USB-TOY56BKパッケージ

節電やエコでエアコンの温度を上げている環境が多い今日この頃、なんとかその中で涼しくならないかと思ったらUSB扇風機の出番です。

しかし数多く世に出回っているUSB扇風機の殆どが風量不足で使い物になりません。なかなか使える物が見つからなかったのですが、実演販売で使えそうだと思ったサンワサプライのUSB-TOY56BKを購入してきました。
USB-TOY56BK

USB-TOY56BKはプラスチックの大きな三枚羽根で風量が稼ぎやすいようになっています。風量の少ないUSB扇風機からすれば僅かに音がするものの気になるほどではありません。

風量調整可能

風量調整が可能と本物の扇風機のようなギミックも搭載しています。

首振り機能

さらに、首振り機能もついているというこだわりようです。この風量を分かち合うということが想像できないのですが・・・ここまで来るともはや自己満足の世界です。

乾電池でも動く

USB-TOY56BKは単4電池4本でも動きます。ちょっと持ち運んで使うというスタイルも可能ですが、使用電池が単4なのでそれほど長時間の稼働は期待できません。

分解して羽根を洗浄することができる

USB-TOY56BKはプラスドライバー1つでネジ1つ解けばここまで分解できます。1シーズンも使うと羽根に埃がまとわりつくので、こういうところは良くできているなと感じるところです。

サンワサプライ製とグリーンハウス製


グリーンハウスから似たようなUSB扇風機GH-USB-FANWが出ていますが本家本元はおそらくこちらです。数年前に購入したのですがこれが他のUSB扇風機よりも風量があり、2台ほど購入して職場と家庭で今でも愛用しています。

こちらもUSBバスパワー以外に単3電池4本で長時間持ち運び使うことができます。ガチャガチャと音は大きめなので気が散ることがありますが、風量はUSB-TOY56BKと同じぐらいで実用的です。

今はこの機種は販売を終了して、後継機種のGH-USB-FANSWが販売されているようです。

これは使えない


現在USB-TOY56BKはメインのパソコンで使用していますが、前まで使用していたエレコムのFAN-U18Nはお役ご免となりました。ワゴンセールで800円と安かったので買ってみたのですが風量が少なくて役に立ちませんでした。ワゴンに並んでいる1000円以下の安いUSB扇風機なんて買うものじゃないですね。