Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    lai_t_bana


    友人のブログを見るとなんか先に記事書いてねって書いてあるんですよw
    さすがにそこまでブログ中毒ではないんですがね(´・ω・`)
    と言うことでお望みどおりアルトワークスの改造計画(いつの間にか計画化)の中間報告であります。

    TS3O0012TS3O0011TS3O0009






    Defi(つд⊂)ゴシゴシ・・・オートゲージ電子式ブーストコントローラーです、はい。
    新しいLEDタイプで視認性抜群、オープニングセレモニーで魅せてくれるしライトを付けると減光して視界の邪魔になりません、使えるメーターホルダーも付くようになってこれで5000円でおつりが来るって言うから反則でしょ。
    ほんとかどうか分かりませんがスイス製ステッピングモーターだそうですが指してる値が正確かどうかが気になるところ、自分の付けているおなじみオートゲージ製の機械式はブーコンを付けるまで分かりませんでしたが-0.1ずれておりブーストのかかりがみんなに比べ低いなと思っていた時期がありました、今度圧力計を引っ張り出して調べてみたいね。
    機械式は車内にホースひっぱきて大変だったのにこいつと来たら電子式でスマートなうえにメーター同士の電源をデイジーチェーンできるという・・・進化しすぎ、俺もほすぃ( ゚д゚)

    詳しい取り付け方はコチラで!
    相変わらずアメブロにトラックバックできねぇよ(゚Д゚)ゴルァ!!

    TS3O0010TS3O0007






    そろそろ暖かくなってきたのでガレージ(というか納屋)の整理をしていたんですがいろいろ使わないパーツが出てきたので時間の許す限り突っ込んでみました、3連スイッチ付きシガーソケットとアッシュトレイ用のライト、友人が置いていった?アーシングケーブルの切れ端でアーシングしました、まだ何か出来ると思うが今日はここまでとのこと、残念。

    で自分の車はいいのかって?実は計算外出費で先立つものがなさ過ぎ、iPad買うとかいうレベルじぁねーぞ状態です、しかも梅雨時期に入る前にコペンの雨漏り何とかしないと。

    lai_t_bana


    ところでこの写真を見てくれ、こいつをどう思う?

    TS3O0003TS3O0005TS3O0004






    先週友人にバケットシートつけないか?とか言われて思わずそのままほいほいホームセンターについて行ったわけですが、専用シートレールなんて物は無い、買う金もないZE!(ノ`Д´)ノと言われては頭と体を使うしかないわけでみんカラを参考にDIYで純正シートレールを加工して取り付けしました。
    二人して切磋琢磨しながら雨の中取り付けましたがエアインパクトレンチとかボール盤を用意しておいて作業時間短縮したにもかかわらず4時間ぐらいかかったかな~終わったこ頃には日が暮れ真っ暗でした。
    ホームセンターにコの字ステーがないのが致命的でかなり無理矢理インストール、純正シートレールに当たりを付けボール盤で加工してセンター側のレールは簡単に加工できたのですが外側のレールがこのような状態に・・・

    スズスポのショックにRS★RのバネF3.5K?を入れヌポーシっちゃってますが一週間後の結果がこれ、ズレもなく快適とのことで心配していた強度不足は今のところ大丈夫です、ただし今はノーマルでブレーキが弱いのでPAD変えるなりして強化したら要注意かな?

    一週間後の写真なんですがなんか錆びてるしΣ(・ω・ノ)ノ今度来たら削ってグリス塗ってピカピカにしたいね。

    Laineema Paradigm Purge


    ブスリ(`・ω・´)っと刺してきました苗を・・・

    家が兼業農家のためこの時期は休日も結構忙しいんです、日本には沢山の兼業農家が居ますがその殆どが赤字です、減反で植え付け面積は制限がかかりコメの買い取り価格も安い、種籾も地域によっては入らない、買い取り制限もあり自由に品種を決めることも出来ず縛りだらけの現状の中で先祖から受け継いだ田畑を荒らさないようにとの想いでやっているのが今の兼業農家です。
    私の代になったら徹底的に見直しをして効率アップで赤字脱却を目指したいとおもっています、そのためにも先ずは基本の作る部分から手伝って勉強中です。

