Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    2010年12月

    LaineemaElectroConnectLaineemaAlice

    時は12月24日、今年もこの聖なる夜もとい性なる夜がやってきた。
    腰振る夜に響き渡るあの男の声が今年も聞こえてくる・・・
    そう、彼の名はヒトラー総統閣下。
     



    とりあえずリア充爆発しろ。

    ってこの時期になるといっとかなきゃ始まらない今日クリスマスイブ、彼女も嫁もいませんがブログのおかげで充実した日々を堪能させてもらっています、むしろ三十路に近づき周りが心配してくるんだが、大丈夫だ、問題ない。
    リアル嫁はいないが嫁は三人いるから安心してくれって、むしろそっちが大丈夫か?

    えっ俺も閣下に何か言わせたいって?それなら素材をニコニコ動画に置いてますんでコチラからどうぞ。



    さて、本題に戻りますが年末も近づき休みにFPSで遊ぼうと思ってる人はちょっとマウスパッドを見直してみませんか?マウスとマウスパッドはFPSゲームで差が出ることがあります、特に普通のPC作業用のパッドや安いマウスは買い換えるとみちがえる効果を発揮します。

    SteelSeries QcK 63004パッケージ

    今回はマウスパッドの更新ですがきっかけは友人が買ったんですよSteelSeries QcK 63004を、もとよりFPSゲーマーの間では定番として存在するSteelSeriesなんですが私も例に漏れずSteelSeriesのS&Sを使っていました。
    これビックリするほど滑ります、特に定番のカグスベールトスベールをソール使うと人差し指でつついただけでスッとマウスが動くほど軽いので最初はサイトが敵を追い越していたということがよくあったほど、慣れれば問題はないですがWindows7にしたらマウスセンシが合わずに操作に違和感がずっとあったり・・・何より一番困ったのは硬質プラスチック製のため冬は結露するんですよ、自分の手のひらからの水蒸気で。
    寒い時だけで部屋が暖まれば大丈夫なのですが部屋を暖機するのも結構時間がかかるし帰ってすぐにPCの電源を入れている人種なので前々からこれが困っていました。
    この度友人の押しとAmazon送料無料パワーに押されSteelSeries QcK 63004を購入してみました。 

    SteelSeries QcK 63004とSteelSeries S&SSteelSeries QcK 63004とSteelSeries S&S 高さ比較


    SteelSeries S&Sと比べると摩擦係数は高いようで人差し指でマウスを突いても抵抗を感じます、SteelSeries QcK 63004はSteelSeries S&Sと違い布製のためです、厚みは殆ど変わりないですが裏側の滑り止めの処理は違い、SteelSeries S&Sはボロボロと裏の滑り止めが剥がれ落ちますがSteelSeries QcK 63004は剥がれたりはしません。
    実際に使ってみたところ特に問題という問題はなく、結露・Windows7での違和感・摩擦係数の違いによるAim力の低下も無くFPSも普通使いでも使いやすいパッドなのでこちらに変更です、ご退役したSteelSeries S&Sは会社で使用しているのですが同じく引退したMicrosoft IntelliMouse Opticalと合わせて使っているのでゲーマー環境になりつつあったりして、この前勝手にUMAXのDDR2-800の1G2本セットを入れて快適な環境にしてみたりと結構会社のPCに私物を使ってたりします、この点は自由なのでありがたいのですが必要なときに必要なものを買ってくれないのは困るんですよね。
    バッアップ用の外付けHDDやNASとNASバックアップ用のHDD、電源連動タップやデュアルモニタ用のビデオカードも全部私物だったり、そういえば無線LANの親機もだったな~、全部買ってくれとは言わないのですがせめてバックアップのシステムに必要なものは用意してもらいところです、画像だろうが書類だろうがデータって資産(個人においても)だと思うんですよ、会社ならデータは人件費というお金を使って作り上げられたものだから消えたら大変って思わないのが不思議です。

    話はそれましたが大きいので普通に仕事使いするにもおすすめ、SteelSeries QcK 63004は1600円程度でAmazonで売られています、下手なパッドを買うくらいならこちらを買いましょう。
    FPSをするならマウスも手になじむものをお勧めしておきます、私の場合Microsoft IntelliMouse Opticalの4ボタンは親指をずらさないと押せないつまみ持ち派だったのでRazerDeathAdderに変更しました、巷にあふれるゲーミング何とかという商品には外れが多いのですがこれは珍しく大当たりで(普通のマウスと比べ高価ですが)、親指の所にボタンがあるのでCall of Dutyシリーズではナイフによるキルが見違えるほどアップしました。
     

