Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    2010年12月

    LaineemaElectroConnect
    iPadを使って感じていたPCのモニターも縦表示するのアリじゃない!を実現してみました。
    スマートフォンやタブレットは縦横関係なく縦横無尽に表示が出来るのでどちらが正しいとかは無いのですがPCは基本横です、普通は縦に出来ませんからモニターアームを買ってきて縦表示ができるようにしてみました。

    豪腕パッケージ

    今回購入したのはUNITCOM 剛腕 UNI-LCD-ARM-DUAL
    パソコン工房でよく見かけるブランドですがパソコン工房の経営会社ですから置いてあるのは当然ですね、結構あれなものが多いUNITCOM製品ですがアームは実用的で凄腕アルミ UNI-LCD-ARM-ALMをすでに導入していたりします。

    アーム装着前

    取り付けるモニタはMITSUBISHI MDT221WG(22インチワイド)とRDT1713V(17インチ)です。

    VESAマウントa VESAマウント  

    モニターからスタンドを取り外しVESAマウントが使える状態にします。

    アーム基礎

    アームの組み立ては簡単、テーブルに取り付けるアタッチメントとモニターに接続するアーム部分を支柱へ取り付けるだけの簡単な作業です。
    アームはしっかりしていますが肝心の取り付ける机が貧弱だとぐらつくのでしっかりした机をお勧めします。
    私が使っているデスクはfantoni GTです、耐荷重80kgとかなりガッシリしており私が乗ってもびくともしない頑丈な机です、安物だとぐらつくことがあるそうですので少し高くても品質を重視した方が良いですよ。

    VESAマントへ

    VESAマントへアームを取り付けていきます、ネジが付属していますので用意するものはプラスドライバーぐらいです。
    後は高さを調整したら付属の六角レンチで締め上げ固定します、アームがもたれてしまう場合はカバーを外し中にあるネジを六角レンチで締めあげればOKです、22インチの方は締め上げてないとだめでした。

    モニターアーム

    17インチは縦にしています、ネットをするときにすごく便利です!価格は6,980円となっていますが安い割にはしっかり仕事をしてくれます、他のメーカーのアームって結構高いんでこれはお買い得かもしれませんね。

    Laineema Paradigm Purge



    宣伝記事ビジネスモデルは崩壊?


    私がブログを立ち上げたときの初期からのリンクに入れさせているGIGAZINEさん、その編集長である山崎恵人氏が書いた「未来への暴言」が販売されたとありさっそく買ってみました、実は私は本なんて殆ど読まない性格で電子書籍になってようやく見るようになったぐらいです、ですから紙ベースの本を読むのは珍しいことなのですがネットで活動をしているのにアナログな本を出すとは珍しいことをしたもんだなと興味を持ったので購入してみました、読んでみたら止まらないぐらい面白かったので色々と思ったことを書き連ねていこうと思います。
    私は宣伝記事は一切書きません、本書を見れば理解できるとは思いますが宣伝記事で喜ぶのは紹介された商品を販売している企業だけです、書いていて面白い等とは思いませんし今の時代調べればいくらでも情報が手に入る時代ですから自分が思ってもないようなことを書いてもすぐに見透かされます、そして最後は自分を含め誰もこのブログを見てくれなくなるでしょう、そういう意味では宣伝記事を書き続けるビジネスモデルは終焉を迎えてきているのでは?と思えてきます。


    ブログのアクセスアップという小手先レベルの話ではない


    本書を買った最初の目的一つに単純にブログのアクセスアップノウハウを手に入れたいと思って買ったのですが内容はインターネットと現実の現状と未来予測が書かれておりアクセスアップとかそういう小手先や小さなレベルではなくもっと大きな本流の流れがどう変わるのかを予想しています、本流に乗ればもっと高みを目指しているのではと思うところがあるのである意味では高次元的な意味でアクセスアップにも繋げられる可能性はあるのではと思います。
    実は読んでみると自身と結構同じことを考えているんだなと思うことが山ほどあり読み終わった時にはGIGAZINEに対する見かたががらりと変わりました。
    新聞、書籍、TV等結構ズバズバ切っていてるのでそこまで言っていいのかなと最初は思ったのですが、正直ベースでものを話さないとタダのプロパガンダや宣伝となって意味がないのでそういう意味では当然といえるでしょう。


