Apple Lightning Digital AVアダプタ パッケージ

前回iPhone 5sのスローモーション機能を使ってエアガンの撮影をしてみたのですが、その後色々と使ってみてかなり面白い動画が撮れると実感することが数多くありました。

そこで、動画の撮影機材として本格的に仲間入りさせようと思い、撮影機材として最大の不満である映像出力を可能にするためApple Lightning Digital AVアダプタを購入してみました。

Apple Lightning Digital AVアダプタ パッケージ裏

Lightningケーブルには過去に説明したとおり認証問題があるため、純正及びApple認証以外の製品はOSのアップデートで弾かれれる可能性があります。周辺機器もしかりのため、映像出力をするならば純正品のApple Lightning Digital AVアダプタを使用するのが一番安全です。

そこでApple Lightning Digital AVを購入したのですが、絶賛できる状態ではなく少し問題もあるようです。

その問題とは、Apple Lightning Digital AVはアップコンバーターで解像度を上げていることが発覚しユーザーが不満を募らせています。

1080pの動画をフルスケーリングで再生できないだけでなく、変換時に生じるラグも問題としてあげられており、実際にスローモーション撮影時はラグは酷いものでリアルタイムの映像描写はまったく期待できません。

大まかな確認用になりますが、それでも映像出力ができるのとできないのでは雲泥の差がありますので、個人的にはこの問題は特に感じないのですが、多くの人が期待するであろう動画再生で使用すると不満が出てくるかもしれません。

結構なサイズ

早速届いた箱を開けてみるとiPhone 5sで使うには結構大きなサイズのコネクタが出てきました。

HDMIとLightningコネクタが併設

大きい理由は先のアップコンバーターが内蔵されているのと、充電用のLightningコネクタが併設されているからで、充電しながら映像と音声をHDMIから出力できるようになっています。

コネクタサイズが大きい 

ネガティーボ

早速取り付けようと思ったのですが、困ったことに充電兼通信用のLightningケーブルよりもコネクタの太さが大きく、SPIGEN SGP iPhone5/5S ケース ネオ・ハイブリッド EX スリムを装備している状態では取り付けることができませんでした。バンパーやケースを装着している場合は要注意です。

iPhoneの画面が映るぞ

付属品はこれだけなので別途HDMIケーブルを用意する必要がありますが、HDMIケーブルさえ用意してやればパソコンのモニター・プロジェクター・デジタルTV・そし今回接続したフィールドモニターに映像を映すことができます。

iPhoneを使った撮影システム

手持ちの撮影機材と前回購入したスマートフォン用三脚マウントClasp for smartphoneと組み合わせ、スマートフォン用撮影システムを構築してみましたが、テストで数回使用してみて必要な要件は満たしていると感じました。

ただ、実際の撮影には未だ投入しておらず、今後撮影時に使う予定して最終的な評価を決めたいと思っています。

なお、Apple Lightning Digital AVはiPhone5s以外に手持ちのiPad miniでも使用することができるので、プレゼンで使用するなど活用の幅は広がりそうです。