    IS03a

    Call of Duty Black Ops繋がりで進みますがIS03の着信音にCall of Dutyシリーズの音声を入れていたりします、PCメールはUAV Online、EZメールはTactical Nuke incoming!と元気に叫んでくれます、電話着信にAC-130内の会話もいいかもしれないですね。
    作り方は簡単!ゲーム中に録音する必要もなく特に特殊なツールが必要でもありませんのでやってみたいという人は是非挑戦してみて下さい。

    ゲームの保存先に行く(今回はCall of Duty Black Opsのフォルダ)、Steamに入っているのでWindows7の場合はC:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\call of duty black ops\main\に、XPはC:\Program Files\Steam\steamapps\common\call of duty black ops\main\

    その中でlocalized_English_iw01.iwd~localized_English_iw03.iwdをデスクトップ等他の場所へコピー

    拡張子を.zipに変更、拡張子が出てない人はツール→フォルダオプション→表示→登録されている拡張子は表示しないのチェックを外すと出てきます

    解凍して中身のWaveファイルを確認、着信に設定したいファイルをIS03に転送して登録(他にも本編で使用されている音声はiw_00.iwd~iw_26.iwdの中に入っています)

    WaveファイルなのでAndroidスマートフォンならIS03以外でも使えます、ガラパゴス携帯で使いたい人はこのWaveファイルをえせ着うたフロントエンドSMAF版を使ってmmfにすれば着信に設定できますよ。


    LaineemaElectroConnectLaineemaAlice

    PCとインターネットの普及により誰でも世界に向け情報を発信できるようになりました、記事・写真・動画等は誰でも扱える時代ですが3D技術となるとやはり専門的な知識が必要になってきます。
    そんな中MikuMikuDance(以下MMD)では中核の技術を制作者が作りモデルの作成を多数の有志が手がけることにより一般の人が容易に動画を作成出来るまで敷居がさがりました、その結果多数の動画がニコニコ動画等に投稿される状態になったわけですが、それでもまともに動作させるにはそれなりの時間というか根性や想い入れが必要といってもいいほどの莫大な時間を消費するため写真やビデオを投稿するレベルまでは下がっていませんでんした、しかしそれも過去の話となりそうです、その鍵となるのがMicrosoftがXBOX360用に開発した「キネクト」です。

    今まで多数のハックが公開さてきたXOBX360のキネクト、Microsoftがキネクトのオープン利用を容認したことにより恐ろしい勢いでハックが進んでいました。


    数々のハックが公開されてきたのですが技術者ではない一般の人から見ればキネクトは凄いな~で終わるところです、しかし早くも一般の人でも使える技術として降りてきました。 

    従来の方法ではモデルを動かすには手動で動作を1フレームずつ作成する必要があるためMMDで動画を作成するには膨大な時間が必要でした、しかしキネクトハックによるモーションキャプチャー機能が搭載されたことにより人の自然な動きをリアルタイムに再現できるようになったもようです、モーションキャプチャーは買おうとすれば数千万円する代物です、それが誰でも買える価格で使えるようになり今まで難しかった3D動画の作成を簡単にしてしまうとは・・・かなりの衝撃というかコレは革命!!!!!!!!!!!
    キネクトハック自体の結果が業界に衝撃を与えているのは間違いないでしょう、しかし今回の件は企業レベルではなく個人レベルで表現の幅が広がったことが重要なことです。

    もちろん私含め男性諸君が一番に考えつきそうなことをアメリカのメーカーが早速発表しました。

    世界初、Kinect対応3Dセッ○スゲームの技術デモ映像が公開
    だが残念・・・Microsoft、Kinect対応セッ○スゲームの発売を容認しない構え

    MMDで作製された動画にはニコニコ動画のガイドラインギリギリの危なっかしいものもあるわけですが、それも簡単に作成出来るようになるわけです。
    Microsoftが禁止しなければ業界の先端を進むテックアーツ3Dが採用したかもしれないですね、現在USB対応のあれなグッズに連動させる試みが進んでいるようで何というか人間の飽くなき欲求はこの業界でも遺憾なくというかむしろ真っ先に発揮されているようです。