    ソースの信頼性と・・・


    ネットの情報は信頼性が不可欠で何を言ったかというより誰が言ったかが重要になっているように感じます、信頼性のおける人の発言は引用されやすいということですが信頼性を上げる意味では顔や本名で発信するというのは絶大な効果があるのかもしれません、このブログもそうなる日もそう遠く無いのかもしれません。


    獣と人

    初期に書いてあることはネットを使う側の人(本書で言う知識ではなく知性を持った人)なら誰もがそうだなとうなずく内容から始まっています、そしてネットを活用する新世代と活用できない旧世代、デジタルネイティブは実は有効に使えていない現実があるということ、それから導き出されるのはネットを使うにも使われると使うがあり(私はこれを知識×考える力=実力と表現した)それは義務教育で決まってしまうという考え方をしており現状の勉強は知識=実力となっていて社会に出たら知識だけで仕事はできない現実と矛盾していることを批判しています、私も小学生の時に可能性を否定されたときに絶対に違う!これはおかしいと感じ疑問に思っていましたが社会に出てから思っていたことは間違いではなかったとハッキリ理解しました、自分でいうもの何ですがよくその年でおかしいと気づいたなと思っています。

    知識というものは無尽蔵に転がっています、自分みたいなお馬鹿な地方高校卒業した人間ですらネットさえ使えば知識などいくらでも手に入る時代なのです、だけどそれを知っただけでは意味はなくそれらを見て考えて新しいものを作ったりシステムに取り込んで運用したりして初めて知識が知恵になるわけです。
    こう思うのは昔本書でいう獣(物事を直感的に好き嫌いで判断する人)だったことがあるからです、今でも獣である部分は一部ありますが知性を付け人として歩みはじめています。
    人は経験しないものはわからない生き物です、例えWikipediaに書いてあっても実際に体験しないと真に理解はできないのです、ニートという言葉ができる前にニートをしていましたし、社会人になってもニュー即に入り浸り獣となりはてた時期もありました、ですが今はそれもいい経験だと思っています、経験したことによりそれらがやるべきことではないことを肌を持って感じることができたからです。
    逆に経験しても身につかない人もいます、私は車を滅茶苦茶に弄っていますがそれに対して俺も昔はそうだったが一過性の趣味ですぐに飽きるから意味がないよといった先輩がいます、意味が無かったことを理解しただけでもそれは得たものがあったと私は思うのですがその先輩は全てを否定していました、しかしそれは自身を否定しているのと同じであると考えます、残念ですがその人からは覇気を感じることはできません。
    今の私は新世代を憂う旧世代の理解ある上司と今も東京のどこかで頑張っている強く生きる心をくれた恩師が私を獣から人へと引き上げてくれました、今はまだ恩を返せる程の力も余裕もありませんがいつかは恩を返したいと思っています。


