EF50mm F1.8 II

手軽な価格と単焦点の描写性能でEFレンズの1本目として人気のEF50mm F1.8 IIですが、EOS Kiss X7iで撮影に使用して再評価してみました。
南蛮渡来

やはりF1.8 という明るさが被写界深度を極端に浅くさせます。少しでもピントがずれると台無しになるのですが、EOS Kiss X7iのモニターは見やすいので、ピントは合わせやすいと感じます。

iPhone5s


マクロレンズではないため接写は難しく、この程度が寄れる限界です。

物撮りにはやはり難しいレンズで、被写体との距離を考えると、屋外で使うのがベストなレンズだと思います。

EOS Kiss X2

背景のボケはぼわっと柔らかい感じでポートレート向きですね。人は出せないので代りにカメラですが。

EFレンズ

レンズの描写性能は単焦点だけに、ピントが合った時のカリッと感はすばらしく。この価格で良くやってくれると感心してしまいます。

ちなみに写真に写っている単焦点のLレンズ、EF100mm F2.8Lマクロ IS USMは開放でも背筋がぞくぞくするほどのピントのしっかり感がたまりません。

ズームと違い取り回しは落ちますが、単焦点は描写性能が良いレンズが多いです。

GLOCK


古い設計のためAFモーターやギヤノイズは大きいですが、そこは価格なりといったところ。動画用に使うにしろAFノイズはついて回る問題です。

写真用と割り切ってつかうか、編集で音声をBGMに差し替えで使う方法で活用はできます。

タマネギ


このレンズを使うと日常のありきたりなシーンを作品に仕上げることができます。おもむろに被写体にカメラを向けると、そこには別の世界が広がっていると認識させてくれます。

ガーベラ

それがEF50mm F1.8 IIです。設計が古いにも関わらず、今でも人気の秘密は、価格の割にこの描写性能だからではないでしょうか。

柿

久しぶりにEF50mm F1.8 IIを使ってみましたが、ズームレンズの利便性はないものの、外をぶらりと歩きながら何気なくカメラを向けて使うと意外な写真が撮れたりします。

今回はEF50mm F1.8 IIしばりで撮影をしてみましたが、新鮮な気持ちで撮影できましたし、何より単焦点レンズの魅力を再認識させてもらえる良い機会でした。