    中身が見えない物事には触らないのが賢明です、知らずに触ると大抵の場合ろくでもない結果になります、これは批評も同じことだと思います。
    兼業農家レベルだと手順書なる物など一切ありません、植え付け時に機械をどうのように裁いて植えるのかを検討するとき「口頭」で説明します、それに対し私が「理解」したと言って実際にやってみるのですが違うと言われます、それもそのはず「口頭」では物事が伝わらないことが非常に多い、教える側の頭に中に書かれている図がAだとしてそれを「口頭」で伝えた場合教わる側はBと頭の中に描いてることが結構あります、「書い(描いて)て」説明することが重要です、「百聞は一見に如かず」ですね。

    おかげで口論が絶えませんでした・・・
    そうなるとやる気がなくなりますよね、今回みたいに教えを請おうとする心あれば良いのですが仕事で相手が特にやりたいと思っていない場面などではこうなったら最悪話を聞き入れてもらえません、物事を相手に伝えるにはどうしたらよいのかの前にはどうしたら話を聞き入れてくれるのかが先に来るんですよね。

    でも今回は想いは同じ田植えをするですから口論になっても最後はお互い達成感でいっぱいで満足満足。

    lai_e


    明日iPadが日本で販売となります、待ちに待った人も多いのではないでしょうか、私もその中の一人です。
    さて今回の議題は夢のようなデバイスと謳っているiPadですが、これがビジネスユースで使い物になるのかということです。

    オモチャとしてなら単に欲しい欲しくないで済むんですがビジネスユースとなると話は別になります、ビジネスで使えると言うことはどういう事か、これは詳しく言うとビジネス行う上で構築しているシステム(ここでいうシステムは人がどう動くかというソフトといわるものと、設備などのハードのこと)に組み込めるかが肝になると思います。
    システム内のプロセスがiPadに置き換えられ効率化できるのであればビジネスに有益になるとおもいます、ただし感覚的に操作できる人もいれば苦手な人もいるので組織に一気に導入するのは機械との親和性を考慮した方がいいと思います、今回は一個人が持ったとき時の話で進めていきます、というのも私自身が導入を考えているからで購入してビジネスツールとして導入するか判断に迷っている方の参考になればと思います。

    ではiPadとはどういう物かをまずは紐解いてみましょう。
    このデバイスはノートPCやUMPCではありません、ハードを見ると非常に中途半端で、USB機器は端子がないので使えません、キーはありません(デフォルトはソフトウエアキーボード)、映像出力端子もオプション扱いということで批判される方はこれらをダメだと言っている方が多く見受けられます。
    次にソフトウエアです、ソフトは脱獄というグレーな行為をしない限りAppleの審査を通らないと流通出来ない仕組みになっています、自分で作ったソフトも自由に使えなければ他者の作ったソフトも自由に使えない制約があります、パソコンをやってる人から見ればこのような縛りは抵抗がある人も多いと思います、私もそう思っています。
    このようにパソコンと比較すると出来ないことが多く、故に大きいiPhoneと言われます。

    では何故こんな出来ないことばかりの物を使い私がビジネスツールとして使うなど言い出しているのか?と言う部分ですが、先ほど言ったシステムへの組み込みというのが味噌で、システムへの組み込みはプロセスの置き換えが出来るのかということになります。
    例えば新しいお客様の前(対象は一人ぐらいかな)で会社のプレゼンをするとしましょう、今まで紙で説明していた案内がiPadにパワーポイントやPDFを表示して見せながら説明することに切り替えることができるでしょう、スケジュールを管理している手帳をiPadにすることが出来ます、メモ書きもメール確認もインターネットも計算表も文章もこれで出来るのです、出来ることをiPadに置き換えていけばこれは使えるのか判断できるようになると思いませんか?
    ではビジネスでiPadが使いたいと思ってる読者の皆さん、是非ともこのプロセスの置き換えで判断してみてください、答えが見えてくるかもしれませんよ。

    ちなみに一点だけ注意しておきたいことがあります、先にも言った親和性の問題です、ソフトウエアキーボードが使いづらい、操作性が悪い、ハードの性能の限界、デバイスに対する不慣れ等による低効率化などが顕著に表れる場合は置き換えるに値しません、プロセスの置き換えは「手段」の置き換えであってそれ自体は「目的」ではありません、その点を留意しておいた方が良いと思います、とはいえども実際使ってみないと判断できないのが新しいデバイスの悩みどころです。

    辛いことにiPadが欲しいのに今は先立つものが無いという今日この頃(;´Д`)




    このページのトップヘ