マザーボード

この頃修理依頼で私の手元に送られてくるパソコンに目立つ症状がマザーボードの不良です。HDDやメモリの不良などと違い、はっきりとマザーボードが壊れているという症状が出にくく判断しにくいのですが、今回はそんなマザーボードの故障について症状と対応を書いていきたいと思います。

この半年でマザーボードが壊れたパソコンを見たのはこれで3回目です。不思議なことにどれもチップセットがP31、G33、G31世代のパソコンばかりと何かしらこれらのチップセットには問題があるのでは?と思ってしまうほどです。

※P31、G33、G31世代といえばLGA775ソケットを搭載しているのでCPUはCore2Quad、Core2Duo、Celeron(Conroe)、Pentium Dual-Coreと様々。

症状は様々ですが、今回持ち込まれたパソコンについてはハッキリとマザーボードが故障している可能性が高いと判断することができる症状が出ました。

これはマザーボードの故障が高い


それは画面が乱れる(起動ロゴがグチャグチャ)症状です。この症状が出てくるといつ壊れて動かなくなるか分かりませんので、早めに修理に出すかマザーボードを交換しましょう。

他にもマザーボード(主にチップセット)が故障すると起こる症状としては以下のようなものがあります。

・突然パソコンがフリーズする

・LANケーブルを差し込んでもリンクしたりしなかったりを繰り返す。

・ネットワークアダプターを無効にした後に有効にできない。

・プログラムの追加と削除に何も表示されない。

・IEでWebサイトを表示するとF5(更新)を連打したように勝手にページを連続して更新する。

・Webぺージのリンクをクリックしてページから飛ぼうとすると処理が中断されてエラーページが表示される。

・Windowsアップデートでアップデートしたはずのファイルを再度アップデートしようとする。しかも100個以上と数が多い。
※使用していた所にパソコンに詳しい人がいなかったためアップデートをインストールしていなかった可能性もあり。ただし自動アップデートは適切に設定されていたのでアップデートしていない可能性はきわめて低い。

・USBフラッシュメモリやUSBの外付けHDDを差し込んで起動すると、ブートディスクでもないのに本体のHDDから起動せずに処理が停止する。
※相性や仕様的な部分があるのでチップセットが原因とはいいきれないが、BIOSで真っ先に内臓HDDから起動するように設定していてもこの症状が出るうえ、この状態のときにUSB外付けHDDやUSBフラッシュメモリを抜くと通常通りに起動し始めるので、チップセットに問題がある可能性が高い。


これらの症状がマザーボードが故障したパソコンで発生した症状です。ただし同じ現象を引き起こすのはマザーボードの故障だけでなくウイルスの感染かもしれませんので、その場合はオンラインスキャンでHDD内のファイルを検査したり、OSをクリーンインストール(リカバリー)して工場出荷状態へ戻して様子を見るといいでしょう。
症状が再発するようであればマザーボードが故障している可能性が高いです。

一応HDDの故障も同時に疑っておいた方がいいでしょう。CrystalDiskInfoをインストールして正常と表示されればHDDに問題はありませんが、このように黄色や赤で警告が出るようであればHDDが終わっていますので、データが消える前にバックアップをしてHDDを交換しましょう。

しかし、10年選手のパソコンがHDDの故障ばかりで修理依頼に出されるのに、5~6年しか経過していないパソコンがこのようだとコスト削減の影響なのかと疑ってしまいます。