    追っていたものを抜かしたその後、新しい価値観


    高度経済成長期を経て一度高みに達した日本は追うべきものを見失いました、今までは誰かの背中を追っていればいいだけでした、車が欲しい、一戸建ての家が欲しい等そういった簡単な夢が描ける時代があったのですがそれも過去の話です、今は高みに達した次の段階、そう、新しい価値感を作り出さなければいけない時期に来ていると思っています、消費は美徳などというものはもはや過去の産物でしかありません。
    本書ではワークシェアリングやベーシックインカムといった現状の拡張的な考え方や共産主義的な考え方と違う未来の働き方の可能性を提示しています、それはファンのパトロン化という形です、そしてそれを実現するための少額決済システムを本書ではPayPalが現実的なところにいるとと書いてありましたが、私自身はそれを入り口としていいね!システムを出口にできれば面白いかもしれないと思うところがあります、ただし現状では只の思いつきでしかなく現実的ではなりません、しっかりとした設計が描けるのならある意味チャンスになるのでは思っています。
    ただファンのパトロン化が前提ですからそれが実現する確信がないと意味がありません、残念ながら私自身はファンのパトロン化については確信を持てずにいます、しかしニコニコ動画や問題解決サイトではポイントを使って支援するシステムがありますので可能性としては閉ざされているわけではないというのも理解しているところです。

    そもそも本書ではネットありきで話をしているのですがネットを使わない人はすでに論外というのか?という疑問が出てくると思いますが答えはたぶんYESだと思います、それは大小問わず使える人と使えない人で差が開いている事実が露呈してきているからです。
    特に顕著に表れているのはネットショッピングだと思います、情報もなく買うと失敗することが多いのですがネットで下調べをすれば失敗することが少なくなります、メーカーは良いことはいっても悪いことは絶対にいいません(嘘は論外です)、ネットには実際に使用したユーザーがレビューを上げていますからそれで多くの判断ができるわけです(故に私は良いところも悪いところもハッキリ書きます)。


    旧態依然としている人は一億総白痴化の犠牲者


    一億総白痴化の話については完成されたといってもいいのではないでしょうか、旧態依然としている人はまさにこの一億総白痴化の犠牲者と考えます、そしてそういう人とは必ず溝ができてしまいます、一番近いところでは父親との言い争いの原因となっているわけですが、ゲームをすると精神がおかしくなるとか、PCばかりしているとモンスター化するといっています、しかし全てTVというシステムを通してマスメディアがいっていることの受け売り(TVというシステムが悪いというわけではない)でそれが真実かどうかまで検証はしていないし考えてたり疑うことをしない思考停止に陥っています、そして当の本人はだらだらとTVを見ているのですがインターネット得た知識を生かし何かしようと切磋琢磨しているのとどっちが生産的かは誰が見ても分かるとおもうのですが・・・
    インターネットはある意味一億総白痴化から救ってくれた救世主ではあるのですが全て海外の技術です、この頃IT関係で出てくる製品の多くが海外からのものなのですがそれすら敵として見なしているのには正直呆れてしまいます、自分達で負けないものを作ろうという発想は見えてこないのでしょうか、自分から見ればいいものなら乗っかればいいだけのことで済むのに、結局身内で騒いで結果日本は置いてきぼりにされている現状を至る所で見るに恐ろしい結果をもたらしてしまったと思っています。
    旧態依然とした人が結局自分の退職するまで、任期が過ぎるまで会社や組織があればいいという考えでやっているからだと思っています、そういう旧態依然とした人がいなくなるようにしないといけないのですがそういう人ほど高い権限をもっている権力者であったりします、だから私は旧態依然としたシステムを破壊する必要性があると思っています、そう人が世代交代で消滅するのは分かるのですが遅すぎます、今なら破壊後に再生できる種もまだ十分にありますから何もない野原に芽が生えてやがて森へと成長することができます、そしてその中でいち早く芽を出したものには世界に羽ばたく程大きく成長出来る可能性が待っていはずです。
    一番恐ろしいのは種すら残らず不毛の大地へとなってしまうことですから早きに越したことはないと思います。


    まだ始まってもいない


    インターネットによる激動の波が人の意識を変えていっています、未だにパソコンを一般人が使い始めて半世紀どころか四半世紀も経っていません。
    ネットの時間は早くそれに身をさらす人は急加速で進化していますが現実のルールは旧来のシステム用に運用されています、そして両方の差がますます広がっていつか目に見えて分解するときが来ます、それを契機に知性を持った人がシステムを運用するように切に願っています。
    タイミング良く日本が破綻しそうな状況に差し掛かっています、これをピンチととらえるかチャンスととらえるかでこの先の人生を大きく左右することになるかもしれません。