    話は元に戻りますが、モーションキャプチャー技術が簡単に使えるレベルとして落ちてきたのですが真面目にどう使えばいいのかを模索してみました。

    SNS

    3Dアバターをキネクトで操作してボディランゲージ等によるコミュニケーションを取ることが出来るはずです、従来の方式ではキーボードやボタン等の入力信号に合わせ決められたモーションを再現するだけに留まっていますがキネクトによって人間の動きをリアルに再現出来ればコミュニケーションの幅が格段に広がるでしょう。
    もうすでに技術的に可能な領域どころか3Dの世界に入れるまで進歩していているようです、これはやばい!!

    ビデオチャット・ネット生放送
    上記のSNSの話だと企業レベルになりますので個人ではSkype等のビデオチャット等が鍵になりそうな気がします、例えばネットの世界にはなりきりという要素がありキャラクターになりきって話をすることがあります、ある意味ではアバターもなりきり要素を含んでいるところがありますがキネクトでモーションキャプチャーしてその動きをキャラクターが再現しビデオチャットの相手の画面に表示されるというのは面白いと思いませんか?
    さらにニコニコ動画等の生放送系も顔出しはちょっとという人も恩恵があります、顔を出すことなくモーションをキャラクターが再現してくれるので堂々と出てくることが可能です、MMDで作られたキャラクターが生放送で大暴れするのは是非とも見てみたいものですね。
    (ジャンルとしては電脳コスプレとかになるのでしょうか?)
    現状ではデスクトップを表示させるアプリケーションとの連携でこれらのことが実現できそうな気がします。

    動画コンテンツ
    上記のビデオチャットに近いところがありますが絵を使う動画では動きのある動画には簡単にはできません、ある程度動かす場合は枚数が必要ですし自分で絵が描けないなら不可能と言ってもいいでしょう、他人から勝手に画像を拝借するというのはマナー違反になりますので何かを作りたいけど絵も描けないし素材がないという人には今回の革命は願ってもないチャンスです。
    もちろんキャラクター自体には権利がありますがそれを使って作った動画は2次創作の範囲になると思いますので版権キャラクターの絵を描いたり同人誌を作るのと同じようなものと判断される可能性があります、そうなれば自由に作品を送り出すことがでしょう、少なくともニコニコ動画でなりきってダンスをする程度なら今までと同じようにキャラクターの権利を主張されることはないと思います。
    (もちろん昔の同人であったときめきメモリアルのビデオやアクアスタイルのアンパンマンの件等対価が発生する商用においては影響の度合いによって権利者から法的措置を取られる可能性はあります、詳しくは各ソフトやデータの規約をみて判断しましょう。)

    企業としては小さなスタジオでもモーションキャプチャーが導入できるため今まで高かった動画の製作費用が下がりそうです(MMD以外の製作ツールでも対応は早そうです、そういう流れが出来ればオリジナルキャラクターモデルの販売ももしかしたら可能性として出てくるのかもしれない)、やろうと思えば広告を出したい企業の社員自身でも3Dキャラクターが動く動画が簡単に作れるなど商用でも可能性は広がっていくかもしれません。
    ニコニコ動画で広告を打っている広告代理店や下請けのスタジオは今のところそれに一番近いところにいるのかも・・・

    具体的にモーションキャプチャーが出来てどうなるの?
    問題はモーションキャプチャーができてキャラクターを自由に動かすことが出来るまでは分かったが何をすれば面白いコンテンツが作れるのかという点になると思います、現在確認されているものはキネクトとMMDで実際にやってみた系とアイドルマスターのダンスを実際に踊ってみたといったところでコレだという新しい表現のコンテンツは投稿されていません。
    技術というのは手段にすぎませんから技術を一番にもってくるのではなく何を表現したいかをまず最初に持ってくるのが妥当でしょう、その上で使えそうな所に織り込んでいくのが本来ですから、何に使えそうかではなく作ったものでもしくは作りたいもので使えるところはないかを考えるほうが答えが見つかりやすいかもしれません。
    どちらにせよ3Dコンテンツ作成の敷居が下がり多くの人が使い始めればその量の中からレベルの高いものや驚くような表現手法に繋がってくるはずです。

