フランちゃんウフフ


また変なものを作ってしまった!!



YouTube




ニコニコ動画


え~、メインパソコン以外のパソコンもブログで紹介しようと思ったのですがこのサブパソコンは説明も無しにポンと出すには惜しいほどかなりの手間暇をかけて作ったケースを採用しています。

ということで自作PCならぬ自作カスタムケースがどのようにしてできあがったのか、昔作った黒歴史的動画をリメイクして作り直し公開することにしました。

紅い!

補足として説明すると制作は2009年なのでスペックはその当時のものとなっています。
サブパソコンは基本的にネットを見る為に存在しているといってもいいほどなので性能自体はニコニコ動画を快適に見ることができる程度の能力です。

ただしパーツの選定は性能ではなく色を重視し組み上げました、マザーボード、ビデオカード、メモリ、SATAケーブルは全部紅色で統一しています、これがないとスカーレットとはいえませんので。

リムーバブルケース

カスタムしたことでケースのパネルを取り外すのに手間がかかるためメンテナンス性は低下しましたがストレージの交換は容易にできるようにリムーバブルケースを採用しました。

これが結構便利で当初使っていたシリコンパワーのプリフリSSDからReal SSD C300に変えるときはケースを開けることなく交換することが出来ました、もちろん工具も必要ないのでケースを開けたく無い人にはお勧めの構成です。

肝心のSSDの性能はSilicon Power SP016GBSSDを2個積んでRAID 0でアレイを組んだよりcrucial CTFDDAC064MAG-1G1単体のほうが快適で早いという結果になりました。
あの当時はまともなSSDは2万円を超えていたのでコストを抑えるためこのような手法を使っていましたが今は同じ価格でまともなSSDが選びたい放題と本当にいい時代になりました。

AptivaE

ケースはIBMのAptivaEシリーズをベースにしています、このケースというかパソコンは私が初めて手にしたX86マシンで捨てるに捨てられず今回のカスタムケースのベースとして活用することになりました。

見ての通りケースに相当手を入れていますが車関係やDIY好きが思わぬところで発揮され切ったり塗ったりブラスとしてみたりと加工技術の向上にも役に立ちました。

結果、機材の購入費用を含めるとメインパソコンを遙かに超える金額になったのですが完成したケースの満足度からみれば「どうでもいいわ!」といえるほど、コストパフォーマンス度外視のオタクパワーが遺憾なく発揮されています。

とはいえ機材は現在も車等のDIYに活用していますので無駄にはなっていません、代わりにエアツールが増える原因になったのは言うまでもないですが・・・、DIY好きの人間は何かと工具や機材を買うことが嬉しくて気付くと工房の設備が怖ろしいレベルになってしまうということは良くあることです。

そうそう、冒頭のタイトル時や所々で出てきたドールが気になった人はこちらへどうぞ、濃い世界がお待ちしておりますよ!

そして今回このケースと動画を作るにあたり素材をお借りした方々に感謝を申し上げます、おかげさまで素晴らしいものができあがりました。

カッティングデータ 草葉式 様(大人向けサイトですので注意)
BGM フリー音楽素材MusMus 様
BGM 魔王魂


ニコニコ動画の「作ってみた」カテゴリーでデイリーランキング入りすることができました。ありがとう!!