    そう、まだ失望するには早いのです、全て破壊されて何もなくなってもその先があります、かつて戦争で焼け野原になった大地に今は立派に成長した国が建っているではありませんか。

    届け・・・

    世界はあまりにも大きく1人の力では動かすことはできません、しかし訴え続けることにより賛同する人が出てくればいつかそれが波となって押し寄せるのではないのでしょうか、だから実現するための行動が分からなくてもこうあるべきではないのだろうか?と訴えることは大事なことだと思います。
    理想主義的だといわれることもあるがそれは必要なことです、理想とは方向性であって目指すべき場所を明確にすることです、そして現実と理想の狭間で落とし所というものが様々な要因の中で生まれてくるのではないでしょうか。

    最後のピースがそろう時、それは私自身が生きてない未来の世界の話かもしれません、もしかしたら永遠に訪れない可能性もあるかもしれません、しかし私が生きている間に起こったのなら個人が幸せになれる世界の到来をを全身全霊をもって祝いたいと思っています。


    LaineemaElectroConnect 

    android


    前回のレビューIS03徹底レビュー第一回 ガラパゴス携帯と何が違うのか?ではガラパゴス携帯とIS03は何が違うのかという部分に焦点をあててレビューをしていきました、今回はAndroid OSの可能性ということでIS03に搭載されているAndoroidについて焦点をあててレビューをしていきたいと思います。

    IS03に搭載されているOSはgoogle社のAndoroidOSです、このOSは頻繁にバージョンアップしており先日Andoroid OS 2.3を搭載したNexus Sが発表されました、IS03はAndoroid OS 2.1ですが現在主流となりつつあるAndoroid OS 2.2へバージョンアップする方向で動いているようです。
    AppleのiOSとちがいAndoroidはオープンでありハードメーカー各社がこぞってスマートフォンやタブレットを発売しています、販売価格を抑えWindows(スマートフォンならWindowsPhone、タブレットならXPや7)やiOSに引けを取らない利便性を提供するにはAndoroidはまさに打って付けのOSでしょう、そのためIS03のレビューにはなるのですが同じAndoroid2.1が搭載されているスマートフォンのレビューとも近いところがあります。

    あたり前のものはあたり前に、それ以上のものもあたり前に

    まずは壁紙ですがIS03では1280×960が壁紙の解像度となっています、液晶パネルは960×640なのに何で?と思うかもしれませんがホームをフリックして画面を切り替えると壁紙も一緒に移動するためで自分もIS03を手に入れて初めてその大きさの意味を理解しました。

    IS03m

    携帯電話のフラッシュ待ち受けはありませんがそれに相当するライブ壁紙があります、これはAndroid 2.1より搭載された機能で今はそれほど数はありませんが今後多数のライブ壁紙が出てくるものと思っています、プリセットでいくつか入っていますが動きがある分バッテリーが少し心配です、しかしタッチに対応した動きがあってこれはこれで面白いです、紅葉が水面に浮かんでいるライブ壁紙なんか風情があっていいですよ。
    そして最高としか表現のしようがないウィジェット機能です、これはiOSに無い機能で非常に便利がいいので是非ともiOSでも導入を検討してもらいたいところです。 

    IS03n

    スクリーンキャプチャした画像のように音楽プレイヤーやスケジュール等がホーム画面に表示され画面を切り替えてアプリを起動する手間が省けます、追加は簡単でホームでアイコンがないところをクリックしたままにしてメニューを出す(もしくは左下のメニューボタンを押す)、追加>ウィジェットでお好きなものを選択して下さい。
    初期表示されているgoogleの検索やGPS・Wi-Fi等のスイッチ機能もウィジェットです。