    Laineemaコンテンツには一切3D技術は使われていません、あまりにも敷居が高いためですがこの件で私自身が3D動画を作ることも可能となります、MMDではクロマキー(映像の合成に使われる、合成箇所の色を一色にしてそこを透かして処理することにより本来あり得ない映像を作ることが出来る)やアルファチャンネル(透明箇所の情報)を使えるというのでビデオカメラで撮影した動画に合成して使うことが出来ます、車載動画内で無駄に踊ってデスクトップキャラクターのように振る舞うという使い方も出来るでしょう(だが中の人は俺!)。
    さらにボーカロイドのiPad版が登場しています今までのボーカロイドではハードとソフトにある程度投資が必要でしたがiPadではそれさえ買えば大丈夫なようです、また手軽に歌わせることができるように調整されているためMMDとiPad版ボーカロイドのコンビでPVの製作も簡単になってきたのではないでしょうか。
    忘年会の最中まで何とか革新的な使い方はないかと考えるまでになっていますが今のところコレだと思える案が思い浮かびません。

    やってみたいけど設定とか難しいよね?と思ったら案外簡単に扱えるようです。
    参考:Kinect(キネクト)でMMDでニコ生 導入と使い方

    記事を書いているとキネクトがますます欲しくなってきました、動画をつくる予定がないのですが・・・困った!!

    現在でもその精度に驚かされるのですが今後の予定でキネクトの精度が4倍になるという話があるようです、2011年は完全HD時代到来だけでなく3D革命になりそうでオラ何だかワクワクしてきたぞ!!!!!!!

    ※2010/12/28追記 Microsoftは精度が4倍になるアップデートの件は憶測が噂になって広がったと正式に否定しています。


    LaineemaElectroConnect

    土曜日の朝YouTubeから見慣れぬメールが届いていたが「動画 IS03車載動画 12月の秋吉台 720p による収益受け取りをお申し込みください」というタイトルだったので詐欺メールかよと思いほったらかしていました、後から見てみると内容は業務連絡のような文面をしていてフッシング詐欺にしてはちょっと違うような・・・と思い調べて見ると実は本当にYouTubeからのメールであることが発覚しました!
    しかも普通は1万再生越えとかでこのメールが来るので珍しいケース(GoogleのAndoroidが搭載されているIS03だからか?)でさらに調べてみると年収1千万とかこれで生活している人もいるとか噂が流れているようです、でもそれは株で儲かるとか為替でがっぽり収入をとかと同じでしっかりと考えて投資をして成功した人のみに与えられる報酬でしかないことは簡単に理解できるところです、訳も分からずに株に手を出して失敗する人が後を絶たない現実をみれば簡単に利益が出るはずはありません。
    人間とは不思議なもので自分に都合が良ければ例え誰かも分からない人が適当に言ったことでも信じてしまいがちです、こればかりはインターネットにおける情報源の「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」が通じないのは人の性なのでしょうね。

    YouTubeについては魅力がニコニコ動画に対して少ないと思っていましたがこの前の15分上限の解除やHD対応、さらに2Gを超えるアップロードも可能等どんどん進化しています、現在ニコニコ動画はプレミアムに登録していますがやはり100MB制限に悩まされることがこの頃多いです、ある程度動画の質を自由に出来るのと深いコミュニケーションの形成を取ることができる点では今のところニコニコ動画に分がありますが今回の件でYouTubeの魅力がまた一つ増えたのは間違いありません。

    ということでYouTubeからのせっかくのお誘いですので審査を受けてみました。

    収益動画とは

    収益動画はYouTube パートナーシップ プログラムとは別であり詳しくはYouTube パートナーシップ プログラムの一部の機能のみを限定的に解放した形となります、非常に混同しやすいので注意が必要です、私も最初は理解できませんでした(YouTube パートナーシップは自由に動画に対して収益動画の設定が出来るがYouTube パートナーシップになるための審査は厳しく片手間で投稿した動画の寄せ集めでは通らない)、収益動画についてはYouTubeが見込みがある動画に対してのみユーザーへ連絡が行くかたちになっていますのでこちらから収益動画にしてもらいたいというリクエストなどはできません。

