートタイプなので、アジャスターがあるのは嬉しい点です。

コネクタは細身

コネクタ部分はL字型。細身のコネクタなので、イヤホン部分の設計がタイトなスマホケースにも対応しています。

iPhoneのケースにも

試しにイヤホン部分のホールがタイトなiPhone5sケースSPIGEN SGP iPhone5/5S ケース ネオ・ハイブリッド EX スリムに差込んでみましたが余裕でした。

千円ちょいでこの音はアリ

音質についてはSONYらしい高音の抜けの良さを感じます。ボーカルの声も抜けがよい高音のおかげでクリアで、女性のボーカルが入っている曲を聴くと思わずうっとりしてしまいます。

ただし、低音については強調しすぎです。無理をして低音を強調しているのか、低音が強い曲だと、とたんに中高音域の抜けが悪くなり、折角の持ち味が台無しなってしまいます。

イコライザが使えない場合は、曲によって相性が激しく分かれることになってしまいますが、イコライザで低音を絞り、低音域を抑えてやるとほとんどのジャンルに対応する万能選手に変わります。

基本的な所はしっかりと抑えこの音質、価格からすれば十分、いや、十分以上のものを感じます。それほど使う頻度はありませんが、それでもできるだけ良い物をと思っていましたが、どうやらはずれを引くことにはなりませんでした。

AT-HPP33

ついでにSONY MDR-EX110LPにはケースが無いので、オーディオテクニカのヘッドホンキャリングケースAT-HPP33を合わせて購入しておきました。

オシャレなケース

皮のような表面にステッチ付と、なかなかオシャレなケースですが、実はMDR-EX110LPよりも高かったりします。

イヤホン収納

でも、これで机の上に無造作にイヤホンを置くことも無くなりますので、個人的には必須アイテムです。


まとめ

今回は久しぶりのイヤホン更新でしたが、千円弱という玉石混合の価格帯のなかではかなり頑張っていると感じるSONYのMDR-EX110LPでした。

低音が強調しすぎなところはありますが、イコライザーで調整すれば万能選手に化けてくれます。

使用頻度は少ないため、コストパフォーマンスを最重視しましたが、なかなか良いイヤホンを手に入れたと感じるお買い物でした。