    スマートフォンだからこそ輝くボイス検索

    IS03o

    ホーム画面にはgoogleの検索ウィジェットが最初から表示されています、このウィジェットの表示にマイクアイコンが付いているのはIS03をお持ちの皆さんご存じだとは思いますがボイス検索機能が実用的だったのは驚きを隠せません。
    10年以上前でしょうか当時Docomoから出ていた携帯電話に機能を音声で切り替えるものがありましたが認識率は相当低く私みたいなオタクのオモチャ程度の機能でしかありませんでした、あれから10年以上経って再び目の前に現れた音声認識技術のレベルには驚きを隠せないでいます、実用性は必要十分で文字入力の手間が省けるためTVや電車の広告、雑誌などで気になることがあれば手軽にしかも素早く検索することができます、人前で使うには恥ずかしいのがボトルネックでしょうか。
    我こそは真のAndroid使いだと自負している方には大衆のまっただなか専門用語をボイス検索してどや顔ができるステキな機能です。

    AndoridだからEZ乗り換え

    スマートフォンユーザーがよくやる2個持ちの原因の一つだと思いますがキャリア専用メールが使えないスマートフォンが結構あります、元々ビジネス用途に開発されてきた経緯があるため会社から渡されたりビジネス用に買い増しするなどビジネスで使うなら問題ないのですがプライベートで使うならメールアドレスを変えて周知したり、PCからのメールを拒否する設定にされていたら相手に届かない等不便でした。
    auではIS01でEZwebメールが使えるように環境を整えたためIS03は初期からEZwebメール・Cメールを送受信できるようになっています、もちろん絵文字・文字装飾・デコレーションにも対応と携帯電話文化をしっかりと取り込んでいます。
    不在着信時にCメールでも不在着信があったことを連絡してくれるのですがこれが番号だけの連絡なので誰からかかってきたのかが分からないというちょっとした不便さを感じるところはあります。
    もちろんAndroidですからGmailもPC用のメールもばっちり使えます。

    自由な環境を構築できるアプリ・萌えもアダルトもありや!

    IS03qIS03p

    IS03にはAndroid2.1に標準搭載されているアプリとIS03に用意されたアプリが入っています、auの提供するアプリは一度ダウンロードする必要がありますが余り便利なものは無いので一回つかったらアンインストールしてしまうものが多かったです、同じ機能を持った使いやすいアプリがマーケットに用意してあるためというものもあります。
    こうやって必要な環境を整えることができるのがスマートフォンの魅力です、何かやりたいことがあればそれを実現してくれるアプリを探しにいけば多くのアプリがあなたを待っています、ダウンロードはAndroidマーケットだけでなくクレジット持っていなくても有料アプリが買えるシステムauかんたん決済が使えるau one Marketも用意されていますのでクレジットカードを持っていない人もau one Marketなら有料アプリを購入することができます、iTunesは無料のアプリをダウンロードするのにもクレジットを登録しないといけなかったのでアプリ購入の利便性はAndroidが一枚上手なようです。

    IS03r

    さらにiOSではご法度となっているので(iOSはAppleの審査を通ったアプリのみ使える、脱獄すれば別だが)野良アプリといわれる個人が製作しマーケットを通さずに公開しているアプリも自由に入れることができます、インターネットで公開されているapkファイルというAndroid用のインストーラー形式のファイルをAndroidで実行するだけでインストールすることができます。

    標準で用意されているアプリは一通り必要なものはそろっている感じです、中でもマップ機能はGPSと連動して簡易ナビとして利用できるほどの精度を持ち合わせています、友人とドライブに行ったとき試しに助手席で使ってみたのですが簡易ナビとしては十分な実力を発揮してくれました。
    FMトランスミッタといい簡易ナビといい車を足に使っている人やレンタカー・営業車などで活躍の機会が存分にありそうです、早速HD動画撮影評価用に車載キットを頼みましたのでそれも今度レビューしてみたいと思います。

