背景紙

前回人物撮影用に撮影ブースに新機材を導入しましたが、背景布については不満を感じていたため改めて背景紙を導入してみました。結果は高価でしたが満足行く結果となりました。

スーペリア製の背景紙

今回導入したのはスーペリア製の背景紙で、幅2.72m×5.5mの個人が趣味使うレベルでは大きめのサイズとなっています。かなり大きく私の部屋では部屋の幅ギリギリで納めることができるサイズです。

長すぎぃ

運良く配置の関係でドアの外から背景スタンドへ差込むことができたものの、スタンドの位置が悪ければスタンドへの挿入で間違いなく壁にぶち当っていたでしょう。部屋の幅が背景紙の幅以上あるからといっても、スタンドに取り付けられなければ使えないので購入時はその点を注意しておいた方が良いと思います。

クロマキーブルー

前回の背景布は白色のみでしたが、今回は白色と一緒にクロマキーブルーも導入してみました。部屋の幅の限界で縦にカメラをして撮影しないと全身が入らないため、いっそ合成してしまえば後から横にして自由に編集できるはずだと考えて試験的に導入してみました。

全身撮影までばっちり

まずは白色の背景紙ですが、大型商品から人物の全身撮影までばっちり役目を果してくれます。切り抜きも簡単ですし前回問題となっていた背景布のシワやたわみによる影もありません。

小物にはオーバースペック

ただし、テーブルの幅が足りないと紙が折れるので、テーブルも幅広のものか紙を支えるものが必要になってきます。

そして、今回どうなるか結果が分からなかったクロマキーブルーですが、PremiaProのプリセットエフェクトで調整しただけでも条件を満たした結果を得られることができました。

光源の反射により青色に写る箇所があるのはクロマキーで常に問題となるところですが、これについては気にするかどうかの問題で、クロマキーが使えることを考えたらさしたる問題でないと現時点では考えています。後、すこし切り抜きが甘いのは光源の当てかたで出てくる現象ですが、これは光源の調整次第でどうにかなると踏んでいます。

今回は紙とはいえかなり高額で、人生で初めて紙を買って高いなと感じたのですが、その価格に見合う仕事はしてくれた結果となりました。写真、動画ともにレベルアップできそうだなとモチベーションも上がり、クリエイティブな思考で撮影に取りかかれそうです。