Nexus 7 Front


iPad miniが出るとの噂が広まり、その発表を待っている人も多いと思われる中、Googleが自らが販売するNexus 7が日本でも正式に発売されました。なんとこのタブレット、最新のOSであるAndroid 4.1 Jelly Beanを搭載し、CPUは高性能なクアッドコアCPUのTegra3を搭載しているにもかかわらず、1万9800円と破格の安さで発売されています。

1万9800円という価格で使い物になるのか?おそらく疑問に思う人も多いのではないでしょうか。しかしこの価格はGoogleの思惑が隠れた設定で、価格が安いからといってなめてかかってはいけません。


GooglePlayの電子書籍



実は、このNexus 7に合わせてGooglePlayで電子書籍の取り扱いが始まりました。電子書籍のプラットフォームとしては、AppleのiPad、そしてAmazonのKindle Fire HDがありますが、どれも性能が高く、特に価格帯も近いAmazonのKindle Fire HDは直接的なライバルになると予想されます。

この1万9800円という価格設定は、ライバルであるAmazonのKindle Fire HDに対抗できる価格として設定されたものと思われます。


Nexus 7



しかし、何故にGoogle自らが発売するのか?その点が疑問に思うかもしれませんが、1~2万円という価格帯のAndroidタブレットはそのほとんどが低価格帯モデルということで、性能はそこそこで価格を重視したものばかりです。


それらのタブレットでGoogleの電子書籍が扱えても低価格で性能が高いAmazonのKindle Fire HDには太刀打ちできないと判断したのでしょう。実際その価格帯の製品をみてみると中華タブレットがそのほとんどを締めている状態です。高性能で低価格なNexus 7をGoogle自ら出すのもうなずけます。

Nexus 7 BUCK


価格が安い理由としてはもう1つあり、製造コストを相当押さえ込んでいるというのもあるようです。背面カメラ、HDMIコネクタ、SDカードスロットは装備されておらず、ストレージは内蔵の16GBのみで追加ができません。データのやり取りはNASやUSBケーブルによる直接接続、ファイル転送用アプリやインターネットストレージ経由となり、ファイルの受け渡しは考えものです。


ただし、既に海外版を入手している人の間では、rootを取得してUSBホスト機能を追加するアプリを導入することにより、USBホストケーブル(USB OTGケーブル)を使ってUSBフラッシュメモリや、メモリーカードリーダーを利用している人もいるようです。


また、7インチAndroidタブレットで人気のICONIA TAB A100では不満が多かった、USBコネクタで充電できないという不満もNexus 7には無く、USB電源アダプターやモバイルバッテリーから給電することもできるため外出時の不安も無くなります。


Nexus 7 SIDE



個人的に大事なポイントであるGPSも省かれずに装備されており、液晶はIPSでHD動画にも対応できる1280x800と低価格だからといって見劣りするものではありません。


正直なところiPad miniの発表を待って良ければ購入しようと思っていましたが、この価格と性能のバランスに思わず欲しい!と思ってしまいました。来月あたりに購入してNexus 7をレビューしたいと思います。


Nexus 7 仕様


OS Android 4.1 Jelly Bean
CPU NVIDIA Tegra 3 1.3GHz クアッドコア 
サイズ 198.5 × 120 × 10.45 mm 
重量 340 g
バッテリー容量 4325 mAh
稼働時間
・HD 動画再生:9 時間
・ウェブ ブラウジング:10 時間
・読書:10 時間
・連続待受時間:300 時間
インターフェース Micro-USBコネクタ
内蔵メモリ メモリ 1GB
ストレージ 16GB(国内仕様)
Bluetooth 3.0+EDR
ディスプレイ IPS液晶 傷に強いコーニング社製ガラス採用
解像度 WXGA (1280x800 px) (216 ppi) 7インチ
無線LAN IEE802.11 b/g/n
背面カメラ 無し
サブカメラ 120万画素
マイク 有り
NFC 搭載
加速度計 搭載
GPSセンサー 搭載
磁力計 搭載
ジャイロスコープ 搭載
カラーバリエーション 黒のみ