SONY NP-FV70互換バッテリー

動画撮影が多くなり、愛用のSONY HDR-CX590Vのバッテリースタミナに不満が出てきたのでSONY HDR-CX590V用にバッテリーを新調してきました。

もちろん、いつものごとく高い純正バッテリーではなく、低価格で販売されている互換バッテリーです。

いつもはROWAの互換バッテリーを使うのですが、NP-FV70含むNP-FV○○シリーズの互換バッテリーをROWAが取り扱っていないため、AmazonでNP-FV70 互換バッテリーという互換バッテリーを買ってきました。

内容物一覧


パッケージと説明書は英語の怪しげな代物で、いかにも中華製の怪しい雰囲気がしてきます。

英語の説明


バッテリーなので説明などは不要な代物ですが、これだと店頭に置いてあったら手に取るか怪しいレベルです。

SONY NP-FV70互換バッテリー本体


しかも、中身を取り出してみるとAmazonの商品写真と違う物が出てきました。

これについてはAmazonのレビューでも書かれていたのですが、様々なメーカーの中華製互換バッテリーを1つの商品ページで紹介しているため、購入する店で届く物が変わっているようです。

従って、どの商品が届くかはお楽しみという状態になっているようです。

SONY NP-FV70互換バッテリー本体裏

四角くてデザインも気に入らないのですが、使えればいいのでそこは割り切り、裏側のラベルを見てみました。

2V 2500mAh

バッテリーの容量はラベルを見ると7.2V 2500mAh 18.0Whと表記されています。

SONY純正のNP-FV70は6.8V 2060mAh 14.0Whですのでこのラベルの表記どおりなら、約1.3倍の容量がある計算になります。

SONY純正のNP-FV50と比較

サイズはSONY純正NP-FV50と比較すると約倍の大きさです。

仕様比較


SONY純正NP-FV50とNP-FV70互換バッテリーのラベルを並べてみました。

NP-FV50との容量差は2.7倍もあるので録画時間は圧倒的に伸びるはずです。

HDR-CX590に装着

使えるか確認しないことには始まらないのでSONY HDR-CX590Vに取付けてみました。

飛び出し具合

流石にサイズがNP-FV50の倍あるだけあってはみ出具合が凄いです。

しっかりと充電できる

この状態でUSBケーブルを差込んで充電してみましたが、問題無く充電することができました。

バッテリーのスタミナは3時間21分

満充電したバッテリーのスタミナは表示では3時間21分となっていましたが、実際に連続撮影した結果では4時間50分と実際に表記されている時間より大幅に撮影することができました。

SONY純正のNP-FV50で連続撮影した場合は約2時間でしたので、2.7倍の容量があるNP-FV70互換バッテリーで4時間50分という結果は納得がいくものです。

残り時間が少なっても自動的に電源が切れない

しかし、困ったことにバッテリーのスタミナが切れかかっても警告は出てこず、バッテリーが空になると自動的に電源が切れることもなく突然電源がOFFになります。

途中で電源が切れるためファイルエラーを起こす

当然本来の動作ではないためファイルエラーが発生し、起動するとこのように修復を促すメッセージが表示されます。

この仕様のため、完全にバッテリーの容量を使い切る前に手動で電源をOFFにしてバッテリーを交換する必要があります。

海外製品

価格か価格だけに仕方ないと諦めるしかない部分ですが、この使い方さえ守れば格安で大容量のバッテリーが使えるわけですから、いっそ複数個買ってバンバン使い回すのも手ではないでしょうか。

不満に感じる部分もありますが、私の撮影環境では問題となることがほとんど無いのでこのまま使い続けています。

また必要になれば購入したいと思っていますが、今度はデザインが純正と同じ物ができれば欲しいところです。