    20100807133116

    過去にiPedで痛タブレットならぬ痛droid(痛ドロイド)化してみましたがAndroid専用の痛化支援サイトがなんとできていました!その名も「萌えドロイド」、Androidの萌えアプリやウィジェットを紹介しています、バカッ!普通のアプリレビューサイトは無いのかッ!という方にはandronaviアンドロイダーがお勧めです。
    欲しいアプリが決まっているならいいのですが目的を実現できるアプリを探す場合はマーケット内で探すのは数があり過ぎて困難ですから上記のサイト等を参考に目的にあったアプリを絞り込んでみるといいでしょう。
    ちなみにジョブスもいっていますがアダルトならAndroidでどうぞということでアダルトアプリも認められているオープンな環境がAndoroidの特徴でもあります。

    PDAから生まれたスマートフォンだからこそビジネスに

    プリセットアプリの名刺リーダーは実用十分レベルで名刺を読み込んでみましたが誤字はほとんど無く少し修正すればそのまま電話帳へ登録できるレベルです、ただデザイン重視の物や色が付いている場合の名刺は識字しない場合がありました、会社の名刺を試しに読み込んでみましたがどうやら名前の部分は認識してくれませんでした、少しデザインが特殊というのもあるのでしょう今度デザインする場合は少し考えないといけないかもと思ってしまいます。

    Androidマーケットを使用する場合は登録が必要なのですがこれはgoogleのアカウントになりますのでそのままgoogleのサービスが受けられるようになります(無料です)、そして登録した時点でGoogleにひも付けされ同期するようになります、たとえばgoogleカレンダーのスケジュールはそのままIS03のカレンダーを開けば同期され同じスケジュールが表示されます、標準のカレンダーだと使いにくいのでスケジュール管理をしたい人にはジョルテをお勧めします。

    さすがにIS03でプレゼンするには画面が小さすぎますがビジネスファイルを閲覧したり編集することもできます、最初から搭載されているDocuments To GoではEXCELやWORD文書を編集することができますし、有料版ならPDFやPowerPointも開くことができますのでいざという時には役に立つかもしれません。

    データはmicroSDカード

    こうなると怖いのがデータが飛んだり本体が故障した場合です、AndoridではSDカードへバックアップを取ることができますので是非とも活用していざという時に備えておきましょう、標準の機能では電話帳・受信メール・送信メール・未送信メール・ブックマーク・メモ帳・ユーザー辞書が対象ですがアストロファイルマネージャーではアプリも保存できる機能が付いていますのでいざという時に備えておきましょう。

    付属のSDカードはアンドロイドにマウントして使うと遅くWindows7では毎秒2MBの転送速度と表示されていました、ちょっと遅いなと思い試しにベンチマークをして他のmicroSDと比較をしてみました。

    ベンチマークはバッファロー製カードリーダーBSCRA29U2を利用しています。

    IS03付属microSDカード2GバッファローmicroSDカードSDSDQ-008GJ35

    左からIS03付属2GのmicroSD・バッファロー製2GのmicroSD・SanDisk製SDSDQ-008GJ35です。

    SDSDQ-008GJ35 IS03

    SDSDQ-008GJ35をIS03に入れカードリーダーモードで計測。

    microSD自体が遅いというわけでもないようです、どうやらIS03が原因のようでマウントして計測してみましたが案の定このような結果になってしまいました。
    本体のフラッシュメモリ容量が少なくmicroSDに保存するのが基本となりますので大きなサイズのファイルを出し入れする場合は考えものです。

