REGZA H7000

デジタルTVにはHDDを内蔵してTV単体で録画できるものがあります。我が家にあるREGZA H7000もその一つですが、困ったことに内蔵HDDの寿命が来てしまいました。

交換しようにも内蔵HDDは専用品のうえ、300GBの容量で2万円以上と高価なため、内蔵HDDをあきらめ外部HDDの取り付けにチャレンジしてみました。
REGZA H7000は外部HDDを取り付けることができるのですが、外部HDDの取り付けはUSBではなくeSATAという少し特殊なコネクタを使用して取り付ける必要があります。

eSATAはパソコンではたまに使うコネクタなのですが、USBの利便性には勝てず、USB3.0が出た今となっては転送速度のメリットもなくなったのでeSATA自体が廃れ気味となっています。

USB3.0の外付けHDDならば選択肢は数多くあるのですが、eSATAで接続できる外付けHDDはほとんどありません。

My Book AV WDBABT0010HBK

そのなかで今回選んだのはHDDメーカーWDが自ら販売しているMy Book AV WDBABT0010HBKです。選んだ理由は単純に価格が安いという理由です。

REGZA H7000のサポートする外付けHDDではないのですが、eSATAなら繋がるし大丈夫でしょ!とのりで買ったら後から痛い目を見ることになりました。

冷却に気を使っている設計

このMy Book AV WDBABT0010HBK。単に外付けHDDとして見た場合、国内メーカー品のファンレスモデルよりも冷却に気をつかっている設計になっており、デザインも悪くないので普通に外付けHDDとして使うのもありかなと感じます。

1~2世代以前のPCだとUSB3.0に対応していないものも多く、eSATAで接続できるのであればUSB3.0並の速度で使える外付けHDDが手に入ることになります。

eSATA

実際に転送計測してみましたが、USB3.0やHDDをSATAで直接MBに接続した場合と遜色ない速度を計測しています。

もちろんUSB2.0で接続も可能で、PCの電源に連動してこのMy Book AV WDBABT0010HBKの電源も自動的にON/OFFになります(eSATA接続時も連動可)。

ビデオカメラ用のコネクタ付

My Book AV WDBABT0010HBKはデジタルビデオカメラから直接HDDに動画を転送できる機種用に、転送専用ケーブルまで付けているなどマルチメディアを強く意識した外付けHDDとなっています。

サンワサプライのeSATAケーブル

USB2.0ケーブルは同梱されていましたが、残念ながらeSATAケーブルは同梱されていなかったので、別途サンワサプライのTK-ESATA-1を購入しておきました。

結果から書くと、実際にこのMy Book AV WDBABT0010HBKをREGZA H7000に取り付けてみたのですが、まったく使い物になりませんでした。

取り付けには手順があり、REGZA H7000電源を切り電源コードを抜き、eSATAコネクタにHDDを取り付け、HDD側の電源が入った状態でREGZA H7000の電源コードを差し込み電源を入れ、設定メニューから外部HDDの登録作業に入るのですが、認識の際にエラーが表示されて登録できませんでした。

※HDDはFAT32でフォーマットされていないと認識しません
※フォーマットするにはバッファローのFAT32フォーマッタが使いやすくお勧めです

結局1時間REGZA H7000の前で四苦八苦しながら、なんとか認識させようとしたものの、結局ダメということであきらめました。

しかし、ここで話は終わりません。実はこの試みの前に保険を掛けておいたのです。

何の考えも無しに取り付けに失敗しても困るため、あらかじめPCで使う汎用の内蔵HDDを、REGZA H7000の外部HDDとして取り付ける実験をし、成功したうえで今回の外付けHDDを取付ける試みを実行していました。

SATA兼パラレル4pin電源

その際に使ったのがSATA電源(パラレル4pinにも使える)TIMELY ドライブ用AC電源 UD-ACDC100NS(Amazonへ飛びます)と・・・

eSATA-SATAケーブル

どこかの(エレコム製?)SATA-eSATAケーブルです。

eSATAとSATAコネクタは形状が違うだけ

実際の所SATAとeSATAの違いはコネクタの形状だけで、SATA-eSATAケーブルと電源さえ用意すれば、SATAのHDDをeSATAを搭載したPCなどに取り付けることができます。

分解

そこでWDのMy Book AV WDBABT0010HBKの殻割りをし、内蔵HDDを取り出して使うことにしました。

WD10EUCX

中身はWDのWD10EUCXが入っていました。WD10EUCXは省エネモデルで回転数が低いため転送速度は劣るものの、静音性や消費電力は優秀なHDDです。

転送速度がたいして必要のない、動画の録画に使うにはもってこいのHDDといえます。

REGZA H7000とSATA HDD

さっそく殻割りして出したWD10EUCXをREGZA H7000に取り付けてみたのですが、先ほどまで拒んでいたのが嘘のようにあっさりと認識してくれました。

さらに、REGZAがHDDの電源制御までしてくれるので、REGZAの電源がOFFになればHDDのスピンが停止して待機状態に入ります。

制御基盤

その後、録画テストをしてみましたが内蔵HDDと同じように稼働しています。どうやら原因はコネクタを変換するための基盤にありそうです。

電源連動機能はHDD単体には存在しない機能なので、この基盤で後から制御していると考えるのが妥当でしょう。その制御がREGZA H7000に取り付けた際に逆に邪魔になって認識エラーが出たのではと推測されます。

H7000にSATA接続のHDDを取付けならこれで

見かけは悪いものの、REGZA H7000に外部HDDを取り付ける際は内蔵HDD(FAT32でフォーマット必須)とSATA電源、SATA-eSATAケーブルの3点を購入すれば大丈夫ということになります。

今なら手軽に手に入る2TBのHDDを使えば、内蔵HDDの6倍以上もの録画時間が手に入るので、内蔵HDDが壊れた場合の処置としてだけでなく、増設する目的にもこの方法はお勧めです。