    審査について

    運良くお誘いが来ても審査に通る必要があります、基本的なことですがYouTubeの利用規約コミュニティ ガイドラインを順守したうえでさらにYouTube パートナーシップ プログラムの規約を順守している必要があります、長くて眠たくなりそうな規約ですので読み飛ばしたくなるのは分かりますがこれはお金のやりとりが発生するビジネスです、そしてビジネスにおける規約は契約の全てといっていいほど重要な意味を持ちますので隅々まで読みしっかり理解する必要があります、後から「読んでなかったので知らなかった」はビジネスの世界では通用しません。

    対象となるにはある再生数意外にもある程度の条件があります、これは収益受け取りプログラムの条件に詳しく記載してありますが簡単にいうと全て商用使用許可をもらった素材で作った動画でないといけないということです、詳しく言うと借りたコンテンツの権利者にYouTubeの収益動画になることを説明し相手に許可をもらいそれを証明する必要があります。

    インターネット上にあるからといって、そのコンテンツに著作権がないということにはなりません。
    対価を支払ったからといって、動画で使用する許可を得たということにはなりません。

    については特に勘違いしやすいので注意されていますが、ネットに公開してあるフリー素材だからといっても勝手に使うことはできません、ハッキリと権利者が商用が可能なことを明示している必要があります、また有料であっても商用への利用が認められているわけではないのでネットで安易に拾ったものを使用することはできません。
    こうなると一般の人は使える素材が限られてくるので難関だと思います。

    ※詳しくはパートナー向けヘルプセンターに書いてありますのでそちらを参考にしてください。

    次に収益動画とする場合はレポートを提出する必要があります、ここで権利者の許可をもらっているのかを詳しく書きYouTubeが審査するというわけです。
    今回は私の所有する車を私人身が運転し私の所有する機材を使い撮影をしたというレポートを提出しました、詳しく書いてと言われてもBGMも無いような動画ですからこれしか書くことができません、本当にこれで審査に通るのかと思っていたら当日速攻で審査をパスしたのには笑ってしまいました、長いときは2週間程度審査に時間が掛かるようですので気長に待ちましょう。

    これで終わりかと思ったらまだ審査があります、YouTubeの収益動画はGoogleが運用しているADSenceで収入を管理します、こちらも審査に通らないといけないのですが今回の場合は相手側からのお誘いとあってすんなり審査に通りました。
    普通に審査を受けると通らないこともあるようですから今回は運がいいといってもいいでしょう。

    全て審査に通り IS03車載動画 12月の秋吉台 720p は無事収益動画になりました、収益動画になるとこのように埋め込み型動画とYoutubeの動画ページに広告が入るようになりますが決して自分でクリックしてはいけません、禁則事項で契約破棄に繋がります、これが結構後を絶たないようで問題になっているようです、また規約違反をしていないのに一方的に契約が破棄されたとGoogle側と揉めている報告もネットではみられます。

    IS03で試しに見てみましたが今現在スマートフォンで見るには広告は表示されないようです。

    これが現実だ!

    では一般人が特に収益動画を目指さずに投稿した動画がたまたま収益動画になってどれぐらいの収入があるのか公開!したかったのですが残念、規約に抵触する可能性がありますので出来ないようです、但し支払いがあったその額を正しい数値で明記するのは違反ではないようです(7. 守秘義務( c ))。
    ちなみに2011年1月11日現在で3桁いってません・・・ですよねー。
    広告報酬の高いGoogleですらこんなものです、広告で収入がとかいうのは片手間で出来るものではないことが分かりましたでしょうか、ただ私は成功しないと言いたいわけではありません、やるからには本気で頑張って素晴らしいコンテンツを生み出さないと成功はしないといいたいのです。

    ちなみに1万円にならないと支払処理ができませんのでこのままだと1年以上必要になりますが、2ヶ月以上にわ渡り十分なクリックがない場合はGoogle側の判断により契約を破棄することができるようで(規約 6. 終了、取消より)、このままだとなんか終わりそうな気が・・・

    実は規約に抵触する可能性があるためこの記事を一部編集をしました、これほどピリピリするのは訳があって規約では一度違反によって契約が破棄された場合同じサイトで二度と広告が使えないそうです、またそのような状況において新規に広告収入目的でアカウントを取ることも規約に違反するようです(5. 使用の禁止 (x))、これらの厳しい基準を守るために編集をしました。

