Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー


「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。

2010年08月

Medal of Honor 復活なるか!?

lai_g_bana

Nintendo64の007ゴールデンアイにはまって以来ゲームと言えばPCゲーム、ジャンルはFPSが殆どでハードの度重なる更新もPCゲームの要求スペックにあわせて設計してきました。
ゲーム市場もある程度成熟してきた感で、成熟の過程で大作と言われるゲームの開発費用が10億円と言われるほどのレベルにまで達してきています。
たしかにシナリオライターや3D技術の向上、マルチプラットホーム化などの点を考えると納得できるものがありますが、開発費の上昇でゲームの出来が会社の運営を大きく左右することになりかねません、現にメーカも成熟期の統廃合の時期に差し掛かっていると思います。

art








さて今年期待のゲームと言えば今秋発売予定のMedal of Honorです、Medal of HonorはミリタリーFPSの金字塔と言われているほどで多数の作品に影響を及ぼしたビックタイトルです、この後Medal of Honor開発チームはCall of Dutyの開発メーカーであるInfinity wordを立ち上げEAからACTIVISIONへ鞍替え、しかしCall of Duty: Modern Warfare 2の販売報酬の件でACTIVISION(パブリッシャー:販売メーカー)と揉めたため(ACTIVISION側の契約不履行との噂)古巣であるEA(パブリッシャー)のもとへRespawn Entertainmentとして戻ってきました。

今回のMedal of Honorの開発はDICEとEALAの合同開発でシングルがEALA、マルチプレイヤーがDICEとなっています、DICEといえばBattlefield1942、当時マルチゲームミリタリーFPSのコレが大ヒットして徹夜でやっていたのを思い出します、ともかく自由度が高く64人対戦も合わさって一生忘れないゲームとなりました。
とうとう時代の流れか第二次世界大戦から抜けだし現代戦へテーマを変えてきましたが、第二次世界大戦のFPSが主流だったころ現代戦は地雷といわれる程で、その地雷を踏み抜けたのがCallofDuty4です、しかしながら現代戦をテーマとしたFPSは依然難しいと睨んでいます、肝はシナリオなんじゃないかなと思っていますが。

さて期待のゲームではあるのですが問題はハードの更新が必要な場合どうやってキャッシュフローを調整していくかです、今月と来月の収支データシートを見てみると結構酷いんだが・・・
販売は10月14日、いつものEAストアDL販売とAmazonのパッケージ販売のみとなっています。

自分は早速予約です!


Windows Media CenterでTVが見れなくなった!

lai_e


クリップボード10









Windows7 SP1になりさらに問題は複雑化しています、すでにこの記事で取り上げている方法では回復できなくなりました。

Windows7 SP1で発症した場合は以下のブログの記事が参考になります、私もSP1の環境で発症しましたがこの方法で回復できました、情報公開に感謝!!
なんとかしたいblog:Windows Media Center の PlayReadyが更新できない 問題を解決です



この世の中には2種類の人間がいて、用事があるとPCを立ち上げる人間と、用事がないとPCを立ち上げる人間に分かれます、私は言うまでもなく後者のほうですがTVが見られないと年に一回ぐらい困ります。
たまに映画とかちょい見してしまうとつい最後まで見てしまうことがあるのですがずいぶん前にブラウン管TVを譲ってからはPCで見るようになりました。

12dh94000008j14f












現在使っているのはIO-DATA製GV-MC7/HZ3です、小型で価格もそこそこでしたので買ってきたのですがWindows7専用だったのでXPを目の前に呆然としたりしたこともありましたがWindows7にしてようやく日の目を見ることができました、しかし久しぶりに今日起動してみると画面が真っ黒でまったくTVが見れない!これは困ったということで何とか復旧をしてみました。

まずはIO-DATAのサポートです、サポートページに行くとサポートソフトのアップデートが置いてありますのでDLしてインストールするも何故か旧バージョンのアンインストール後また旧バージョンのアンインストールになり何度も再起動する羽目に、製品同梱のCDからサポートソフトを起動してアンインストールしてようやく新しいバージョンのサポートソフトをインストール完了。
しかし結果は相変わらず黒い画面で呆然・・・設定を適当にいじっていくとPlayReadyを更新しろとかでたが更新をミスするので調べてみるとコレがくせ者でOSをクリーンインストールで解決!!とか書いてある、解決とか言うレベルじゃない、無かったことにする以外の何でもないので却下。
次にサポート情報に従ってみたが全く解決できず、指示に従いアンインストール後更新してみるもやはり更新できず。
こうなれば直接更新できないかと探してみるとPlayReady PC Runtime x86PlayReady PC Runtime x64を見つけてきた、64bitだが両方入っていたのでコレを直接入れてみたが変わらず・・・
困っていたところCPUを変えたのならDRM関係だよな~と思い探してみるとMicrosoftのサポートページにたどり着きました。
ここの中程にあるResetDRMが答えでした、CPUの変更で環境が変化したためDRMにひかかっていたみたいです。
コレでリセット後PlayReadyの更新を実行したら見事に更新完了でTVが見られるようになりました。

ただ注意すべきなのはDRM情報をリセットするということは録画データに影響が出るはずです、前まで見れた録画データが見られなくなる可能性が高いのでその点は注意しておきましょう。
※視聴もMOVEもできたと報告を頂きました(報告ありがとうございます!)

けっこうコレではまっている人が多いみたいですのでサポートの手助けになれば幸いです。

しかし年に使う時間以上にサポートに時間を割いたような気がするのだが・・・


Laineema YouTubeチャンネル

記事検索
Twitter
PR
GUN DOLL~
エアーソフトガン他

俺のZ33カスタム日記
Z33カスタムブログ

コペン100馬力への道のり
コペンのチューニング
DIY・車関連ブログ
メールフォーム

メールの返信はGmailにて致します。返信がない場合は迷惑メールフィルタによりブロックされている場合がありますので設定の見直しや、迷惑メールフォルダをご確認ください。
このブログについて

リンク
トラックバック
自由にどうぞ

Laineema
について


by meiya
QRコード
QRコード
スポンサード リンク

人気ブログランキングへ