Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

「あなたの知りたいは誰かが知っている」

ユーザー目線でパソコン・モバイル関係のハードウェアレビューを発信!
買ったら徹底レビューで表も裏も全部公開です!!

不定期更新でお送りしています。




    Laineema Paradigm Purge


    勝ち馬になれればそれに越したことはありません、しかし勝ち馬になるのは大変です常に勝ち続けることが出来ないといけないからです。
    会社も同じです勝ち馬になるのは大変です、勝ち馬になるためには新たな市場を開拓するすばぬけた発想と莫大な金・人・物が必要となりますがそれが出来るのはわずか一部だけです、後発が勝ち馬なるには勝ち馬と正面切って戦わなければなりません、戦いは総力戦になりますから血みどろの戦いになります、攻撃側は堅い守りの陣地に突撃していくため防衛側以上の戦力を投入しないと勝てません、人員のバランスが拮抗していれば人や物の質が勝敗を分けるでしょう。
    では勝ち馬になれないなら勝ち馬に乗れれば良いと思いませんか?勝手に勝ちに行くので乗っかるのに専念できますよね、しかも勝ち馬が衰え勝てなくなれば次から次へと勝ち馬に乗り換えれば良いだけです。

    勝ち馬とは何かという部分ですが例えばトップシェアの販売店とつきあっていくというのもありますが、ここで提案したいのは市場を開拓して切り開きていき独走を続ける物を使うということです、勝ち馬に乗ろうとしても人気が出ていてからではそれ自体が争奪戦となります、よって今後勝ち馬になる物に先に乗ってしまうという手です、今市場を開拓し切り開いて独走すると私は確信しているものがあります。
    私が勝ち馬だと確信しているのはあのiPadです、何故確信しているかは後の記事で語るとしてiPadが勝ち馬だと仮定して説明すると、まず知名度があるため営業で使っているだけで取引先の興味を引くことができます、これは担当同士の会話のネタレベルから会社が最先端の技術を取り入れている進んでいる会社だと認識させることが出来ます、もしかしたらiPadの運用ノウハウを売りに営業に繋がるかもしれません、消費者に対しては新しい広告のあり方を提示します、例えばiPadの能力で特に売りにしているデジタルブックで漫画とコラボして商品を出します(ここまではゲームとかでもありますよね)その先は興味を持って調べてもらう必要がありました、調べるにはパソコンや携帯電話などで検索する手間が必要でしたがiPadではそのまま商品をクリックするだけでその先が出来るはずです、出来なければ土台があるのでアプリを外注して作れば良いだけですし、アプリ自体を広告として使うことも出来るのではないでしょうか。
    これが私のいう勝ち馬に乗るということです、iPadが過去の物になれば代わりの物を探してくればいいのです、ここで重要なのが勝ち馬は手段だということですiPadは趣向品の強い物ですが決して持つことが目的ではないことをしっかり認識しておきましょう、勝ち馬が衰えたときに乗り換える判断を誤ることになるでしょう。
    思い出してみてくださいWindow95が大々的に売り出された時のことを、あのとき飛びついてノウハウを真っ先に得ることにより利益を生み出したことがあなたやあなたの会社でありませんか?

    Laineema Paradigm Purge


    特番が組まれ今日は鳩山首相辞任の話でニュースは盛り上がっています、昨日の夕方親指をグッと立てこれからも続投すると言っていたのに打って変わって首相どころか議員も辞職するという急展開で不意打ちを食らわされました。
    しかし殆どの方がどうせまた小沢氏が全部仕切るんだろうと思っているのではないのでしょうか、小沢氏に変わる影響力を持った民主党議員を私は知りませんし、この件に関しては選挙対策のパフォーマンスだということが見え見えです。
    次の参議院選挙についてはおそらくどこの党も苦戦すること必死だと予想します、メディアが報じるとおりどこに票を投じるべきが有権者が判断できないからで、そのため票を放棄することが予想されています。

    では何故このような事態になってしまったのかというところですが題名のとおり未来への提案の喪失が大きいと私は判断しています。
    この未来への提案の喪失とは目先のこと(今回でいえば選挙)ばかりに囚われ本質を見失うことを指します、私は国会議員が日本の未来について長期的な目線で語ったり未来に対する長期戦略を発表している姿を記憶に留めていません、いつも自分たちが政治家を続けるための政治のみを行い国民を置き去りにしていることしか記憶にありません。
    マニフェストは選挙で票を取るためのものでしか無くなり、政治家は自己の成果のアピールとパフォーマンスに傾倒し本来の目的を完全に失っています。
    政治家の仕事は何かということを国民の皆さんはもう一度考えて欲しいです(私個人としては政治家は日本を良くするための手段という点を再認識すべきではないかと思っています)、そして政治家の皆さんは常に日本の未来が良い方向になる考え方や提案をもって政治に臨んで頂きたいと考えます。

    もはや沈まぬ太陽といわれた日本も沈みゆく太陽となり、今後ますます厳しい時代へと突入していくことが安易に予想される悲しい時期へと差し掛かってきました、政治なんて雲の上の話だから、他人事だからといってなーなーで済ませていた結果がこの酷い有様の日本です、そんな中でまるでゴミ箱の中からまだ何とか使えそうなゴミを漁るようなみっともないことをさせられるのはもううんざりです。

    Laineema Paradigm Purge


    この頃気にしているのが器用貧乏についてですGoogleで器用貧乏について調べていたところ器用貧乏判定という気になるコンテンツを扱うサイトがありましたので受けてみたんですが判定結果は64%でした、当たっているなと思う判明どうにかしないといけないと言う想いがさらに深まりました、そこで器用貧乏を卒業するためには「こうすべきではないのか?」という考え方で再度受けてみたのですが51%と言う結果が・・・・これには唖然としてしまいました、あまりに酷い染みつき具居合いで思っている以上にもっと真剣に考えるべきことであるとまざまざと見せつけられました。