    なんだか法律とか規約って難しいですね、頭が痛くなりそうですが契約時に規約に同意しているわけですから、知らなかったや読んでいなかったは通用しませんのでしっかり読んでおきましょう。

    ※2011年1月11日編集

    アクセスアップは英語にあり

    さてIS03人気にあやかっているだけでこれから先の動画再生の伸びは期待できないこの動画をどうしたらアクセスを延ばすことが出来るのだろうか考えてみました。
    まずは現状分析をするため動画ページにある「この動画の統計情報を活用」で詳細を見てみます。 

    IS03車載動画 12月の秋吉台 720pのアクセス詳細

    国別アクセス数は圧倒的に日本なのですがそれもそのはずです、IS03だし何しろタイトルが日本語ですので、そこで英語圏の人にアクセスしてもらうため英語タイトルをつけてみました、「Japanese tourist Akiyoshidai(Driver view)」 がそうです、表記があっているか機械翻訳なので怪しいのですがYouTubeで英語表記のタイトルが日本語に翻訳されたものは変なタイトルになっているのを見ると検索するには案外問題はないのかもしれません、ある意味タイトルもタグみたいなものです。
    実際に英語表記のタイトルを付けるとグラフAの少し右にある緩やかなアクセス数の増加が結果として現れてきました。

    しかし英語は強いですね、専門用語ならわかるので過去に激流を制するは清流!GAMESPLANETでCall of Duty Black Opsを買う方法!!を書いているのですが、しゃべることはできませんし生活で使うレベルで読み書きできるわけでも無し正直英語を勉強すべきだったと僅かながら反省しているところです。


    なんか商売人になってきたな!と思うかもしれませんが収入が発生することで確かにモチベーションは上がります、でも大切なことはお金ばかりを追いすぎてブログを見てくれる人を置いてきぼりにしないことです、充実したコンテンツがあって初めて見てくれるのですから今以上に充実したコンテンツを作成して今後も人のためになる場所を提供していたいと気を引きしめて記事を書いていきたいと思います。

    LaineemaTECH

    シガーソケットUSB電源強化は残念な結果に・・・

    過去にシガーソケットからセルフパワーUSBハブの電源をとる試みをしていますがUSBハブに差し込んだバスパワーの外付けHDDが起動しません、電源であるモバイルクルーザードライブを強化すればいけるかもと2.1A出力のものを買ってきました。 

    RCG-C29BKパッケージRCG-C29BKパッケージ裏

    ルートアールが販売するRCG-C29BKです、出力5V2.1Aは他では見かけない大出力でiPadに対応を売りにしているのと24Vにも対応とトラック乗りもつかえる万能選手。 

    RCG-C29BKパッケージ裏シール剥がしてみたRCG-C29BK MP4プレイヤーって・・・

    こういうシール剥がしてみたくなりますよね?ということで早速剥がしてみるとMADE IN P.R.Cと表記、どこよそれ?
    調べて見ると中国でした、People's Republic of Chinaだそうです、どうりでMP4プレイヤーとか書いてあるわけです納得。

    RCG-C29BK iPadケーブルは充電できた

    付属のケーブルはiPad純正ACアダプターで使ってみると普通に充電できました。 

    RCG-C29BK 本体

    本体を出して眺めていると大事なものが見あたりません、ヒューズが・・・

    RCG-C29BK 基盤表RCG-C29BK 基盤裏

    中国産なら基盤直づけもありかなと分解したが無い!もちろん裏側にもみあたりませんでした、さすが中華産。

    試しにシガーソケットに付けてみたのですが何故か外付けHDDがバスパワーで動きません、1Aから2.1Aになったのですがダメみたいです、試しに本体に直接差し込んだら元気に起動し始めました、初期不良ではないみたいです。
    ここで車のキーをOFFにしてみると(車載PCは動いている)何故か延長シガーソケットのLEDとRCG-C29BKが光っています、元はシガーソケットから電源が来ているのでキーOFFで光るわけ無い!!っと!まさかのPC本体からUSBハブを通して電流が逆流ですか!!
    (現在付けているモバイルクルーザードライブは逆流はしません)