    Skypeの出来が良すぎて(キャリアが)死に体

    IS03s

    IS03同士でSkypeを使用した場合通常の着信とほとんど変わりがありませんでした、電話であれば受話器のアイコンが出るところがSkypeのマークになっているのでSkypeからの着信というのは分かるようになっています、表示名はニックネームで電話同じ所に履歴が残るようになっています。
    次にPCにかけてみたのですが何故か発信音はするのですが暫くすると切断されることが多く規制でもしてるんじゃないかと疑ってしまいます、PCへは着信があったという履歴も残らず一体何処で判断されて切断しているのか疑問です、逆にPCから発信すると普通に着信して使うことができました、音質はPC対PCの時より低音質ですが会話には必要十分な性能を発揮してくれます、Wi-Fiに接続すれば音質も上がるかもと思い実験してみましたが結果は変わりませんでした。
    バックグラウンドで動いているときは常にオンライン状態になっていますのでいつでも着信できるようになっています、携帯電話のシステムそのもののように振る舞う完成度の高さにかなり驚いていますが過去にSkypeとauが見せた未来の携帯電話とキャリアの姿の世界最大の国際通信キャリアは「Skype」で語ったように自分の首を絞めるだけでなく他のキャリアを道連れにすると思うのですが・・・。

    スクリーンキャプチャは?

    ホームと電源ボタンを押せばいいiOSと違いIS03はPCが必要になります、IS03非公式マニュアルさんのIS03の画面キャプチャをする(スクリーンショットを撮る)方法で詳しく画像入りで解説されていますので参考になると思います。

    次回はお勧め環境構築ということでIS03を持っている人向けのレビューをしていきます、どうぞご期待を。

    よろしければ他のレビューもどうぞ!

    IS03徹底レビュー第一回 IS03はガラパゴス携帯と何が違うのか?

    IS03徹底レビュー第三回 IS03 オススメ環境構築

    IS03徹底レビュー特別版 IS03を車載してみた!動画もあるよ!!


    LaineemaElectroConnect


    このところIS03ばっかり弄り倒していたせいでiPadの画面をみるとデカッ!と感じると共に確かに大きさの優位は絶対的なものがあるよなと感じているところです。
    iPadもiOS4となりマルチタスクが使えるようになったおかげでアプリが次から次へとアップデートしています。
    実はいいことばかりではなく使っていると今までヌルヌル動いていたのにカクつくことが多くなりました、特にメールを見ているときは顕著になり画面のスクロールがつまずくときが目立ってきました。
    実はマルチタスク化でメモリのマネジメントがうまくいっていない模様みたいでメモリを解放すれば元通りヌルヌルと動いてくれます。
    どうすればメモリの解放ができるかというとiPadシステムマネージャというアプリを使えばOK、試しにアプリを実行してみると・・・

    IMG_0658

    こんな状態です、メモリの空き容量は10MBとほとんどありません、これじゃカクカクするわけです、早速メモリ解放をしてみましょう、左下の円になっている矢印マークをクリックするとメモリを解放してくれます。

    IMG_0659

    これは・・・恐ろしいぐらい綺麗に掃除をしてくれました、これでしばらくはカクカクすることは無くなるのですが使っているうちにまた発症しますのでそのたびにメモリ解放というのも手間です、Andoridにあるタスクを自動的に終了し自動的にメモリを解放するアプリが待ち望まれます。

    iTunes iPadシステムマネージャ

    今なら115円ということでお買い得ですよ、でもお金払うほどの価値が本当にあるの?と思うかもしれませんがiPadシステム・マネージャは実は他にも機能を兼ね備えています。

    IMG_0660

    まるでタスクマネージャーのプロセスのようなプロセス表示。

    IMG_0661

    分かりやすいドライブの使用状況。

    IMG_0662

    バッテリーの劣化を最小限に留めバッテリーライフを維持することができるバッテリーマネジメント機能。

    IMG_0663

    起動時間・モデルOS情報とネットワークの情報表示、メーターマークをクリックするとネットワーク速度を計測してくれます。

    セール期間中の115円なら十分な機能満載でお得です、明日までセール中みたいですので気になる方はすぐに購入した方がいいかもしれませんよ。




    このページのトップヘ