Microsoft Office Home and Student 2010


Microsoft Office 2003はWindows XPと同じく2014年に更新サポートが終了し、以後脆弱性が見つかってもサポートされずセキュリティ的に問題となるため更新時期が間近に迫ってきています。

また、Microsoft Windows 8ではMicrosoft Office 2003は使用することができません。対応しているのはMicrosoft Office 2007からとなります。

最新のMicrosoft Office 2013を買えばこれらの問題は全て解決しますが、その費用は2万円以上と高額なため使用頻度が少ないのであればためらってしまいがちです。

しかし、ひとつ古いMicrosoft Office 2010が約2,600円で使えるとしたらどうでしょうか?少なくとも古いMicrosoft Officeを更新しても良いかなと思うかたもいるのではないでしょうか。
※為替レート変更で記事を書いた当時よりも現在値段が倍の5000円程度に上がっています。

実はAmazonで売られている並行輸入品の中国語版Microsoft Office 2010を使うことで、正規品であるにもかかわらずMicrosoft Office 2010を1台あたり約2,600円で使える方法があります。
※3台インストールパック使用時

今回はそんな中国語版Microsoft Office 2010を日本語版として使うためのインストール方法をスクリーンショットで分かりやすく紹介します。

Office2013でも、中華版を使用して日本語対応のOffice2013を使う方法が出ています。Office2010よりもインストール手順が簡略化されており、販売業者のサポートや今後の更新プログラムの提供期間を考えると中華版Office2013を使うほうがお勧めです。

実際に使ってみた記事をこちらで公開中です。

●何故そんなに安いのか?

中国語版Office2010

そんなに安くて大丈夫?海賊版とかじゃないの?と思うかもしれませんが、しっかりと認証が通り、1ヶ月以上も家庭で使用していますが認証を取り消されることもなく日本語表示で使用しています。

元々中国語版Microsoft OfficeはMicrosoft Office Home and Student 2010という日本では発売されていないMicrosoft Office 2010のエディションです。

Microsoft Office Home and Student 2010は英語圏や中国で営利目的での使用を制限することで安い価格設定にして発売していますが、その安い海外版のMicrosoft Office Home and Student 2010を業者が日本に輸入しているにすぎません。

しかし、いくら安いとはいえ正規版には変わりなく、日本語に対応させることさえできれば日本語版のMicrosoft Officeと同じように使用することができます。
※海外向けパッケージのためMicrosoftのサポート受けることはできません。

ただし、使用には一定の条件を満たす必要があり、法人や収益の発生する営利目的での利用はライセンス上認められないため、家庭において私的な利用のみにライセンスが制限されています。

また、使えるMicrosoft OfficeアプリはExcle、Word、PowerPoint、OneNoteのみとなっています。とはいえ、これだけ対応しているのであれば家庭で使うには十分でしょう。


●並行輸入 中国版Office 2010 Home and Studentをインストールする

2014年3月31日更新
ランゲージパック公開終了に伴い一部行程の更新をしました。

2014年2月2日更新
試用版公開終了に伴い手順が変更となりました。

2015年1月29日更新
アナウンスへの対応手順を更新しました。

2015年2月12日更新
アナウンスへの対応手順を更新しました。


プロダクトキー


1.まずはパッケージにプロダクトキーが付いているか確認します。


M01


2.Microsoftアカウントを登録します。登録している人はスキップ。

Microsoftアカウントのページ
http://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/default.aspx

※MicrosoftアカウントはWindows8の初期設定時に設定を推奨されているので、Windows8を使用しているかたはホーム(スタート)画面の右上にメールアドレスが表示されているか確認し、メールアドレスが表示されているようであればMicrosoftアカウントを作成済みですのでそのメールアドレスと設定時に登録したパスワードでログインしてください。

3.Officeの関連ページに飛び「ダウンロード」をクリック。
http://office.microsoft.com/ja-jp/products/FX101828860.aspx

02

4.プロダクトキーを入力して言語を英語にセット後、画像に表示されている文字列を入力して送信をクリックします。


03

5.プロダクトキーの検証が始まりますので、しばらく待ちます。

04
6.検証が無事終わると画面が切り替りますので続行をクリックします。

05
7.Microsoftアカウント入力画面になりますので登録しているアカウントでサインインします。

8.Download Nowで英語版Office2010 Home and Student 2010(X17-75058.exe)をダウンロードします。

インストール方法28


9.8.でダウンロードしたX17-75058.exeを実行してインストールします。

インストール方法29


10.プロダクトキー入力画面にパッケージのプロダクトキーを入力しContinueで次へ。
  
インストール方法31

11.Install Nowをクリックするとインストールが始まりますのでしばらく待ちます。
 
インストール方法32

12.インストールが完了したら「Close」を選択してインストールを完了します。

インストール方法33

13.英文で再起動を求められるので「はい」を選択して再起動します。
※表示されない場合は飛ばして下さい。


14.日本語のランゲージパック(X16-37718.exe)を以下のサイトからダウンロードします。

http://downloads.mfocus.com.my/X16-37718.zip
http://www1.axfc.net/u/3386752.zip

※Microsoftとは関係ないサイトなのでDLは自己責任でどうぞ。


07

15.日本語のランゲージパックをインストールします。Microsoft Office Language Pack 2010 - Japanese/日本語を選択して続行をクリックします。

