Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー


「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。

2010年09月

ニコニコ動画がHTML5に対応!iPadで再生してみた!

lai_e


lai_a


iPadで再生して大丈夫か?

大丈夫だ、問題ない。


IMG_0507









「大丈夫だ、問題ない。」で一躍有名となったエルシャダイをみているとiPadから書き込みをしたとみられるコメントが流れてきた。
本命は明日の30日午前のメンテナンスで対応と読んでいたのですが予想が外れてしまいました。

 

早速iPadで再生してみたのですが実用十分で画質は期待以上のできです、特に心配だったコメントの流れもスムーズで心配は杞憂に終わりました。
ただしいくつか問題点があり今後改善が必要と思われる部分もありましたのでまとめてレビューしてみました。

補足事項

IMG_0503









記事を書きながらあれっと思ったのですが、不具合としてあげている通常モードで再生できない点は3Gモデル向けの設定の可能性であるためWi-Fiモデルでは対応していない可能性があります、これは3Gモデルの人の話を聞いてみないことにはわかりません、当方Wi-Fiモデルですので。

※追記:2010年8月26日の低画質モード動画のフォーマット変更以前に投稿された動画の視聴は出来ません。また、これ以降に投稿された動画でも、一部視聴が出来ない動画がありますとのことです、どうやらHTML5の仕様上再生できるのはH.264だけみたいです。

「高画質動画に切り替える」
はプレミアム会員のみのサービスとなっています。


IMG_0512









ちなみに外部プレイヤーはHTML5には対応していませんのでiPadでは相変わらず空白として表示されます。

※追記

iPadで再生できるならiPhoneでも再生できるはず!と思っている方は残念、今回のHTML5対応による対象機種はiPadのみとなっているようです。
HTML5の仕様上H.264しか再生出来ないという縛りがあります、H.264は綺麗ですが再生時の負荷も大きく動画を再生できる性能を満たしているのはiPhone4のみと思われます(iPadより性能が良いので)。
しかし困ったことにiPhoneの3も3GSもiOS4に更新することができ、ニコニコ動画のサーバーでiOS4に更新した3・3GSと4の見分けがつかないため今回は見送られたのではないでしょうか(ユーザーエージェント的に)。
blog.eラーニング.co.jpさんのブログにiPhoneのユーザーエージェントに関する詳しい資料が載っています。

調べてみると伊織日記-Rozen Hacker-さんのブログにてiPhone4で脱獄してユーザーエージェントを偽装、サファリでニコニコ動画を見ることに成功しているみたいです、iPhoneのハードを分別できればiPhone4だけとは思いますが正式対応できるのではないでしょうか。

エルシャダイ的に簡潔に説明すると

ニコニコ動画:そんなハードで(iPhone3&3GS)大丈夫か?

iPhone3&3GS:大丈夫だ、問題ない。

動画カクカクでフルボッコ・・・

天の声:神は言っている、そのハードでは再生出来ないと。

という感じではないでしょうか。

ユーザーエージェントで分別できないとなるとアプリで対応した方が早いような気がしますが今後何らかの動きがある可能性は高そうです。

ニコニコニュース:iPad向けHTML5プレーヤーリリース&生紹介番組
ニコニコ動画:iPad専用動画再生プレーヤー ヘルプ


x86タブレットに未来はあるか!?意外なところからスレートPC発表

lai_e


PCのアクティブスピーカーとAVアンプはONKYO製です、非常にいい音なので気に入っていますがそのONKYOからスレートPCが発表されました。

クリップボード01
なんでONKYOがPCなんてという人もいると思いますが、昔激安PCで規模を拡大したSOTECを完全子会社化しており現在ではONKYOのブランドでPC販売をしています。
SOTEC時代を知っていると今ある物を安く提供するという戦術をとっていた会社がこのように打って出るというのには少し違和感を覚えます、それほど市場の伸びに期待している証拠だともいえるのではないでしょうか。

詳細はコチラ(PDF)

(スレートPC=Windows7搭載のタブレットPC)
(スマートパネル=iPadやAndoridタブレット等の従来のタブレットPCとは違う新ジャンルデバイス)
(タブレットPC=主にPC用のOSが搭載されたタッチパネルでの操作を主体とするデバイス)

スレートPCというのはx86ベースでWindows7が動作するタブレットPCのことを指すのですが、Andorid系スマートパネルやiPadのOSはPC用ではなくスマートフォン用です、PC用OSを搭載するのは珍しいことです、他社ではHPがスレートPCを発表していますが販売ターゲットをパーソナルユーザーからビジネスユーザーへと切り替えたと情報が流れていますし、Windows7を搭載するとして発表したEEEPADもAndoridを搭載するモデルを正式に発表しています。

何故Windows搭載のスマートパネルが敬遠されるのか疑問に思うかもしれませんが、画面の大きさや処理能力の点でデスクトップやノートPCの代替えとしては条件を満たしていないといえます、UMPC一台で全部やりくりしてくれと言われても無理があるのと同じです、実際にPCがあるところではiPadは使いません。
では本来の持ち運び使用する場合はどうかというと、iPadやスマートフォンのように必要なときにすぐに使えるかといえば答えはNO、起動に時間がかかるためメモ帳や辞書感覚での使用は期待できません。
またx86の設計は電力消費対効率が悪いという弱点もあります。
特にONKYOのスレートPCについて言及すると1kgという重量がありスマートパネルと比較して重すぎです、iPadとどっちをもって歩く?といわれると重量とできること両方を考慮してもiPad一択となります。
Windowsに魅力がないわけではないのですができることについてはあまり差があまりません、iOSだろうがAndoridだろうが関係なくなっている以上マイナス面がどうしても目立ってしまいます。

Microsoft側もWindowsPhoneをスマートパネルでも利用できるようにすればいいのですがその点はできないというスタンスを崩していません、スマートパネル分野でのパーソナユーザー獲得の流れは見切りを付けているような動きもありスレートPC=ビジネスユースという流れが作られつつあるようです、x86タブレットPCについては正直なところ暗雲が立ちこめている状態にみえます。

このような状態ですので勧めできる層と言えばこれからUMPCの購入を検討している人(やりたいことがネットとメール程度なら全力でUMPCではなくiPadをお勧めします)かWindowOSでないとどうしてもダメという人の選択肢になると思います。

私の予想に反して爆発的にヒットする可能性もありますし、実は自分もベットサイド用のPCの置き換えにはあっていいかもと思っています(NASのファイル管理は便利そう)、どちらにしろ市場がどのような判断を下すのか楽しみでなりません。

ONKYOが販売するスレートPCは来月10月中旬に販売予定となっています。



Laineema YouTubeチャンネル

記事検索
Twitter
PR
コペン100馬力への道のり
コペンのチューニング
DIY・車関連ブログ


GUN DOLL~
ドール・エアーソフトガン関連
メールフォーム

メールの返信はGmailにて致します。返信がない場合は迷惑メールフィルタによりブロックされている場合がありますので設定の見直しや、迷惑メールフォルダをご確認ください。
このブログについて

商品レビュー依頼
受付中

相互リンク・RSS
募集中!

リンク
トラックバック
自由にどうぞ


Laineema
について


by meiya
QRコード
QRコード
スポンサード リンク

人気ブログランキングへ