故障PC


急患が運ばれてきました。

状態を聞くと起動時にビープ音がして起動しないというもので、試しに電源を入れてみるとBIOSがPOSTせず画面は真っ暗のままビープ音が鳴り続けるという症状でした。

起動時にビープ音が鳴り続ける症状は様々ですが、簡単なものではマウスやキーボードの上に物が乗りキーが押されたままだとこの症状が発生します。

しかし今回の症状はメモリ不良の際に聞くピーッ・ピーッ・ピーッというビープ音とは違い、ピピピピピとサイクルの早いビープ音が鳴り続けBIOSもPOSTすらしない状態でいつもと様子が違います。

ビープ音の回数や音の鳴り方である程度エラーは絞り込めるので検索をしてみたのですが、なんと電源供給の不具合に該当することが分かりました。

ケーブルジャングル!

しかし何が原因で電源供給に不具合が出たのか分からないのでケースを開け問題のパーツを探してみました。

パーツの構成は鉄板パーツを多用しそうそう問題が起きる構成ではないのですが、現実に問題が起こっているので解決しなければいけません。

まずは問題のありそうなパーツを根こそぎ取り払っていきます。

最初は光学ドライブとHDDのケーブルを切り離して起動してみましたが結果は同じくNG。

次にグラフィックボードを取り払ってみたものの結果はNG。

またお前か!


「だいたいこいつのせい」といわれるほど問題の原因になっていることが多いメモリを取り払うと・・・、いつものピーッ・ピーッというメモリ不良時のビープ音に切り替わりました。

ここで片方のスロットだけメモリを挿して起動すると見事BIOSがPOSTしました。原因はここにあったようです。

不思議なことに1番スロットはどちらのメモリを挿しても起動するのですが、2番スロットは最初に挿してあったメモリを挿すとピピピピピとビープ音が鳴りBIOSがPOSTしなくなります。
もう片方のメモリは問題なく認識したのでそのままメモリを入れ替えておきました。

原因がメモリなのかマザーボードなのかハッキリしないのですが、メモリ基盤の厚さやスロットの接触端子の出っ張り具合が運悪く重なり合い接触不良を起こしたのではと勝手に予想しています(実際のところ原因は不明)。
少なくとも電源供給の不具合ではないでしょう。

その後再びパーツを戻して組み上げましたが、問題なく起動して再びデスクトップ画面を拝むことができました。


後でよくよく調べてみるとBIOSのビープ音は言っているのと聞くのでは全く違うことが分かりました。
この動画を見ると分かるのですがエラー時のビープ音が合っていないものがあります。ビープ音をあまりあてにしすぎないほうがいいのかもしれませんね。