    これでUSBバスパワーで外付けHDDが動かない理由もわかりました、シガーソケットからUSBハブを通してさらに本体にまでに供給されていたことが結果から推測されます、そのために2.1Aを供給してもPC本体に接続したUSBデバイス全てに供給していることになり結果2.1Aあっても足りないということに・・・
    こうなれば半端な供給では追いつかないので諦めることに、もういっそDC-DCコンバータでも導入しようかなとか思ってしまいます。

    ヒューズ無し、逆流有りと不安なのでRCG-C29BKは封印です、かなり期待していたのですが普通に使うにもちょっとお勧めできないのは残念です、ただこの出力は魅力的なのでどうしても使いたいという場合はシガーソケット延長コードの途中にヒューズとダイオードを入れて使えば安心して使えるかもしれません。

    IS03への電源供給 

    巻取りUSB充電コードAUタイプ ブラック MBC402BK パッケージ巻取りUSB充電コードAUタイプ ブラック MBC402BKとIS03純正アダプタ

    車の車載PC用に備え付けてあるUSBからIS03を充電できるように ヤザワ 巻取りUSB充電コードAUタイプ ブラック MBC402BK を購入してみました。
    マイクロUSBなのに何でau用のコネクタなんだというと、実はデータ通信対応のマイクロUSBケーブルはPCに認識されて初めて充電が始まります、そのため家庭用のコンセントやシガーソケットからUSBに充電するタイプのアダプターに取り付けると充電しない仕様になっています(USB内のデータ線をIS03でショートさせると充電できる、データ用を殻割りして改造している人もいる)。

    巻取りUSB充電コードAUタイプ ブラック MBC402BKでIS03を充電

    そこでマイクロUSBで充電できるタイプを探してみたのですが大体1000円を超えるのでちょっとと思ったのですがちょうど手元にIS03純正のマイクロUSB変換アダプターが余っていたのでこれになったわけです、価格も480円ですし他の商品と併せて全てAmazon発送で送料無料にしたかったのもありました。 

    IS03車載場所充電は車載PC用のUSBコネクタからだと・・・

    前回車載した場所ではハイビーム時にどうしても干渉するので最終的にこの位置に車載となりました、すこし斜めになっています。
    で、ここで本来使おうとしたUSBコネクタは上に書いてあるように外付けHDDがバスパワーで動かないほど供給が貧弱なのを忘れていました、ここから充電していましたが全然バッテリーが充電されず充電中の赤いLEDが光っていたのにも関わらずドライブの途中で10%まで減りました、コンビニに寄った際に持ち出そうとしたらバッテリーが減っていておかしいなと気づいたのですが自分で供給能力が貧弱といっておいてこの様とは!情けない。
    結局もう一つ積んでいたシガーソケットからUSB機器を充電できるアダプタを出してきて充電しました、そのときそのアダプター付属のau用の充電ケーブルがあったのを発見・・・まっいいか!


    IS03を車載したらこれ!

    IS03を車載したらSpeedoroid

    iPed(中華Androidタブレット)ではまともに動かず実現できなかったスピードメーターが使えるように!!GPSpeedだと針の表示がずれるのでSpeedoridがおすすめです、バックライトを消灯しないにしておけば常時表示されたままになります、充電しながらだったらGPSとバックライトを付けても安心ですよ。
    SpeedoridQR
        Speedoroid

    FMトランスミッタを使う際はアンテナを出すこと

    車載PC更新のため本体をとりはずしている間IS03のFMトランスミッタで音楽を再生して飛ばしていたのですがどうも感度が悪いのでおかしいなと思い調べて見るとアンテナを出すと良くなるようです、それでもノイズが入るので酷いなと思っていたら充電中だとノイズが載るようで充電用のケーブルを取り外すと綺麗な音がスピーカーから流れてきました。
    でもバッテリーがすぐになくなるIS03で充電せずに使ってねって・・・

    結局すぐに車載PCの更新が終わりそれで音楽を聴くことができるようになったので使わなくなりました、FMトランスミッタは車だと使いにくいかもしれません、結構良い機能だと思ったのですが。
    オルタネーターノイズのような車由来の原因で発生したとしたらモバイルブースターで充電すれば大丈夫なような気がするのですが今度暇があったらやってみます。





    このページのトップヘ