LaineemaElectroConnect

さて前回はライブドア・FC2・Seesaaとブログを始めるなら初心者はどこを選ぶと簡単で使いやすいのかを紹介していきました、今回は前回に引き続きアメーバとBliggerを比較していきます。

アメーバブログ オススメ度 ★★★☆☆

記事の書きやすさ
ライブドアと同じく記事がブログに表示されるかたちで編集できるのでHTMLのタグや知識は必要がありません、この点は初心者に非常に優しい仕様です、ただ記事の書きやすさとは少し離れますがアメーバブログは管理者画面やブログは節操なくパーツが配置されているので非常にうっとうしいという点があります、書きにくいというか画面がごちゃごちゃしていて気になります、管理用画面のパーツは「-」ボタンをクリックすると折りたためますので気になる方はたたんでしまいましょう。

デザイン
カスタマイズが出来るテンプレートは手を加えられる部分が少ないため本格的にデザインを変更する場合はアメブロは向かないと思ったほうがいいでしょう。
テンプレートは500種類近くあり多くのデザインから選べます、変更画面で「すべて」を押すと最初のページはアメゴールドが必要な有料デザインばかりなので最終ページからデザインを見たほうが手っ取り早いです、デザインは多種多様で特に女性向けが強い感じがします。
テンプレートで十分という人にオススメです。

容量
初期から2GBを割り振ってくれます、最大ファイルサイズは2MBで課金すると5MBになります、課金金額は月額150アメゴールド(500アメゴールド=525円)で12ヶ月まとめて払うと300アメゴールド割引があります。

アクセス解析
Seesaaと同じく怪しさ抜群の解析結果です、立ち上げ当日数行の記事を2回書いただけでなんと16人もの人がアクセスしていました、もちろん半数はOSの種類が不明とBOT丸出しで数字はあてにはできません、外部の解析ツールが必要です。
表示はフラッシュを採用していますからiPadからはフラッシュ対応のブラウザがないと見ることができません。

安定性
人が多いためか日中も管理画面は重めです、ボタンをクリックしても8秒近く待たされることもあります、ゴールデンタイムからは見る側でも重たいときがあります。

広告・アフィリエイト
広告を貼ることが出来ますが初期から広告が目立つところに入っていますのでデザインとのバランスが問題となっています、テンプレートによっては広告だらけということもあります。
この広告を消すには月額980アメゴールが必要で(無料で消す方法もありますが規約に抵触します、見つかれば最悪ブログが規約違反で消されます)腰を据えてやるには投資が必要です。
デザインをカスタムできる箇所が限られている点も考えると本格的やるには向いていないイメージです。

まとめ
これからブログを初めてみたいという人にはあまりお勧めしたくはないです、各メディアで広告を出しているので人気があるのはわかるのですが使ってみるとユーザのことを意識していないと感じることが多いです。
アメーバ自体の考え方がソーシャルネットワークと近いところにあるため、ブログがメインというより個人同士のコミュニケーションの場としてブログもありますよとったニュアンスを感じます、そういう使い方であればはまるかもしれません。

Blogger オススメ度 ★★☆☆☆

記事の書きやすさ
記事の書きやすさはいいところなのですがニコニコ動画などを記事中に埋め込むコードはペースト(HTML表示時)しても記事を書く画面に反映されませんからそれらが表示されるライブドアブログの書きやすさまでは一歩及ばない感じです
記事中にニコニコ動画のプレーヤーを入れたりするといった他社のサービスに対応したツールが無く日本人用に特化されていないと使ってみて感じるところです。
非常にシンプルな操作画面で好印象を受けます、またHTMLタグをの知識を必要とせず記事を書くことができますから初心者向でも簡単に記事を書くことができます。

デザイン
デフォルトのテンプレートは今まで使ったサービス中で最低といっていいレベルです、しかしそこは世界のGoogleですから日本を含め世界中でBlogger用のテンプレートが公開されています、しかも海外で公開されている無料テンプレートのデザインレベルは国内ブログサービスものより遙かに高いため海外のテンプレートを採用させてもらいました。
テンプレートはダウンロードしてBloggerで読み込むだけ、あっという間にプロレベルのものが使えるようになります、デザインのカスタムが日本のCSS+HTMLと違いXMLなので今までの知識がそのまま使えないという点に注意が必要です。
初心者にはテンプレート適用後のXMLの記述をブログに合わせ編集する作業は難しいので、正直オススメできないです。

容量
ブログ自体に容量はなく画像はPicasa、動画はYouTubeといったGoogleのサービスと連携した形態となっています。
Picasaは無料で1GB(解像度等に制限あり)有料で10G~400G(年間20ドル~)になっています、YouTubeは無料でG単位の動画もアップロード出来るようになっていますからこれらのサービスを使っている人にはブログの記事に簡単に貼り付けることが出来ます。

アクセス解析

GoogleのAnalyticほどしっかりしたものは付いてきませんがBOTをカウントしない正確な分析を出してくれます、機能的には心許ないのでAnalytic等の外部の解析
ツールを導入したほうがいいでしょう。

安定性
操作画面もブログの閲覧も重たいと感じたことはないです、Googleですから。

広告・アフィリエイト
初期から広告は一切入っていません。
AdSenseと連携しているので簡単にAdSenseを貼り付けることができます、アフィリエイトもOKです。

まとめ
Bloggerの評価が低いのはGoogleのサービスなのにGoogleの検索に記事が登録されにくいという点(このせいで人が見に来ない)、記事を書く際に使用するツールが独自のサービスしか連携していないこと、中級者以上じゃないと綺麗なテンプレートをブログに合わせて編集することができないこと、これらの点で評価を落としています。
ただ記事が書きやすいのは確かですから息抜き程度のブログならいいかもしれません。

全まとめ
HTMLといっても何それおいしいの?という人にはライブドアブログ、ある程度理解できるならFC2をお勧めしたいところです。

他にもはてなやJUGEM等のサービスも気になっているので機会があれば使っていきたいと思っています、その時はまた比較をしてどこのブログサービスが使いやすいのか紹介していきます。