ビフォアアフター

ノートPCのThinkPadなどに採用されている他、周辺機器でも良く観るようになったラバー塗装。高級感が出るので見た目は良いものの、使っていくうちに劣化してベタベタになっていることがあります。

私の所有しているマウス、キーボードのラバー塗装も劣化してベタベタしており、気持ち悪くて前から何とかならないかと思いベタベタを取る方法を試してみました。
このラバー塗装ですが、ラバーコーティングとも呼ばれおり、名前の通りゴムによるコーティングをかけたものです。

ベタベタになったラバーコーティング

ゴムというのは加水分解(水に反応して化学反応を起こす)して劣化する特性があり、ラバー塗装もゴムゆえに使わなくとも時間と共に劣化してしまいます。その結果がベタベタするあの現象です。

無水エタノール

ラバー塗装を剥がすために用意するのはエタノールです。ホームセンターやドラッグストアで売っている消毒用のアルコールでもある程度効果がありますが、これらの成分はエタノールの他に水分が入っており、電子製品に使うには慎重になる必要があります。

最も効果があるのは無水エタノールで、名前のとおり水分が含まれていない(写真のものは99.5%エタノール)ため電子製品に比較的安心して使えますし、成分がエタノールのみのため除去効果が消毒用のものよりも強くなっています。
昔は綺麗だった・・・

今回ラバー塗装を取り除くのはこちらのキーボード。ラバー塗装で質感は良かったのは数年前まで。今では劣化したラバー塗装でベタベタしています。

メラミンスポンジ

メラミンスポンジや使わなくなったクリーニングクロスなどに染みこませてひたすら拭き続けます。

エタノールは可燃性なので使用する際は火気に注意してください。また、アルコール類は発火しても火炎が見えないため、近くにいないと気付きにくい特性があります。

他にも閉鎖空間でエタノールを使うと気化したエタノールが体内に吸収されて酔っぱらうこともあるので換気も忘れないように。

粉を吹く

磨いていると白く粉を吹いた状態になります。この粉を払い、まだラバー塗装が残っている部分を徹底的に磨いていきます。

ラバー塗装剥離後

数十分ごしごしと磨いていると・・・気化したエタノールを吸い込んで気持ちよくなります!!そして手元にはベタベタだったラバー塗装が綺麗にとれたキーボードが!決して酔ったからではありませんよ。

ちなみにシールのノリはベンゼンで溶かして除去しました。

小さい傷は入る

メラミンスポンジでゴシゴシと磨いたため小さい傷が入っていますがベタベタはありません。

DeathAdderも綺麗に

他にもゲーミングマウスのRazer DeathAdderもラバー塗装を剥がしました。こちらは毎日使うものだけにベタベタしているのがかなり気になっていたのですが、今では綺麗にラバー塗装が落ちサラサラした触感になっています。

周辺機器だけでなくカメラのグリップなどでも使える手法なので、ラバー塗装が劣化してきたら試してみると良いかもしれません。
※表面が痛む可能性があるので目立たない箇所で試してから使用をお勧めします。