バンパーでイメージチェンジ

ストレス無く動き快調のiPhone5s。傷から保護するため、購入時からケースは付けていたものの、近いうちに好みのケースを付けるぞと思って、前回物欲を満たせそうなケースやバンパーを探してみたのですが、最終的にSPIGENSGPiPhone5/5Sケースネオ・ハイブリッドEXスリムに落ち着きました。
気合いの入ったパッケージ

まずパッケージからですが、クリアのプラケースとかなり気合いが入っています。バンパーを保護するためとはいえ、パッケージを見ただけで期待がふくらみます。

内容物一覧

内容物一覧

SPIGEN SGP iPhone5/5S ケース ネオ・ハイブリッド EX スリム
液晶面保護シート
背面保護シート(3ピース)
クリーニングクロス

ビビットなダンテレッド

SPIGEN SGP iPhone5/5S ケース ネオ・ハイブリッド EX スリムはビビッドな原色から、パステル帳のやわらかい色まで多種ありますが、今回選んだのは派手な色でiPhone5sを引き立てるダンテレッドです。

柔らかい

バンパーを取り出したときの第一印象は「やわらかい」でした。見ての通りつまんだだけでグニャっと曲がるフレキシブルなバンパーでiPhone5sに的確にフィットするように作られています。

2ピース構造

細部までしっかりした作り

このバンパーは2ピース構造で、プラ製のフレームとゴム製のインナーで構成されており、ゴムインナーにはボタンを押した際に正確に反応するように加工が施されています。

保護シート

保護シールは液晶面1枚と、背面用3枚の合計4枚で、バンパーで保護しきれない面を守ります。

剥離性は良い

この保護シールは空気が入りにくく、剥離性も良いので失敗しても張り直しが効きます。ただしシールのはぎ方によっては、接着成分が僅かに剥離することもあるのでゆっくりと慎重にはがす必要があります。

カメラ部分カバーできない

また、背面のカメラ部分は完全にはカバーできません。ここが気になるのであれば、別売りの保護シートを組み合わせて使うという方法もあります。

背面保護シート装着時

これが背面の保護シートを貼った状態です。AppleのマークとiPhoneのロゴは少し浮いているため、まわりに若干空気が残りますが、普段使う距離で見るには気になりません。

ここで液晶面の保護シートをといきたいところですが、個人的に液晶面には張るのは好みではないので、そのままにしておきました。

SPIGEN SGP iPhone5/5S ケース ネオ・ハイブリッド EX スリム

さらにバンパーを取り付けると・・・赤い色が黒とマッチングしてiPhone5sの雰囲気がガラッと変わりました!

フィッティング良し

フッティングも良く、変ながたつきや隙間もありません。もちろん樹脂製なので、金属製のバンパーでありがちな電波干渉による通信状態の悪化もありません。

違和感なし

iPhone5s単体もそうでしたがバンパーを付けて撮影しても絵になります。しかも、いろいろな角度から撮影しても困りません。これはデザインの調和が取れているからこそだと思います。

コネクタまわりはタイト

純正ケーブル意外は受け付けにくい

もちろん問題がないわけではなく、ケースに良くあるコネクタとの干渉については、SPIGEN SGP iPhone5/5S ケース ネオ・ハイブリッド EX スリムも例外とはいきません。

純正ライトニングケーブル

見ての通りタイトな設計のコネクタ周りとなっているため、純正のLightningケーブルは問題なく接続できるのですが、社外品のLightningケーブルは干渉する可能性が高そうです。

純正以外のコネクタは・・・

またヘッドフォン端子もタイトな設計で、試しにSONY製のイヤフォンを取り付けてみようと思ったところ、干渉して使えませんでした。

開口部が小さくデザイン製に優れている分、サードパーティーのLightningケーブルやヘッドフォンを選ぶ際はコネクタの大きさに気を使う必要があります。

サウンドスイッチ

また、マナーモードに切り替えるサウンドスイッチは奥まっているので、操作性が若干低下しています。頻繁にマナーモードを切り替える場合は、少し使いづらいと感じるかもしれません。

そのほかの操作については問題なく、ボタンを押したときのカチッという感触がバンパーのボタン越しに伝わるので、バンパーが無いときとか代わりの無い操作性となっています。

バンパーが液晶面や背面を保護

ここで、一操作終えてバンパーを机の上に置いてみたのですが、いつもと感触が違いました。

その理由はバンパーのインナー部分がせり出しているためで、液晶面や背面が直接机などに触れないように設計してあります。

無造作に机の上に放り出しても、バンパーが衝撃を吸収する仕組みです。車のバンパーももとよりその意味で付けられたのが始まりですが、バンパーと名乗るだけあって、役目はしっかりと果しているようです。

最後に一点だけ不満があったのがストラップホールが無いことでした。

私は胸ポケットにケータイを入れていることが多く、作業中、不意に屈んでケータイを落とすことがありますが、落ちないようにストラップクリップで留めているのが習慣となっています。

改造してストラップホールを付けた

SPIGEN SGP iPhone5/5S ケース ネオ・ハイブリッド EX スリムにはストラップホールは用意されていないので、スピーカーのメッシュ部分を1つ取り除き、ストラップホールにしてみました。

ストラップホールを付ける前提で設計されていないため、変に力が加わり破損しないかと心配でしたが、1週間程度使っているのですが、特に問題はないようです。
※改造は自己責任ですので、破損しても保証は効きません。

意外と耐えてくれる

自己責任にはなりますが、ストラップを付けたいという方は参考にしてみてはどうでしょうか。

iPhone5sをイメージチェンジ

まとめ

iPhone5/5Sの保護もさることながら、バンパー装着時の手に収まるフィット感は使っていてシックリきます。

設計上、ケーブルやコネクタ類は干渉するものがあるため要注意な部分がありますが、iPhone5/5Sのイメージをバランスを崩すことなく替えたいと思ったのであれば、まさに打って付けのバンパーです。