    器用貧乏の何がいけないのかという点についてですが、公私二つの視点から見ても将来性が無いという点です。
    器用貧乏とは多数の物事を粗忽無くこなすことが出来ることを指します、私で言うと車は足回りの交換ぐらい出来るしヒビ割れたエアロやこすった位の傷なら修復出来ます、電気にも精通していて自作パソコンも出来れば車に積むパソコンも手がけました、車にカーテシを追加したり前の記事みたいにメーターも取り付けが出来ます、DAWの世界にも足を突っ込みましたしDTVをやっていたので友人の結婚式でお披露目する映像も撮影や編集を任されました、カメラを持てば構図が良い線行ってると言われDTPにおいてはその能力を買われ一時期仕事でPOPやシールのデザインをしていた時期もありました、パソコンは早いうちから趣味としてましたので小規模ネットワークの構築からパソコンのハードとソフト両面のメンテナンスや効率の良いシステムの投入や提案などもしました。
    あえてくどいぐらい書きましたがこれだけ自分一人でこなせ人に凄いと誉められるのですが何一つ一流に達しないという点が問題なのです(ここにあげていないのですが他にも沢山手を付け飽きて放り投げた部分が多々あります)何をやっても粗忽無くこなすからすぐに飽きてしまい何をとっても極めることが出来ない二流者でしかないのです。

    そこに未来があるのかというと私には公私ともに無いと思います、仕事においては上司や先輩に便利が良いからといろんな部署から引っ張りだこにされますがどの部署においても便利屋さんの扱いで仕事の一部のみを任されるだけに留まりその仕事の本質を見いだすことは出来ません、彼は良くやってくれるからと仕事の責任者になったときに本質を理解していなければどのように物事を進めていけば良いのか理解に苦しむことになります(というかなりました)、そのことからだいたいの器用貧乏は自分の能力以上の仕事を任されていると思っているのではないでしょうか。
    器用貧乏が独立起業なんてもってのほかです、全てに二流の者が一流に対抗出来るわけがありません、一流とは物事をひたすら極め続けた者に与えられる称号なのです、二流に与えられる仕事はどうでも良い部類の仕事でしかありません、すなわち誰でも出来る仕事であり結果沢山のライバルの中で勝ち残らなければなりません、おそらく殆どが価格競争へと発展していき体力のない会社は結果潰れます。
    私事においては他人に時間を裂かれ自分のことが出来きず、趣味においても突き詰めていかないため限界が低く長続きせずいろんなことに投資しては散財を繰り返します、他人がとことん趣味を突き詰めていく様をみて凄くうらやましく感じます。

    このような結果、私御無二ノ明夜は器用貧乏は不幸であると考えます。
    そこで悩むだけでは物事は解決しませんので考え、今やっていることと今後やるべきことをリストアップしました。

    物事の本質を見抜く能力を身に付ける(これは手段なのか目的なのかといったこと)
    物事を本質に照らし合わせ判断する(本質に対し正しい答えであるかを考え判断する)
    中途半端な能力や物事を切り捨てる(10あるものを9捨て一つのことに専念する)
    個人のためではなく組織の未来のために動く(目先のことで個人を喜ばせるのではなく組織を良くし結果沢山の人が喜ぶことを考える)
    孤立と非難を恐れない(揺らぎない確固たる個を確立する)

    この考え方を持ち再再度器用貧乏判定を受けたところ28%まで低下しました(下がったもののまだまだ考えが足りません)。

    器用貧乏は個の喪失を生みます、そこに未来はありません人も物も付いてきません、今自分がこのように考えられるのも、器用貧乏で今後伸びず未来が失われることを心配された上司による救済があったからです、おかげさまで私の石炭のような燃えにくい心に想いという火を灯してくれた人生において忘れることの出来ないすばらしい方にもお会いすることが出来ました、もし読者の中に管理職や人事、経営者がおられましたら報われない器用貧乏を助けてやってください、それが会社の未来のために繋がると私は確信します。

    lai_t_bana


    いつも乗ってる車からすれば何でこんな車紹介するんだよって言われそうですが結構珍しいし走りに関しては面白い部分があったため触れさせてもらいます。
    この二日間、仕事の撮影でスタッフを運ぶ車として使用したのがMAZDAビアンテ、まずこの時点で姿を思い浮かべれられた方は凄いと思います、何といってもこの車・・・走った姿を見たことがないという超マイナー車です。
    原因は知名度の低さ(CMを見たことがない)、そしてデザイン(氷河期も真っ青の酷さ)、しかもこのデザインのせいで収納能力が低下、最後尾のシートをリアいっぱいまで下げようとするが最後まで下がるにも関わらず固定できない(何のためのレールだよヽ(#`Д´)ノ )、ライト暗すぎでトンネルで光ってるのか分からなかったと言う具合でとりあえずラインナップにワゴンがいるから出せといった具合で出来たことが想像できそうな酷さがあったのですが、この車見た目と酷さとは裏腹に走行性能だけはワゴンの中でも抜群で、ロールはするもののしっかりとした足と吹けるエンジン、高回転までしっかり使い切るATプログラムと全くワゴンに乗る人間の考えない所に注力しすぎです。
    MAZDA車と言えばRX-7と先代までのロードスターにしか興味がないため今回の件MAZDAを再考する良い機会となりました。
    他社がスポーツカーをラインナップから外していく今日、MAZDAには頑張ってもらいたい所です。



    このページのトップヘ