08

16.ライセンス条項が出てくるので中身に目を通し、「マイクロソフトソフトウェアライセンス条項に同意します」にチェックを入れて続行をクリックします。

09

17.今すぐインストールをクリックしてインストールを始めます。

10

18.インストールが始まるのでしばらく待ちます。

11

19.インルトールが完了したら閉じて下さい。

インストール方法34

20.Office2010のアプリケーションをどれか1つ起動します。

インストール方法35

21.起動するとライセンス認証ウィザード画面が表示されるので、「ソフトウェアのライセンス認証を電話で行う」を選択し次へ進みます。

インストール方法36


22.画面が切り替わったらダイヤル元の国を日本にします。
※固定電話での手続きを前提としているようなので、携帯電話やスマートフォンを使用するのであればヘッドセットやイヤフォン、ハンズフリー機能を使用し、内容を聞きながらダイヤルボタンが使える状態にすることをおすすめします。

23.表示されている電話番号に電話をかけます

ライセンス認証専用窓口 0120-801-734 (もしくは03-6831-3460)

24.アナウンスに従いOffice製品のライセンス認証へ切り替えます。

「日本語でのアナウンスを希望の方は1をプッシュ」「英語は2を・・・」のようなアナウンスがあるので「1」プッシュします。

続いて、「Windows製品については1をプッシュ」「Word、Excelについては2を・・・」のようなアナウンスがあるので「1」プッシュします。Office製品だから2を選択してはいけません。

25.画面の54桁の数値を6桁ずつ指示に従いプッシュしていきます。

インストール方法37

電話での入力を終えたら、「バックアップしたものから再インストールするときは1を~」 という音声アナウンスがありますので、「1を2回プッシュ」して次へ進みます。 
※ここで間違えて2をプッシュするとオペレーターへ繋がり認証不可になるようですので注意してください。認証を断られた際は、翌日電話認証を再度行えば認証されるようです。

26.間違いなく入力し終えたら48桁の番号を6桁ずつ音声でアナウンスしてくるので、その数値をAからHのボックスへ入力していきます。

インストール方法38

27.すべての数値を入力し終えたら「次へ」を選択してライセンス認証を完了します。

インストール方法39

その際Micrsoft Officeの保護と改善にご協力下さいという画面が出てくるので、「推奨設定を使用する」もしくは「更新プログラムのみをインストールする」を選んで「OK」を選択します。

28.立ち上げている全てのOfficeアプリケーションを一度終了します。

インストール方法40

29.これで使用することができますが、Office2010の更新プログラムが用意されているので一度Windowsアップデートをしておきます。

お疲れ様でした。これで日本語のMicrosoft Office 2010(Word Excel PowerPoint OneNote)が使えます。


●非商用目的の表示を消すには

非商用目的の表示が気になる方は以下の方法で消すことができます。Office2010を立ち上げていると設定が変更できないので、閉じた状態で設定を行って下さい。

T01

1.デスクトップ画面の左下にあるスタートボタンををクリックし、検索欄に「regedit.exe」と記入し、表示されたregedit.exeを選択します。

T02

2.レジストリ エディッターの表示から検索を選択。

T03

3.「ExcelName」と入力後、次を検索をクリックします。

T04

4.「Microsoft Excel 非商用目的」が見つかるまでF3キーを押して検索し続けます。

T05

5.Microsoft Excelに書き換えてOKボタンをクリックします。

T06


6.ExcelNameが選択された状態で編集のアクセス許可をクリックします。

T07

7.使用しているユーザーを選択して詳細設定をクリックします。

T08

8.使用しているユーザーを選択して編集をクリック。

T09

9.値の設定で拒否にチェックを入れてOKボタンをクリックします。

T10

10.警告が出ますがはいを選択します。

11.OKボタンを押してレジストリ エディッターの画面まで戻ります。

T11


12.この状態で起動すると表示が切り替っています。

13.他の場合も手順は同じです。Wordの場合は「WordName」、PowerPointの場合は「PowerPointName」で検索して下さい。


●補足

・3台パックを利用しているかたはダウンロードしたMicrosoft Office Home and Business 2010 英語版とプロダクトキー(英語版の)、Microsoft Office 2010 日本語ランゲージパックを使い回して他の2台にインストールし、9.から同じようにインストールしてライセンス認証すれば大丈夫です。

・PCのパーツを変更すると再度ライセンス認証を求められることがあります。その際は21.から27.の行程と同じように電話によるライセンス認証をすることで再度認証されます。

補足

・32bit版のMicrosoft Office及び互換パックがインストールされている環境では64bit版のMicrosoft Office 2010はインストールできません。

・Microsoft Office Home and Student 2010をインストールしても、Windows XPでは旧来のMicrosoft Officeと共存が可能です。

プログラムにある古いMicrosoft Officeのアイコンは消えてしまいますが、Microsoft Office Home and Student 2010をインストールする前にコピーしておき、Microsoft Office Home and Student 2010インストール後にアプリのショートカットを実行して自動的に復元するか、プログラムのアンインストールで古いMicrosoft Officeを指定し変更から復元することができます。

・最後にMicrosoft・Windows Live IDアカウントを削除をしたい場合は以下のサイトからアカウントを削除してください。
Windows Live ID及びMicrosoftアカウントの削除はこちら
※両方同時に削除されるようです
https://accountservices.passport.net